アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

今だから見直したいマニキュアネイル…メリットとデメリットは?

目次

もはやネイルと言えばジェルネイルというぐらいに浸透したジェルネイルではありますが、依然としてマニキュアだって売られていますし、活用している人やネイルは必ずマニキュアという人もいますよね。そこで、今回はそんなマニキュアネイルのメリットとデメリットについてお話したいと思います。

手軽さとコスパ◎マニキュアのメリット

 (574937)

via itnail.jp

ジェルネイルをしようとすると、それなりに時間と費用はかかります。自宅でセルフネイルをするのであれば一からジェルネイルの用品を集めるのはそこそこ大変です。

何より、塗布しようがオフしようが、ジェルネイルをするにあたってはそれなりの知識と技術がないと扱いにくいのが現状です。また、すべてが揃っていたとしても自分の爪にネイルをするだけなので、使うのは月に1~2回。1個二、三千円で買ったジェルたちをきちんと最後まで使えるか…と考えると、かなりの無駄がありそうですね。

そんな中、マニキュアであれば1本数百円から購入する事ができます!ネイルを続けていくことを考えると、毎回のオフに30分程度かかって、塗布するのにも筆を変えながら、ボトルから量調整をしながら塗るジェルネイルはかなり手間です。
そこもマニキュアであれば、ボトルにハケが付いているので楽に塗る事ができます。オフする時だってマニキュアは除光液で簡単に落とせます!

 (574935)

via itnail.jp

デメリットをあげるとすれば時間がかかる事とモチ

 (574933)

via itnail.jp

ジェルネイルよりも使い方が簡単なのがマニキュア。
しかし、マニキュアも乾くまでの時間をじっと待っていなければならないというデメリットがあります。
また、ジェルネイルに比べると強度そのものが劣るので、ちょっと手をどこかにぶつけたり簡単な衝撃で剥がれてしまうのもマニキュア特有のデメリットです。

ジェルネイルはセルフで続けると自爪を削りすぎてしまうというデメリットがありますが、マニキュアの場合は色素沈着を起こしてしまうケースもあるようです。

しかし、きちんとした使い方を守り、時間の工夫(マニキュアが乾く時間をゆっくりドラマを見る時間にあてるといった)があればマニキュアネイルのデメリットは簡単にクリアできます♪ジェルネイルのメリットときちんと切り離して使い分けができるといいですね!

 (574931)

via itnail.jp

サロンに通っててもマニキュアのメリットはある

 (574929)

via itnail.jp

今までのお話は前提としてセルフネイルを楽しんでいる人の場合でしたが、サロンでネイルの施術を受ける場合でも大きなメリットはあるんです。それはずばり、アレルギーが起こりにくいという事。ジェルネイルは化粧品の一種として扱われますが、やはりどんなものでも人によっては合わない事があるようです。

ジェルネイルはその密着性の高さゆえ、そういった相性が悪かった場合にアレルギーとして体に反応がでてしまう事があります。そんな時、マニキュアであればそれが起こりにくいという人も中にはいるようです。

また、サロンできちんと仕上げてもらいたいけどお仕事の都合でネイルをすぐにオフしなければならない場合も、マニキュアであればご自分で簡単にオフすることができます♪マニキュアでしかできないアートの技法だってあります。

マニキュアは古臭く…ありません!きちんとメリットとデメリットを理解しておけば、ネイルにどんどん活用していけますよ。


Itnail編集部


関連記事


/

この記事の著者

Itnail

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る

michillの人気ランキング

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録