ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

突っ張り棒&ワイヤーネットで作る壁面の収納特集。簡単に出来るスペースの有効活用

目次

突っ張り棒&ワイヤーネットで壁面活用!

壁のデッドスペースを有効に活用できたら、収納の幅が広がります!壁面収納を叶えるのが「突っ張り棒&ワイヤーネット」です。この2つは100均で購入ができるため、安価で簡単に作成することが可能です。

また、固定方法さえきっちりしていたらどこにでも使える便利アイテムです。この記事では、突っ張り棒とワイヤーネットを使った便利でおすすめしたい壁面収納をご紹介します。

基本的な壁面収納の他に、応用編もお伝えしていきます。

突っ張り棒&ワイヤーネットの壁面活用術

突っ張り棒&ワイヤーネット術《メリット》

突っ張り棒&ワイヤーネット術《メリット》

instagram(@ya2yo8i)

突っ張り棒は家庭内のDIYには欠かせないアイテムになっています。

突っ張り棒はその名の通り、棒を壁と壁に突っ張らせて利用します。女性の力でも簡単に扱うことができるので、大変便利なアイテムです。

さらにワイヤーネットを組み合わせれば、利用する向きによって棚や壁面収納になるなど、使い方は様々です。

とても便利で安く作成できるのでおすすめです。固定方法も突っ張り棒を使うので、壁に釘を打つ必要なく気軽に利用できるので便利です!

壁を傷つけたくない方には特におすすめの収納方法です。

突っ張り棒&ワイヤーネット術《準備物》

突っ張り棒&ワイヤーネット術《準備物》

instagram(@taka0taka0taka1)

準備するものは、突っ張り棒2本・ワイヤーネット・結束バンドです。ダイソーなどの100均で購入できるので、安くDIYすることが可能です。

設置したい壁面のサイズを測って、それに合うサイズを準備してください。

突っ張り棒というとこちらのようにホワイトが支流ですが、最近ではカラーも豊富になりました。

全体的な統一感を持たせるとおしゃれに見えますので、お部屋の雰囲気に合うものを探してみて下さいね!

おすすめは100均でワイヤーネット専用のアイテムがあるので、収納の際に一緒に利用すると便利です。

突っ張り棒&ワイヤーネット術《作り方》

突っ張り棒&ワイヤーネット術《作り方》

instagram(@yu_akashi)

作り方はとても簡単です。「突っ張り棒とワイヤーネットを結束バンドで固定する」それだけで、完成します。

設置を考えている壁面のサイズを計測し、突っ張り棒の長さを合わせます。

そこに、ワイヤーネットを固定していきます。作業自体はとても単純で誰でも作ることが可能です。

突っ張り棒の長さを先に決めてしまうことで、ワイヤーネット自体も簡単かつ楽に固定できます。

固定方法は結束バンドのみなので、楽に作ることが可能です。100均材料がそろうので、便利ですね!

突っ張り棒&ワイヤーネット術《コツ》

突っ張り棒&ワイヤーネット術《コツ》

instagram(@mecchi555666)

結束バンドで固定するだけなので簡単ですが、固定方法にはコツがあります。

突っ張り棒の長さを決めたら、ワイヤーネットをどこに設置すると使いやすいか検討しましょう。

すべてが決まったら、上・下・右・左の4カ所に結束バンドを付けて固定します。固定して、余った部分はハサミなどで切りましょう。

切った部分は壁面側に来るように固定すると見た目も良くなるので、おすすめです。カットする際はケガをしないよう気をつけてください。

突っ張り棒&ワイヤーネット活用術|実例

キッチンへ活用!すっきり収納

突っ張り棒&ワイヤーネット活用術|実例

instagram(@ayako.anko)

突っ張り棒&ワイヤーネットのおすすめの活用場所は、キッチンです。

キッチンにはフライ返し、おたま、キッチンバサミなどの小物が多くあります。

それをまとめるのは、意外と難しいもの。しかしこの壁面を収納に使えば、すっきりと収納できるのでおすすめです。

DIYのいいところは自分のサイズ、自分の好きなように工夫できるところです。

壁面収納用はキッチンツールとして市販の商品もありますが、自分に合わないと使いにくかったりするのも事実です。

しかし、サイズや使い勝手を自分自身でアレンジできるので、大変おすすめです。

クローゼットへ活用!まとめて小物収納

クローゼットへ活用!まとめて小物収納

instagram(@kozue._.pic)

おしゃれに欠かせない帽子やバッグなどの小物の収納。まとめられずに困っている方も多いのではないでしょうか。

そんな時には、壁面収納が便利でおすすめです。

突っ張り棒とワイヤーネットで壁面収納を作成したら、100均のフックを使ってひっかけて収納すればいいのです。

専用のカゴを使えば、さらに収納力がアップします。

デッドスペースを活用!ランドリー収納

デッドスペースを活用!ランドリー収納

https://diyrepi.com/

壁面収納とは少し違いますが、同じように突っ張り棒とワイヤーネットを利用してできるおすすめの場所があります。

それは、洗濯機の上です。洗濯機の上はデッドスペースであり、活用するのに最高です。

突っ張り棒とワイヤ―ネットを使えば、綺麗な収納が可能になります。

壁面収納の場合は縦にして使いますが、固定方法を横にすることで棚を作ることができます。

かごを利用すればさらに綺麗かつ便利に収納できるので、おすすめです。

デッドスペースを活用!キッチン収納

デッドスペースを活用!キッチン収納

https://diyrepi.com/

キッチンの収納にも活躍するのが、突っ張り棒とワイヤーネットです。

自分の思うようなサイズで作成することが可能です。突っ張り棒を横に固定し、ワイヤーネットを載せて固定すれば棚にすることができます。

写真のようにダストボックスを収納したり、キッチンの小物を収納したり、いろいろな使い方ができます。

100円均一の材料で簡単に作成できるので、ぜひ試してみてください。

突っ張り棒&ワイヤーネットの活用術は無限大!

突っ張り棒&ワイヤーネットとの活用方法はお分かり頂けたでしょうか。設置したい場所のサイズをきちんと計測すれば、間違えることなく作ることが可能です。突っ張り棒などは100均で購入可能です。

棚にもでき、便利なのでおすすめです。さまざまな雰囲気の材料があるので、ナチュラルだったり、シンプルだったり、お部屋の雰囲気に合わせて作れることが嬉しいですね。ぜひ素敵な壁面収納を作ってみて下さいね!


関連記事


/

この記事の著者

folk

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る




michillの人気ランキング

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録