アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

我が家にたくさんあるものと少ないもの

目次


私が整理収納アドバイサーになって学んだこと。

使っていないものを手放して、管理しやすい量にすること

そのための1つのポイントは、同じ用途のモノは、たくさん持たないようにすること。

ですが、例外もあるのです!

我が家にはたくさんあるものと、1本・1個しかないものとがあります。

どんなものかをご紹介いたします。

まずは、たくさんあるもの。

 

ハサミ


①キッチン

食品のパッケージをカットしたり、牛乳パックを開いたり、キッチンでも出番が多いです。


②洗面所

シャンプーや洗剤のパッケージなど、最近はカットしやすくなっているものの、きちんと切れないこともある。

そんな時に、さっと使えると便利です。


③シューズクローゼット

梱包用品(ガムテープやひも)と一緒に保管しています。

一緒に使うもののそばに置いています。


④寝室

寝室には、クローゼットもあり、買ってきたばかりの衣類のタグをカットしたり、衣類から飛び出た糸をカットしたりと、意外と出番が多いのです。


⑤リビング

紙をカットしたり、パッケージをカットしたり、みんなが集まるリビングでは、このはさみが一番、働き者かもしれません。


⑥仕事部屋

お花の資材のカットをしたリ、セロファンをカットしたりと、無いと困るアイテムです。


⑦子供部屋

今は、あまり使っていない子供部屋の机の引き出しには、ハサミがあります。

子供が使わなくても、私が、娘の部屋で何かをするときに使うこともあるので、置いてあります。無いと不便です。


各部屋に1つずつはある「ハサミ」

どうして、各部屋にあるのか?といえば、いろいろな状況で、使うものだからです。

欲しいところになければ取りに行かなければなりませんし、取りに行って使った後、あった場所に戻す手間もあります。

だから、使う場所に、使う部屋の数だけハサミを置いています。

不便を感じないためや使用頻度が高いものは、各お部屋に準備していてもいいのです。そうすることで、あちこち1つのはさみが移動して、「今どこにあるか?」所在不明になることもありません。

 

粘土ケース


ダイソーの粘土ケース。

この小箱がとても便利。

我が家には、たくさんあります。小物の収納が出来て、持ち運ぶことが出来るので、ちょうどいいのです。

キッチンでは、こんな風に使っています。


子供用のお箸を入れたり、お弁当用カップ、ストロー、そうめんなどを入れています。


シューズクローゼットでも便利に使っています。


頭を冷やすためのシートを入れたり、消毒用の小さなボトルのストックを入れたりしています。

持ち運べる引出しのように使うことが出来ます。

では、少ないものは何でしょうか?

それは、こんなものです。

 

しゃもじ


炊飯器は一つ。一つあれば十分なしゃもじ。炊飯器が壊れるごとにセットで手に入るので、たくさん引出しに持っているという話をよく聞きます。でも、実際使うのは「ひとつ」なはず。


使わないものは持たない、そうすることで、使いやすく、スペースを有効に使うことが出来ます。

 

菜箸


2つあれば十分。揚げ物、煮物用。

あとは、洗って使えばいい。

 

キッチンは、特に限られたスペースなので、必要とするものを最低限にすることで、使いやすさが格段に違ってきます。だから、使用頻度が高いものを優先的に残して、同じ用途のモノは1つに減らすことをお勧めします。

 


家族の人数分で十分なもの。

ビニール傘などが増えがちなので、しっかり見直しをして、増えすぎないように気を付けることをお勧めします。


本来、傘は家族の人数分あれば十分です。

 

おうちの中には、たくさんあった方がいいものとそうでないものがありますので、しっかりと見極めることで、使わないものが増えることを妨げられます。

そうすると、おうちにスペースが生まれて、過ごしやすい、ストレスのない毎日を過ごすことが出来ます。


関連記事


/

この記事の著者

BIGLOBE Beauty

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る

michillの人気ランキング

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録