ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

【異世界グルメ】黄身が2つ入っている生卵が不思議でウマイ件 / 知多半島農場直送の二黄卵・幸せを呼ぶ卵「200個に1個の珍しさ」

目次

玉子焼き、目玉焼き、ゆで卵、煮卵、スクランブルエッグ、オムレツ、オムライス、プリン、ミルクセーキ、そして卵かけご飯、そのすべてが生卵を材料として作られた料理です。私たちの生活に欠かせない食材の生卵ですが、なんと、黄身が2つ入っている生卵が存在するのをご存じですか。

・黄身が2つ入っている卵

生卵は、ごくたまに、黄身が2つ入っている事があります。スーパーや商店で売っている生卵にも、黄身が2つ入っている卵が非常に稀ですが存在します。なので誰もが一度は見たことがあるかもしれないですね。

・知多半島農場直送の二黄卵「幸せを呼ぶ卵」

でも、極めて高確率で黄身が2つ入っている生卵があることをご存じですか。それは知多半島農場直送の二黄卵「幸せを呼ぶ卵」(産地: 美浜町)で、200個に1個の珍しい生卵と言われています。この「幸せを呼ぶ卵」は袋詰めで売られていますが、袋に入っている生卵のほとんどが二黄卵とのこと。

・無縁起が良い玉卵といえそう

実際に「幸せを呼ぶ卵」を割ってみましたが、すべての生卵に君が2つ入っていました。200個に1個の珍しい生卵が袋詰めで売られているわけで、激レアの袋詰めとでも言いましょうか。なんだか幸せを呼んでくれそうな、無縁起が良い玉卵といえそうですね。

もっと詳しく読む: 【異世界グルメ】黄身が2つ入っている生卵が不思議でウマイ件 / 知多半島農場直送二黄卵「200個に1個の珍しさ」(東京メインディッシュ) https://main-dish.com/2021/04/05/raw-egg-with-two-yolks/


/

この記事の著者

東京メインディッシュ

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る




michillの人気ランキング

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録