ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

【子ども大興奮!!】10分でできる、チョコレートで虹を作る方法『おうちで楽しむ科学実験図鑑』

目次

特別なものを使わなくても、家にあるもので簡単に科学を体験して学べる! 尾嶋好美・著『おうちで楽しむ科学実験図鑑』(SBクリエイティブ)より、おうちで簡単に、親子で楽しめる実験をご紹介。目の前で起こる実験による変化の「理由」を考えながら、科学に触れてみましょう!

【10分でできる】虹みたい? カラフルなチョコレートでアート

Kagkuzukann 1 1

茶色のチョコレートを手でもつと、ふつうはとけてきますね。チョコレートにはカカオバターなどの油脂が多くふくまれており、体温でとけてしまうのです。 しかし、つぶ形のチョコレートには、さまざまな色をしていて、手の上でとけないものがあります。それぞれのつぶに、砂糖や食用色素でつくった液をかけ、固めてあるのです。このコーティングを「糖衣」といいます。糖衣は、ほかのお菓子や薬などでも見かけることがありますね。 糖衣チョコレートを使って、虹のような色あいの模様を描きましょう。

用意するもの

・糖衣チョコレート ・お湯(ぬるめ) ・皿(ふちがあるもの)

手順

Kagkuzukann 1 2

1.皿のふちの内側に、糖衣チョコレートを並べる。

Kagkuzukann 1 3

2.皿のまん中にお湯を注ぐ。

Kagkuzukann 1 4png

3.お湯が糖衣チョコレートに届いたら注ぐのをやめ、しばらく置く。

【解説】なぜ色がひろがる?

G4487ba1ff4cff3194087b156056c7e601018b7c68cfc95ad86513df6ebb2dcb3969add338e7fabcc337abd3052eee34da3a5b40b36214f13d67964c9a982864a 640

糖衣チョコレートのコーティングは、水分のある口の中ではとけるようになっています。たくさん食 べたとき、舌に色がつくのはそのためです。糖衣は、口の中だけではなく、お湯の中でもとけます。糖衣にふくまれる食用色素がお湯にとけると、色がつくのです。

ではなぜ、まん中に向かって、色がひろがっていくのでしょうか?これは、「拡散」という現象です。コップの中に水を入れて、インクをたらすとします。ポトリと落ちたインクは、水の中にどんどんひろがり、しばらくすると水全体にひろがって、コップの中の水の色は同じになるはずです。 1か所だけが濃い状態から、全体が同じ濃さになっていくのが、拡散なのです。

糖衣の中には、食用色素のほかに砂糖などもふくまれています。これらは水にとけて、じょじょに拡 散していきます。そのため、皿のふち側から、何もとけていないまん中に向かって、色がひろがっていくのが見えるのです。

今度は、皿のまん中に糖衣チョコレートを置き、お湯を注いでみましょう。まん中から、ふちのほうへと色がひろがっていきます。糖衣チョコレートはさまざまなお菓子メーカーから出ています。メーカーによって使っている食用色素がちがうので、色の出方も異なります。さまざまなメーカーの糖衣 チョコレートで、色のとけ出し方のちがいを調べてみるのもいいですね。

実験をする際の注意

・実験を行うときは、必ず保護者の方と一緒に行い、子どもだけで実験しないでください。 ・火を使うものや高温になるものについては、やけどや火事に注意してください。 ・ふだん触ることがないような、刺激の強い物質をあつかう際は、手や目、口、服につかないように気をつけてください。調理器具や食器、食品などを使う実験でも、安全・衛生面に注意しましょう。 ・実験は、室内の温度や湿度、使用する材料などによってはうまくいかないことがあります。うまくいかなかった場合には、その理由を考えることが勉強になります。

本書の情報を利用した結果について、著者・編集部は一切の責任を負いません。

書籍『おうちで楽しむ科学実験図鑑』について

【親子で挑戦したくなる! きれいな実験、 おもしろい実験が集結】 私たちの身のまわりには、「科学で説明できる不思議な現象」が実はたくさんあります。材料とは似ても似つかない見た目のお菓子、コマーシャルで見かける謎のシーン、美しく恐ろしい自然の出来事、使いはじめると手放せない便利グッズ……。 そのそれぞれに、おもしろい実験のタネはひそんでいます。そこで本書では、「身近な道具や材料で」「ご家庭のキッチンやリビング、お風呂場、庭先で」できる実験を厳選して紹介。詳しい手順を掲載し、「どうしてそうなるのか」という秘密にも科学的に迫ります。

(文:『おうちで楽しむ科学実験図鑑』著・尾嶋好美、撮影:香野 寛(SBクリエイティブ)より一部抜粋/マイナビウーマン子育て編集部)

著者プロフィール 尾嶋 好美さん 筑波大学サイエンスコミュニケーター。東京都生まれ。北海道大学農学部畜産学科卒業、同大学院修了。筑波大学生命環境科学研究科博士後期課程単位取得退学。博士(学術)。筑波大学にて、2008年から科学に強い関心を持つ小中高校生のための科学教育プログラムを企画・運営。著書に『「食べられる」科学実験セレクション』『理系力が身につく週末実験』、編訳書に『「ロウソクの科学」が教えてくれること』がある(いずれもサイエンス・アイ新書)。


関連記事


/

この記事の著者

マイナビウーマン子育て

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る




michillの人気ランキング

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録