ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

“学校と家と習い事だけが世界の全てではない”と気づくエッセイ集が発売!

目次


4月7日(水)、東洋館出版社の小学生向け児童書「学校がもっとすきになるシリーズ」より、学校と家と習い事だけが世界の全てではないと気づく1話10分サイズの短編集「10分後に自分の世界が広がる手紙」全3巻が発売される。

3人の“君”に贈る短編集

「10分後に自分の世界が広がる手紙」各1,320円(税込)は、不登校からフォトジャーナリストになり、世界各地の取材を続ける佐藤慧さんによる、小学校高学年〜向けの児童書シリーズ。『毎日がつまらない君へ』『君はどんな大人になりたい?』『勉強なんてしたくない君へ』の全3巻がラインアップしている。

日本児童文芸ノンフィクション文学賞を受賞した「しあわせの牛乳」に続く同作は、自身の取材を通して出会った人・こと、不登校や大切な人の死を経験した10代の日々を綴ったエッセイ集だ。

佐藤さんの経験を綴る3冊


『毎日がつまらない君へ』は、佐藤さんがこれまで訪れた、40カ国以上で出会った人たちが教えてくれたこと、


『君はどんな大人になりたい?』は、学校も未来も息苦しかった佐藤さんが、今の仕事にたどりつくまでの15年、


『勉強なんてしたくない君へ』は、“君”の背中をぐんとおす、勉強とのつき合い方について綴っている。

オンライントークライブ開催


また、5月9日(日)には、児童精神科医の小澤いぶきさんを聞き手に迎え、刊行記念オンライントークライブを開催。同書を入り口に、子どもたちが自分らしく生きられる社会について考えていく。申し込みはWEBにて受付中だ。

今の自分、将来の自分にもやもやとしたものを抱える“君”の力になってくれる「10分後に自分の世界が広がる手紙」を手にとってみては。


/

この記事の著者

STRAIGHT PRESS

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る




michillの人気ランキング

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録