ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

東北6県の特産品を活かした「東北ぷりん」シリーズに新商品が仲間入り!

目次


いわきの地域商社・いわきユナイトでは、4月1日(木)より開催の「東北デスティネーションキャンペーン(東北DC)」に合わせ、東北6県の特産品を活かした「東北ぷりん」シリーズを企画・開発し、順次発売している。

東北の魅力を国内外へ発信!

「東北DC」は、4月1日(木)~9月30日(木)の期間、東北6県の自治体や観光関係者とJR6社などが一体となって行う大型の観光キャンペーン。震災から10年の節目に開催する同キャンペーンでは、各県の力をかけ合わせて東北の魅力を国内外へ発信することで、東北観光のブランド化を推進していく。

青森・秋田・宮城のプリンが登場


「東北ぷりん」シリーズは、福島県いわき市にある「いわき遠野らぱん」が持つ、とろける食感でありながら長期保存・常温流通可能なプリンの製造技術と、東北6県の特産品を掛け合わせた商品。今までに、福島県のプリン4種類が発売されてきた。

これに加え、4月5日(月)より、青森県・秋田県・宮城県のプリンの先行販売が開始!

生でも食べられる糖度をもつ青森県のブランドとうもろこし「嶽きみ」を使用した「嶽きみプリン」410円(税込)、秋田県男鹿沖のミネラル豊富な海水をじっくり煮詰めた塩を使用した「男鹿半島の塩プリン」410円(税込)、宮城県塩竈市で作られるまろやかで上品な味わいの藻塩を使用した「塩竈の藻塩プリン」410円(税込)の3商品がラインアップしている。

先行販売店舗をチェック

先行販売は、「のもの」上野店・秋葉原店・東京駅グランスタ丸の内店と、ECサイト「ふくしま!浜・中・会津のお取り寄せ」にて。そのほか、JR東日本関連店舗や東北自動車道のサービスエリア、東北地方にある道の駅、観光施設などでの販売も予定されている。

なお、現在、岩手県・山形県のプリンも開発中とのことなのでお楽しみに!


/

この記事の著者

STRAIGHT PRESS

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る




michillの人気ランキング

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録