アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

仙台圏北部「ハーモニータウン杜のまち」を 散歩しながらママ目線でチェック♪

当記事はSUUMOジャーナルの提供記事です

当記事はSUUMOジャーナルの提供記事です

このコラムに「ありがとう」を贈ってください。
michillライターさんの励みになります

友だち追加 新着記事をお知らせします!

秋空が見えたら、郊外のニュータウンウオッチングに出かけてみよう。街の人に話しかければ、地元ならではのとっておきの情報がゲットできることも。「もし、この街に住んだら……」なんて想像しながら散策すれば、さらに街の素顔に近づけるはず。今回は、仙台市北部の「ハーモニータウン杜のまち」へドライブして、子育て中のママ目線で街をチェックしてみた。

仙台市営地下鉄北端の「泉中央駅」から北へ車で20分弱で、アーチ橋にガス灯の「杜乃橋」が見える。これが「ハーモニータウン杜のまち」の東の入口だ。泉中央駅からバス(宮城交通)に乗ればタウンのほぼ中央にあるバス停までは約25分。泉中央駅からの最終バスはなんと、タウン内のどこでも降りたい場所で降ろしてくれるという。

■子育てポイント(1)自然豊かできれいな街並み
仙台圏北部「ハーモニータウン杜のまち」を 散歩しながらママ目線でチェック「環境は人をつくる」という。子どもを育てるならごみごみしていない、公園や緑が多い環境の良い街がいい。「ハーモニータウン杜のまち」を東西に貫く道路両脇には、インターロッキング舗装の歩行者専用道路と街路樹が続く。計画的につくられた美しい街並みに、ゴミひとつ落ちていない清潔で広々とした道路。NPO法人の方々が清掃活動をする姿も見かけた。高台の公園は見晴らしがよく、七ツ森のこんもりとした峰々とその向こうに泉ヶ岳の雄姿を望むことができた。「朝起きて、2階の部屋から七ツ森を見て深呼吸すると気持ちいいですよ」と「ハーモニータウン杜のまち」に住むママさん(以下、「杜のまちママさん」)が教えてくれた。子どもたちがいつか大人になって街を離れたときに、心に刻んだ「ふるさとの風景」があるのは幸せだなぁと思う。

■子育てポイント(2)教育施設、遊び場の充実
仙台圏北部「ハーモニータウン杜のまち」を 散歩しながらママ目線でチェック

もみじケ丘児童館

子育て世帯にとってハズせないのは教育施設の充実度。タウン内の「保育園 ちびっこランド杜のまち園」は6カ月から6歳児を対象に、英語、リトミック、陶芸、読み書きなどを通じて遊びながら「三育(知育、徳育、体育)」がバランスよく伸びる保育を実践している。一時保育は1時間530円から。タウン南側のもみじヶ丘にある「もみじヶ丘保育所」は、待機児童解消のために、2010年4月に増築して定員枠を1.25倍に増やしたという。幼稚園は身近な「もみじが丘幼稚園」のほか、複数の通園バスがタウン内を運行している。「杜のまちママさん」から聞いた「みやの森幼稚園」は、東京ドームの1.4倍の広大な森に抱かれた自然や動物たちと触れ合える幼稚園だ。子どもたちはまとまってタウン内の小野小学校に通学している。小野小学校は、英語やパソコン教育などにも力を入れているという。

仙台圏北部「ハーモニータウン杜のまち」を 散歩しながらママ目線でチェック

わかば公園

同タウンは富谷町と大和町にまたがっている。富谷町住民は徒歩圏の日吉台中学校、大和町住民は宮床中学校で少し距離はあるがスクールバスが運行している。
県立富谷高等学校、県立宮城大学も身近だ。東北文化学園大学、聖和学園高等学校、仙台白百合学園高等学校、東北工業大学の送迎バスもタウン内(または近く)を通るのもうれしい。

タウン内には7つの公園があり遊び場にも事欠かない。「ここで遊ぶと危ないからダメ」なんて注意する必要もなさそうだ。緑と彫刻の散歩道、サッカーや野球などもできる広場がある「わかば公園」の隣の「もみじヶ丘児童館」では学童保育も行われている。

■子育てポイント(3)病院、買い物施設が多彩で暮らしやすい
「買い物施設は充実しています」と、立ち話をした「杜のまちママさん」。タウン内には6月にサンクスがオープンしたばかり。イオン富谷ショッピングセンター、ビッグハウス富谷店、みやぎ生協大富店と目的で店を選んだり、泉パークタウンタピオ、仙台泉プレミアム・アウトレットへも。渋滞もなくスムーズに買い物に行けるそうだ。医療施設も、タウン内に歯科クリニック、メディカルプラザ(内科)のほか、隣接する日吉台にも小児科など医療施設がそろう。週末は、七ツ森湖畔公園や松島、泉界隈など家族で遊べるスポットも多彩だ。

■子育てポイント(4)子どもが多くママ友ができやすい環境
仙台圏北部「ハーモニータウン杜のまち」を 散歩しながらママ目線でチェック

杜の丘会館

タウンを訪れた日は、杜の丘子育てサロン「ぽっぽこ」の活動日で「杜の丘会館」には約30組の親子が集まっていた。ママ友づくりや先輩ママの話を聞いて交流がもてるようにと2008年5月に誕生した「ぽっぽこ」は、月一回2時間、登録や予約、会費もなく出入りも自由、0歳~未就学児と母親なら誰でも参加できる。引越してきたばかりの人も入りやすい雰囲気だ。何人かの「杜のまちママさん」と話したが、皆さん明るくさわやかで、街への満足度の高さが感じられた。


仙台圏北部「ハーモニータウン杜のまち」を 散歩しながらママ目線でチェックYさん(2歳半の長男と)
「友達に誘われて初めて『ぽっぽこ』に参加しましたが、同じ年ごろの子どもたちが多く友達をつくりやすい。街は静かで治安がいいですし、土地も広くゆったりしていますね。」

仙台圏北部「ハーモニータウン杜のまち」を 散歩しながらママ目線でチェックTさん(3歳の次男と)
「小さい子どものいる家族が多く近所の人たちとも自然に仲良くなりました。町内会の夏祭りや芋煮会、餅つきなど季節の行事もあって、子どもたちも楽しく参加しています。」

遊ぶ、学ぶ、暮らす、触れ合うというさまざまな角度から見て、子育てにいい街。皆さんもニュータウンに出かけて、美味しいものを食べたり公園で遊んだりしながら「ここでどんな暮らしができるのか」をイメージしてみてはいかが。

元画像url 住まいに関するコラムをもっと読む SUUMOジャーナル

【住まいに関する関連記事】


情報提供元:SUUMO

更新日:2011年8月24日


0

michillライターさんの励みになります

お友だち追加で最新のコスメ、ビューティー、ファッション情報などを専門家が毎日お届けします!

友だち追加 キャンペーン情報もお知らせ!
この記事に投票する

回答せずに結果を見る

よく読まれています

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録