ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

人間関係がきっと上手くいく。「褒め上手な人」の特徴と10個のコツって?

目次

褒め上手な人になるコツをご紹介

「褒め言葉」は人間関係を円滑にする、潤滑油のようなものでもあります。褒め上手な人の言葉は、的確で説得力があり、どれも心に響きますよね。

今回は「褒め上手な人」の特徴と、褒めるための素敵なコツをご紹介します。仕事や恋愛において行き詰まった時は、人間関係を円滑にしてくれる「褒める力」を鍛えてみましょう。

「良い褒め言葉が見つからない!」という方は、ぜひ参考にしてみてください。

褒め上手な人の特徴とは?

褒め上手な人の特徴とは?

https://www.pexels.com/

周囲に、そこにいるだけで癒されるような、褒め上手な女性はいらっしゃいませんか。褒め上手な女性は、自分でも気付かないうちに輪の中心にいることが多いのです。

また、褒め上手な奥様のいる家庭は円満になったり、友人とのつきあいも上手くいったりとメリットだらけ。とはいえ、わざとらしく褒めるのは逆効果ですよね…。褒め上手な人が実践している方法や特徴を把握しておけば、自然に相手が喜ぶような言葉をかけられるようになりますよ。

変化によく気付く

褒め上手な人は、一人一人をしっかりと見ています。ほんの少しの変化も見逃さないので、変化にすぐに対応することができるのです。また、鋭い観察力があるため、相手が何を褒めたら喜ぶかが習慣的に分かっています。変化に気付いて貰えると嬉しいですし、話題も盛り上がりますよね。

「相手を喜ばせたい」という気持ちさえあれば、日常に隠れている素敵な変化に気付けます。意識すると毎日もちょっと楽しくなるかもしれませんね。

タイミングを知っている

「今褒められてもピンと来ないな…」と思われてしまうと、せっかくの褒め言葉が空回りしてしまいます。そのため、褒め上手な人は、タイミングよく相手に声をかけるという特徴があります。

例えば、何か頑張って達成したことがあった時に「褒められて一番嬉しい!」と感じるタイミングは、そのイベントの「直後」ですよね。逆に、然るべきタイミングでないと、相手にプレッシャーをかけてしまう可能性も。相手に合わせた臨機応変な対応ができると、褒め上手に一歩近づけます。

語彙力がある

相手にわざとらしいイメージを与えないよう、語彙力を増やすことも大切です。褒め上手な人は、時と場合によって言葉を使い分け、発言に説得力をもたせているのです。

例えば、「すごいですね」という言葉ですが、目上の人にそのまま伝えると失礼にあたることも。「お見事です」、「感銘を受けました」といった、より丁寧な表現にすると良いでしょう。褒め上手な人ほど、人によってかける言葉を使い分けていて、バリエーションが豊富なのです。

素直で物怖じしない

褒め上手な人ほど、恥ずかしがらず相手にはっきりと良いところを伝えることができます。物怖じしないので褒めるだけでなく、ちょっと人には言いづらいことも上手く伝えることができますよ。

逆に「お、素敵だな」と思ったことは、その時にしっかりと素直に伝えているのです。褒め上手な人に褒めてもらうと、相手も今まで気付かなかった「自分の長所」を知ることができます。考え方が変わるきっかけにもなりますね。

自分らしさを認めている

「自分を愛さなければ、人を愛することもできない」と言われていますよね。褒め上手な人は、自分自身のことをよく理解して認めているという特徴があります。自己肯定感が高くなければ、余裕をもって相手の長所を見つけることはできません。

世界にたった一人しかいない自分を認めて大切にすることで、自分にはない側面を持っている周囲の人たちのことをもっと好きになるのですね。褒め上手な女性への一歩は、「自分らしさ」を見つけるところから始まります。

褒め上手な人になるコツ《仕事》

褒め上手な人になるコツ《仕事》

https://www.pexels.com/

仕事において「適切に相手を褒めること」はとても重要と言えます。褒め上手になると、言葉に吸い寄せられてお仕事が舞い込んでくることも。一方で、褒め方を間違うと相手に悪い印象を与えることも。

マナーや言葉づかいを覚えて、相手の心理に働きかけるような言葉をかけてみましょう。褒め上手な人は親しみやすく柔らかい印象を与えるので、職場の人間関係が少し楽に感じるかもしれません。

①具体的に褒める

例えば、旅行先での写真を見せてもらったとします。そんな時は、「素敵ですね!」と返すよりも、「素敵なお写真ですね。旅はいかがでしたか?」など、自分の興味関心があることを添えてお伺いすると効果的です。言葉に説得力を持たせることができますし、会話を広げることができるので、コミュニケーションにも繋がります。

何かを教えてもらった時には、「○○が大変勉強になりました」など、出来るだけ具体的な言葉にするのが褒め上手になるコツです。「きちんと内容を聞いてくれていたのだな」と感じてもらえますよ。

②否定語を使わない

「○○でなくてよかったね」、「○○しないでよかったね」といった、否定形の言葉は使わないのが褒め上手の鉄則です。締め切りが近いタスクが終わり、同僚や部下に声をかけるとしたら、「無事間に合ってよかったね」でOKなのです。

相手を気遣って言ったつもりなのに、気付かないうちにネガティブな印象を与えてしまったらショックですよね…。褒め上手な人は、なるべく肯定的な表現になるよう、工夫をして言葉を選んでいます。日頃から意識していればポジティブ思考にもなれますね。

③名前を入れる

名前を入れるだけで、一気に褒め上手に。相手に、より丁寧な印象を与えることができます。「○○さんが仕事を進めてくれたから早く終わったよ」と、具体的に良かったところを組み合わせて伝えるのが褒め上手になるコツ。どこが良かったのか具体的に伝わりますし、名前を呼ばれることで実感がわいてきますよね。

特に入社したての職場などでは、教えてもらうことも多いですよね。感謝の気持ちが伝わりますし、「自分の名前を覚えてくれているんだな」と感じてもらえますよ。

④結果よりも過程を褒める

褒め上手への近道は、目標に達していなくても、「そこまでの経緯や過程を褒める」ことにあると言われています。辛くても、辿り着くまでの努力を褒められるとより嬉しいもの。「自分に関心を持ってくれている」と、承認された気持ちになれるのです。

褒め上手になるためには、普段のコミュニケーションも大切ですね。また、「結果が良い=よくできた」という考え方になってしまうと、結果だけにとらわれてしまうことも。子供に勉強を教えるときも、過程を褒めることが大切です。

⑤正直に伝える

正直に伝えないと、つじつまが合わなくなったり、相手に不快感を与えてしまう原因になったりとリスクがありますよ。褒め上手な人は、相手にとって必要なタイミングで声をかけます。本当に良いと思ったことを素直に伝えると、信頼性も高まりますよね。

素敵な言葉は魔法のようなもの。褒め上手な人の言葉は、気付かぬところで相手の心を動かし、後押しをすることもあります。大切な言葉は心の中にしまっておいて、相手の状況に合わせて丁寧に選んで伝えると良いでしょう。

褒め上手な人になるコツ《恋愛》

褒め上手な人になるコツ《恋愛》

https://www.pexels.com/

恋愛において、褒め上手な人はとにかくモテています。褒め上手な女性は「恋愛の達人」と言われるほどです。ちょっとしたコツを掴めば、意中の男性があなたを意識するきっかけにもなりますよ。

「普段は照れくさくて言えない」と言う方も、トライしてみてください。褒め上手な奥様になれば、ひょんなことから家事をたくさん手伝ってもらえたり、彼の仕事への向上心がアップする可能性もありますよ。

⑥他者を絡ませて褒める

「○○さんが優しいって言っていたけど、あなたって本当に優しいね」というように、他者の存在を含めて褒めると良いでしょう。男性には、優越感に浸れるような言葉をかけるのが、褒め上手になるコツ。

自分だけでなく他の人も褒めていたことをアピールすると、満たされた気持ちになれるのです。エピソードが入ることで、より説得力がアップしますよね。喜んでもらえるようにもっと頑張ろう!と思ってもらえるかもしれません。

⑦内面を褒める

恋愛における褒め上手への近道は、男性の気持ちをよく理解することです。なんと男性は、外見より内面を褒められた方が嬉しい傾向にあります。内面を褒められると、外見も褒められているような気持ちになるのだとか。

「○○くんって、運転が上手いよね。頼りになる」など、思ったことを具体的に伝えてみましょう。外見を褒める時は、ストレートに「かっこいい!」と伝えるのがコツです。相手がコンプレックスを抱えている時は、ある程度関係性が深まっていれば「私は好きだけどな」と伝えるのも良いですね。

⑧こだわりを褒める

褒めるポイントを探す時は事前にリサーチして、こだわりを持っていそうなところを褒めるのがコツです。ファッションにこだわっている男性なら、「○○くんのそれ、おしゃれだね。どこで買ったの?」と聞いてみても良いですね。リアクションが薄くても、「褒め上手だな…」と実はまんざらでもないかもしれませんよ。

こちらも優越感に関わってきますが、他と比べて自分が勝っていると感じていそうなところを徹底的に探るのがコツです。そして、然るべきタイミングでさりげなく褒めてみてください。

➈仕事を褒める

仕事をしていると、辛い事もありますよね…。毎日頑張っている仕事を褒められるのはとても嬉しいことです。そんな時こそ褒め上手な女性の腕の見せ所。

「放っておいてほしい」というオーラがある場合は別ですが、それとなく悩みを聞き出して、労りの言葉をかけてみましょう。そして一言、「がんばっている姿がかっこいいよ」と言葉をかけるのがコツです。彼と一緒に喜びや悲しみを分かち合えば、コミュニケーションも増えて、円満な関係を築けますね。

⑩感謝を伝える

車で迎えにきてくれたり、重い荷物を持ってくれたり…。ずっと一緒にいると、ついつい「当たり前」と感じてしまう彼の行動を、少しずつ褒めてみるのはいかがでしょうか。「今日はあなたのおかげで買い物が楽だったよ」なんていきなり言われたら、「おや、どうしたんだ?」と思いながらも内心嬉しいはずです。

褒め上手な奥様の言葉に影響され、家族の雰囲気も明るくなるかもしれません。仕事に関しても、「いつも一生懸命働いてくれてありがとう」という気持ちが伝わると良いですね。

褒め上手な人になるコツまとめ

今回は、「褒め上手な人」の特徴や、仕事や恋愛の場面における褒め方のコツをご紹介しました。すぐに褒めようと思っても、コツを掴むまではなかなか言葉が出てこないものですよね…。

まずは、どんな素敵な言葉があるのか、TPOに合わせて調べてみるのが良いでしょう。気になる言葉は書き留めておいて、ここぞというときにさりげなく使ってみるのがおすすめです。

心遣いひとつで、世界が少し優しく感じるかもしれませんよ。


関連記事


/

この記事の著者

folk

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る




michillの人気ランキング

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録