アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

無念の想いで渾身の企画書を供養…7年ぶりに『没ネタナイト』が開催決定!

/

目次


楽しみにしていたイベントや企画が次々と中止となり、寂しい気持ちになっている人におすすめなのがオンラインイベント『没ネタナイト2021 ~ やりたい企画もやれないこんなコロナ禍じゃ ~』。4月16日(金) 21:00~22:30に、YouTube LIVEにて配信される。参加費は無料。

没ネタを供養するイベント『没ネタナイト』


『没ネタナイト』とは、自信を持って企画提案したが、大人の事情などで実現に至らなかった企画書(没ネタ)を持ち寄り、無念の想いで没ネタを供養するイベント。


過去の開催時は、会場を実際のお寺に設定し、住職により供養を行った。(本年度の開催では、住職による供養はない)

新しい生活様式の中で実現できる企画考える

2014年以来7年ぶりに開催する同イベントは、インターネット業界のベテランプランナー4名(面白法人カヤック・佐藤ねじ・山口むつお・山根シボル)が渾身の没ネタを披露する。

2020年は新型コロナウイルスの影響で飲食業界、イベント業界、政界など様々な業界で没ネタが豊作の年となった。今回は「コロナ禍で没になった企画」をテーマに、企画者が無念の想いを語り、新しい生活様式の中でいかに採用される企画を生み出すかについて語り合う。


『没ネタナイト』4つのルール

没ネタプレゼンの基本ルールは4つ。コロナ禍によって没になった企画であること、第三者から何らかの理由で没にされていること、自分が考案した企画であること、「情熱」「自信」「未練」があること、となっている。

『没ネタナイト2021 ~ やりたい企画もやれないこんなコロナ禍じゃ ~』の主催は「面白くて 変なことを 考えている」をモットーにインターネット広告やPRイベントの企画・制作を行う「人間」社。詳しいスケジュールや内容は、同社の公式サイトで確認を。



この記事の著者

STRAIGHT PRESS

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る

人気ランキング

新着

カテゴリ

公式アカウント

ログイン・無料会員登録