ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

【肉肉グルメ】最高級黒毛和牛ローストビーフのチャーギュウ麺がリッチすぎた / 高田馬場の道玄

目次

超薄切りの最高級黒毛和牛ローストビーフを平皿に盛り、白醤油のコラーゲンスープに浸されたエゴマ麺とともに食べる。ローストビーフはあっさりとした旨味、スープは超濃厚な鶏ダシの旨味、双方の旨味が織り成すリッチなテイスト。

・チャーギュウ麺 極 KIWAMI

そんな最高級黒毛和牛ローストビーフのラーメン「チャーギュウ麺 極 KIWAMI」が食べられるのは、JR高田馬場駅から徒歩1分ほどの場所にある「道玄」(東京都新宿区高田馬場4-10-14)。普通サイズのものは1100円で、ラーメンとしては高めな価格帯。今回食べた「チャーギュウ麺 極 KIWAMI」はローストビーフが200グラムもあるため、価格も2200円とハイクラスだ。

・ラーメンとローストビーフは別々の器

テーブルにやってくる「チャーギュウ麺 極 KIWAMI」は、ラーメンとローストビーフが別々の器に入れられている。ローストビーフはそのまま食べてもいいし、ラーメンに盛って食べてもいい。まずはそのままローストビーフ単体で食べてみたが、ハッキリとした強い塩味がきいたローストビーフ。ラーメンのスープに浸して食べたところ、スープがまったり系なのでローストビーフの塩味がまろやかになった。

・ローストビーフ200グラムは大容量!

ローストビーフはやや塩味が強めなので、200グラムを食べきるのは、量というより塩分の面で飽きが生じるかもしれない。しかし、麺とともに食べたり、スープに浸して食べたりするなど、工夫することで食べきることができた。

・非常に強いコシと香ばしさが実感

もう少しローストビーフの塩分が控えめになると嬉しいが、どうであれ、このローストビーフが上質な肉なのは間違いなく、とりあえずは1000円の普通の「チャーギュウ麺」から食べると良いかもしれない。

ちなみに麺は、非常に強いコシと香ばしさが実感できて素晴らしかった。このスープと麺だけで具ナシのラーメンを3倍量ぐらい食べたい気持ちになった。これからの「道玄」に期待。

もっと詳しく読む: 【肉肉グルメ】最高級黒毛和牛ローストビーフのチャーギュウ麺がリッチすぎた / 高田馬場の道玄(東京メインディッシュ) https://main-dish.com/2021/04/13/finest-japanese-black-beef-roast-beef-ramen-dougen/

道玄 住所: 東京都新宿区高田馬場4-10-14 時間: 11:30〜15:00 17:00~21:00 (要確認) 休日: 火曜日 (要確認)


/

この記事の著者

東京メインディッシュ

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る




michillの人気ランキング

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録