ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

こだわりの詰まったリノベーション住宅。4人家族で暮らす心地良い空間

目次

インテリアを楽しめる素敵な空間作り

旦那様と息子さん娘さんと仲良く暮らしているkonchi313さん。4人の家族が暮らすために気をつけていることは、「自分の居心地のいい空間にすること」。

konchi313さんが好きなものを飾れるようなスペースを設けて、居心地の良い空間を作っているそうです。今回は4人家族で仲良く暮らせる素敵なお家をご紹介いたします。

こだわりが詰まった戸建てリノベーション住宅

吹き抜けの天井で開放感がある空間

こだわりが詰まった戸建てリノベーション住宅

出典:https://folk-media.com/

konchi313さんのお気に入りだという吹き抜けの玄関。

モルタルの床とコンクリートブロックの組み合わせが素敵です。

壁に飾ってある大きなテキスタイルパネルは、konchi313さんが民族布を使って手作りしたもの。

非日常を感じさせてくれる素敵な空間ですね。

タペストリーでおしゃれに

こだわりが詰まった戸建てリノベーション住宅2

出典:https://folk-media.com/

また、コンクリートブロックにタペストリーをかけているのもおしゃれです。

無機質なコンクリートだからこそ、アートな雰囲気が出ていますね。

もともとkonchi313さんは、コンクリートブロックにアート作品やタペストリーを飾りたいという気持ちがあったそう。

モダンさをさりげなく取り入れた素敵なインテリアです。

好きなものだけを集めたインテリア

こだわりが詰まった戸建てリノベーション住宅3

出典:https://folk-media.com/

konchi313さんがおうちの中で一番好きな場所は、リビングだそうです。

その理由は、「自分の好きなものを飾れるスペースが多いから」。

セルジュムーユのスタイリッシュなデザインのライトを使いたいと以前から決めていて、それに合うようなお部屋作りにしたそうです。

ラーチ合板、鉄骨の梁、コンクリートブロック、造作のガラス戸の組み合わせが、素敵な空間を作っています。

飾る目的だけに作られた棚

こだわりが詰まった戸建てリノベーション住宅4

出典:https://folk-media.com/

棚といえば収納することに使いがちですが、こちらは雑貨などを飾るために作られています。

konchi313さんはお気に入りのものを少しずつ集めながら、インテリアを楽しんでいるそうですよ。

雑貨はヴィンテージものやカゴなどをセンス良く並べています。

少しずつ好きなものが増えていくのを眺めると、ハッピーな気持ちになりますね。

収納とディスプレイもできるおしゃれな棚

こだわりが詰まった戸建てリノベーション住宅5

出典:https://folk-media.com/

横幅が5m以上ある大きな棚は、konchi313さんと旦那様で図面を書いて作ってもらったこだわりの家具です。

その他にも玄関収納やキッチン収納、洗面台など全て図面を書いて作ってもらったそう。

こちらの棚は床から浮いているフロート家具なので、圧迫感が感じられません。

また右側のスペースは、デスクとして使えるようになっています。

優しい光が入るキッチン

こだわりが詰まった戸建てリノベーション住宅6

出典:https://folk-media.com/

日当たりの良いキッチンだと料理も楽しくなりますよね。

サンワカンパニーのキッチンは、ワークトップが大きくて使いやすいのが特徴。

対面キッチンカウンターで、息子さんと娘さんの様子が見られるので安心です。

キッチンは常に清潔を保つようにし、居心地の良い空間作りを心掛けているそうですよ。

見せる収納でおしゃれに

こだわりが詰まった戸建てリノベーション住宅7

出典:https://folk-media.com/

キッチンも隠す収納と見せる収納に分けられていて、メリハリのあるインテリアに。

お気に入りの鍋や食器などが、飾り棚におしゃれに収納されています。

また、konchi313さんのお気に入りポイントは背面のタイルだそう。白いタイルの壁はナチュラルな雰囲気でおしゃれです。

木の温もりが感じられる洗面所

こだわりが詰まった戸建てリノベーション住宅8

出典:https://folk-media.com/

造作の洗面所もフロートとなっており、圧迫感のない空間です。

洗面所の台は広いスペースがあり、「お風呂上がりの赤ちゃんのお世話ができたら」と考えて図面を書いたそう。

また壁付け水栓は、水栓の根元に水が溜まらず掃除がしやすいのも良いですね。

ラーチ合板の壁で挟まれた廊下

こだわりが詰まった戸建てリノベーション住宅9

出典:https://folk-media.com/

2階は両脇にラーチ合板で挟まれた廊下があり、まるで異世界にきたような雰囲気です。

左がもともとあった壁で、リノベーションの際に右側も同じラーチ合板を合わせたそう。

左と右の壁で色の違いがでていて面白いですね。

こちらのスペースには、いずれ子供の写真や作品などを飾る予定だそうです。

白壁とラーチ合板の寝室

こだわりが詰まった戸建てリノベーション住宅10

出典:https://folk-media.com/

寝室は、白壁とラーチ合板の組み合わせが素敵な空間です。

テキスタイルパネルを3枚つなぎ合わせて飾っていて、とてもおしゃれですね。

ラーチ合板は少しずつ味のある色合いに変化するので、入居時からもだいぶ色が変わっているそうですよ。

お気に入りだけを集めたインテリア

家族4人で仲良く過ごしているkonchi313さんのおうちは、こだわりが感じられるインテリアばかりでした。

リノベーションする前はお子さんがいなかったそうですが、将来のことを考えて設計したことで過ごしやすい空間になったそうですよ。

ディスプレイや収納など工夫がたくさん詰まったkonchi313さんの理想的なお部屋でした。

次回予定

5月10日「ホッとくつろげる癒しのお部屋。リノベーションで叶える理想のお家」

shakitroさんの素敵なお家をご紹介します。


関連記事


/

この記事の著者

folk

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る




michillの人気ランキング

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録