アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

東福寺史上初! 国宝&青もみじのライトアップ“夜間拝観”を期間限定開催

/

目次


臨済宗大本山 東福寺は、6月4日(金)~8月9日(月)の期間、史上初となる「国宝ライトアップ 特別夜間拝観・青もみじライトアップ 特別散策」を開催する。

国宝に指定されている日本最古の巨大山門「三門」や、東福寺三名橋の一つ「通天橋」などライトアップの見どころがいっぱいだ。

日本最古の巨大山門「三門」


日本最古の巨大山門「三門」は、1425(応永32)年、室町幕府第四代将軍・足利義持が再建した五間三戸二重門。現存する禅寺の三門としては日本最古のもので、国宝に指定されている。

東福寺三名橋の一つ「通天橋」


東福寺三名橋の一つ「通天橋」は、仏殿・方丈から開山堂(常楽庵)に至る渓谷「洗玉澗(せんぎょくかん)」に架けられた橋廊。1961(昭和36)年に再建されたもので、ここから望む新緑は絶景だ。

国指定名勝「東福寺本坊庭園」


国指定名勝「東福寺本坊庭園」は、方丈の東西南北に四庭が配された“八相の庭”。鎌倉時代庭園の質実剛健な風格を基調に、現代芸術の抽象的構成を取り入れた近代禅宗庭園の白眉として、世界各国に紹介されている。

そのほか、朱塗り柿(こけら)葺きの八角円堂「愛染堂」や、重層入母屋造の建物「本堂」も見どころのひとつだ。

事前インターネット予約はお土産付き


夜間特別拝観料は、事前インターネット予約は3,500円、当日会場受付は3,800円、小学生以下は無料。事前インターネット予約の場合は、お土産付きとなっている。

なお、新型コロナウイルス感染症対策として、来場者のマスク着用推奨や手指消毒液の設置を行っている。また、駐車場や駐輪場はないため、公共交通機関の利用となる。

夜間の拝観ができる特別なイベントで、心を清らかにする機会を設けてみては。

■「臨済宗大本山 東福寺」
住所:京都市東山区元町15丁目778

※開催状況が記事の掲載時と異なる場合があります。ご利用時には「国宝ライトアップ 特別夜間拝観・青もみじライトアップ 特別散策」特設サイトなどで最新情報のご確認をお願いします。



この記事の著者

STRAIGHT PRESS

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る

人気ランキング

新着

michicos
michicos

カテゴリ

公式アカウント

michicos
michicos
ログイン・無料会員登録