アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

【医師監修】妊娠を望むなら…! 不妊対策のサプリ

このコラムに「ありがとう」を贈ってください。
michillライターさんの励みになります

目次

友だち追加 新着記事をお知らせします!

妊娠を望んでいても、ホルモンバランスの乱れやストレスなど、さまざまな理由から不妊に悩む人も多いでしょう。今回は妊娠しやすい体を目指す、5つのサプリメントをご紹介します。効果や摂取するときの注意点をチェックしましょう。

この記事の監修ドクター

東峯婦人クリニック 松峯美貴先生 日本産婦人科学会専門医 東峯婦人クリニック 思春期から老年期の女性の悩みをささいなこと、恥ずかしくて聞けないことでもざっくばらんににきける身近な外来をめざしています。女性ならではのライフイベントを素敵にこなしながら、社会の一員として悠々と活躍するあなたのお手伝いをします。 http://www.toho-clinic.or.jp/

サプリで妊娠しやすい体づくりに

562878483

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

サプリメントは、妊娠しやすい体をつくるサポート機能を果たします。「不妊治療」ではなく、あくまでも「不妊対策」である点には注意が必要です。普段の生活の中で、賢く取り入れるようにしましょう。

そもそもサプリに期待できる効果は?

サプリメントは、食事だけでは1日の摂取目安量(あるいは推奨摂取量)に届かない栄養素を、補助的に補うためのもの。「飲めば飲むほど健康になる」など健康促進効果はありません。しかし栄養不足を補うことで、「妊娠しやすい体づくり」をサポートしてくれると考えられています。

「健康食品」の2つの種類

サプリメントに期待できる効果をもう少し明確にするためには、サプリメントがどのような扱いになっているのかを知っておくと良いでしょう。サプリメントは「健康食品」に含まれますが、そもそも健康食品は「トクホと、それ以外」で分かれています。

トクホとは「特定保健用食品」のことで、国がその表示を許可した食品となります。具体的には、人に対する何らかの有効性が認められ、なおかつ審査を通過したものです。「お腹の調子を整える」「体脂肪がつきにくい」「血圧が高めの方に」などといった効果の表示は、特定保健用食品だからこそ可能なのです。

一方サプリメントや栄養強化食品などは「その他の健康食品」に入り、機能表示は認められていません。また「不妊への効果が期待できる特定保健用食品」も存在しません。しかし実は、サプリメント(健康食品)の摂取を厚生労働省が推奨しているケースも。それが「葉酸サプリメント」です。

葉酸

636223778

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

厚生労働省は「葉酸サプリメント(健康食品)の摂取」を、妊娠前の女性に対して推奨しています。(*)具体的には、妊娠の可能性がある女性や、妊娠を計画中の女性に対して「1日400マイクログラムの葉酸サプリメント(健康食品)を摂取することは望ましい」としています。

実は、葉酸の摂取が「幼児の先天的な奇形」を防ぐための有効な手段であることは、世界から広く認められています。赤ちゃんが欲しい方は「まず最初に不足なく摂りたいビタミン」といえます。

(*『神経管閉鎖障害の発症リスク低減のための妊娠可能な年齢の女性等に対する 葉酸の摂取に係る適切な情報提供の推進について』http://www.mhlw.go.jp/houdou/2006/02/dl/h0201-3a3-03c.pdf)

葉酸に期待できる働き

葉酸は胎児の「神経管閉鎖障害」という先天的な障害を予防します。神経管の形成に問題が生じると、生まれた直後からの外科手術が必要となり、さらに何らかの後遺症が残る可能性も高いのです。神経管の形成は妊娠のかなり早い時期に行われますので、この時期にお母さんが摂取する葉酸が足りないと、きちんと葉酸を摂取している場合と比べて障害が発生するリスクが高まるのです。したがって妊娠前から(妊娠1ヶ月以上前からが望ましいとされる)食事とは別に、サプリメントでも葉酸を摂取しておくことが推奨されます。

このように、胎児の先天的な障害の予防にも効果が期待できる葉酸ですが、妊娠前からの摂取によって「着床しやすくなる」とも言われています。妊娠は、単に受精して完了と言うわけではありません。受精卵がきちんと定着して初めて「妊娠」となるわけです。

摂取の注意点

アルコールやカフェインは葉酸を消費したり、その排泄を促す可能性が考えられます。お酒やカフェイン入りの飲み物などを日ごろからよく飲む方は、葉酸不足にならないよう特に注意が必要です。また何らかの薬を服用している方は、それが葉酸の働きを妨げたり、逆に薬の働きを妨げる可能性もあるためご注意ください。特に抗てんかん薬を服用されている場合には、改めて葉酸製剤が処方されるケースもあるため、必ずお医者さんに相談してください。

亜鉛

515476384

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

不足すれば生殖機能にも悪影響を与える可能性がある亜鉛。「微量ミネラルの中では1番不足しがち」とも言われていますので、食生活の見直しや、サプリメントの併用で、毎日きちんと摂取する必要があります。

亜鉛に期待できる働き

亜鉛には生殖機能をキープする働きがあります。亜鉛はホルモンの合成や分泌の調整に高まるミネラルです。その働きの1つとして「女性ホルモンの活性化」があります。例えば亜鉛不足からホルモンバランスが乱れてしまっている場合は生理周期などにも影響し、妊娠しづらくなる可能性も考えられます。亜鉛をきちんと摂取することは、このような状態の改善につながると期待できるのです。

なお、亜鉛は精子の形成にも必要とされます。オランダで行われた試験では、亜鉛(と葉酸)摂取によって、正常な精子の数が増加したと言う報告もあります。したがって、亜鉛をきちんと摂取しておく事は「男性側の不妊要素を減らすことにもつながる」と期待できます。

摂取の注意点

亜鉛はミネラルの中でも特に不足しやすいものの1つと考えられています。そのため、偏食やダイエットなどで簡単に不足する可能性もあります。また何らかの病気を患っている方は、亜鉛の代謝が早い場合があるほか、特定の薬によって亜鉛の吸収が妨げられるケースもあるようなので、かかりつけのお医者さんなどにご相談ください。

さらに食品添加物(リン酸塩など)が亜鉛の吸収を妨げる可能性があるとも言われていますので、インスタントフードやファーストフードばかり食べている方は注意が必要です。

プラセンタ

637902020

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

妊娠中はお腹の中で赤ちゃんを保護し、必要な栄養素を与える胎盤(プラセンタ)。中世ヨーロッパでは不妊対策のために利用されることもありました。現在では更年期障害の治療にも用いられるなど、美容のみならず、健康やアンチエイジングの分野からもその効果が注目される成分です。

プラセンタに期待できる働き

プラセンタとは動物の胎盤のことで、豊富な栄養がバランスよく配合されていることで知られています。アミノ酸やタンパク質を始め、ビタミンや糖質も豊富です。胎盤は、赤ちゃんの健康を守り、育てる基盤ですから、生命活動に不可欠な栄養素を豊富に含んでいるわけです。

そんなプラセンタには、ホルモンバランスを整える働きが期待でき、妊娠に向けて体調を整えると言われています。さらに、疲労回復や自律神経の働きを整えたり、精神面の健康を整えることが期待されます。

摂取の注意点

「プラセンタを摂取すると献血できなくなるのでは?」…こんな風にお考えの方もいらっしゃることでしょう。しかし日本赤十字社のホームページ(*)によれば、献血ができないのは「ヒト由来のプラセンタを注射した場合」で、プラセンタのサプリメントを飲んだとしても、献血は可能です。

ただし、プラセンタサプリの服用によってアレルギー反応が出たケースも報告されています。さらに、肝臓が弱っている方では思わぬ影響があるとも指摘されていますので、心配な方は専門家へご相談ください。

(*「日本赤十字社」http://wanonaka.jp/faq/#q_13)

ローヤルゼリー

526273601

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

「毎日2000個もの卵を産む女王蜂」の体力の源がローヤルゼリーです。女王蜂はローヤルゼリーばかりを食べますが、そのせいか働きバチの4倍もの寿命を誇ります。ローヤルゼリーには通常のハチミツよりも含まれる栄養素が豊富です。

ローヤルゼリーに期待できる働き

ローヤルゼリーはアミノ酸、ビタミン、ミネラルなど、40種類以上の豊富な栄養素を含みます。したがってプラセンタと同様に、健康な体を作るための優れた栄養源になることが期待できます。また、ローヤルゼリーに含まれるデセン酸という成分には、自律神経を整える働きがあります。これがホルモンバランスを整えることにつながるため、不妊にも効果が期待できると考えられています。

摂取の注意点

ごくまれにですが、アレルギー症状が出る可能性が指摘されています。皮膚の以上やぜんそくが出た場合にはローヤルゼリーの服用をやめ、病院へご相談ください。

おたね人参/高麗人参

118694934

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

普段私たちが食事で口にする「ニンジン」は、セリ科の植物です。一方、おたね人参は、朝鮮人参や高麗人参とも呼ばれるもので「ウコギ科の植物の根」を指します。古くは漢方の世界でも珍重されてきましたが、果たして不妊への効果は期待できるのでしょうか?

おたね人参/高麗人参に期待できる働き

おたね人参に含まれるジンノセサイドという成分が、自律神経を整える働きをします。さらにストレスを和らげる効果ももたらすため、妊娠前の心身とホルモンバランスを整えることが期待できます。このほか血流の改善にも効果が期待できるため、冷え性の改善にも役立ちます。

摂取の注意点

おたね人参は不妊(妊娠前)に対しては良い効果をもたらすと言われている反面「妊娠中と授乳中の摂取は避けるべき」と言われています。おたね人参は長い期間摂取すると、興奮状態が持続し、不眠の症状が出たり、あるいは血圧の上昇につながるケースがあるようです。

妊娠中は「妊娠高血圧症」を発症して、急に高血圧になる女性がいます。したがってその予防の意味でも、妊娠中の摂取は避けたいところです。また、子供はおたね人参を摂取しない方が良いと言われていますので、授乳中の摂取も控えてください。授乳中にお母さんが摂取してしまうと、母乳を通じてその成分が赤ちゃんに届く危険性もあるからです。

まとめ

585094847

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

国産のサプリメントはどれも比較的品質が高い傾向にあります。しかし、同一のサプリメントであっても、メーカーによって成分の量や製造方法、管理体制などに違いがある他、添加物の量にも違いがあります。サプリメントで不妊対策を考える際には、製品のスペックや品質をよく比較した上で選ぶことが望ましいでしょう。


関連記事


情報提供元:マイナビウーマン子育て

更新日:2017年2月24日


0

michillライターさんの励みになります

お友だち追加で最新のコスメ、ビューティー、ファッション情報などを専門家が毎日お届けします!

友だち追加 キャンペーン情報もお知らせ!
この記事に投票する

回答せずに結果を見る

よく読まれています

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録