アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

【医師監修 】妊娠27週を迎えて プレママ&胎児の様子は

このコラムに「ありがとう」を贈ってください。
michillライターさんの励みになります

目次

友だち追加 新着記事をお知らせします!

妊娠7か月目となる27週目は、妊娠後期に入る直前であり、体のいろんな箇所にわかりやすい変化が表れ始める時期です。安定期に入ってから一定期間が経ち、プレママとしての生活にも慣れてきたころでしょう。この時期におこるママとベビーの成長や変化の表れを知っておくと、注意すべきポイントも見えてきます。

この記事の監修ドクター

こすぎレディースクリニック椎名邦彦先生 当院の基本姿勢は『癒して治す』です。最新の産婦人科・美容医療に、東洋医学などの代替医療やアンチエイジング医療を取り入れながら、 女性がいつまでも健やかで美しくあるための医療を提供します。 http://kosugi-ladies.jp/

85204914

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

27週頃の胎児は

529208565

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

ママの体が妊婦さんらしく見えてくるのが、ちょうど妊娠24〜27週目あたりです。体全体がふっくらとしてきたら、おなかの中の胎児も同様に、目覚ましく成長しています。

27週の赤ちゃんの様子

おなかの中で赤ちゃんは、羊水に守られてふわふわぷかぷかと浮いて、動き回っています。自分で体の向きを変えたり、回転したりするように動くため、胎動がそれまで以上に分かりやすくなるでしょう。 胎児の体も急成長する時期です。定期健診では、これまで以上に成長幅が大きくなり、ママのおなかもどんどんせり出してくるようになります。一か月でおよそ500グラム程度、胎児の体重も増加します。

赤ちゃんの成長(身体機能の成長)

体が大きくなると同時に、おなかの中の胎児は身体機能もアップしていきます。外の世界に出て、いろんな刺激を感じるための、身体機能を備え始めるのです。 おなかの中の赤ちゃんが目を開けるのがこの時期で、検診のエコー時にタイミングが良ければ瞬きをしている瞬間が見られるかもしれません。 脳の機能も急速に成長し始めます。目や耳で受けた刺激を脳に伝える経路が完成し、身体機能のコントロールをすることができるようになります。そのため、よく動き回り胎動も頻繁に感じるようになるのですね。

妊娠27週ママの体は

456543061

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

赤ちゃんの体が大きくなるにつれて、ママのおなかが週を追うごとに大きくなってくることを感じるでしょう。子宮の広がりもおへそより上部に達してくるため、下腹部だけではなくウエスト回りもふくよかになってきます。

お腹がせり出してきて

おなかのでっぱりがはっきり見て取れるようになるほど、この時期は腹部が急激に大きくなります。そのため、腹部の皮膚に亀裂が入り、血管が浮き出て妊娠腺が表れてきます。乾燥を防いでしなやか皮膚を保つために、マッサージクリームなどを使用して、妊娠腺予防をしておきましょう。 また、子宮が大きくなって重みを増してくるため、腰や背中に痛みがでることがあります。おなかを支えるために腹部に力を入れるのはNGです。これからさらにおなかは大きくなってきます。ゆったりとした動きをとるように心がけ、無理をせずに休息をとりながら痛みを緩和させ、辛いときはパートナーにマッサージをしてもらう、または医師に相談するようにしましょう。

27週頃のママの体調管理(治療や感染注意)

胎児の成長に伴って、気を付けたいのが栄養管理です。それと同時に、妊娠後期に入る前にママの体のケアを行っておく必要があります。出産が近くなると、それまで以上に胎児は養分を必要とします。母体から栄養を送るうちに、貧血がひどくなったり虫歯が進行して痛み始めたり…という不調を訴える妊婦も少なくありません。 妊娠後期になると、歯の治療に時間をかけることができなくなります。歯科治療のための麻酔接種も控えたいところ。そこで、まだ体を比較的動かしやすい時期に、きちんと歯科治療を終えておきましょう。 また、外出先などで流行性の胃腸炎やインフルエンザにかからないように注意が必要です。治療薬処方が必要な感染症にかかっても、薬を服用できず体調が安定しない時期が続くと、胎児にとってもよくありません。ママとあかちゃんが健やかに過ごせる環境を整えることも大切です。

早産リスクに気を付けて

もっとも注意したいのが、早産につながる行動や生活習慣です。お仕事を続けているプレママは、仕事内容によっては立ちっぱなしの時間や車の移動時間が長い、ストレスが多く心身共に休まらない、という環境で頑張っているかもしれません。 しかし、妊婦の体にかかる負荷はそのまま胎児にも影響することを意識しておきましょう。ママが辛ければ赤ちゃんも健全でいられず、無理が続けば切迫早産のリスクも高まります。一度早産リスクが起これば、その後の経過観察や状態の安定までに時間もかかりますし、なにより一番に胎児の状態を健康に保つために、決して無理せずストレスをためないように心がけましょう。

妊娠27週目の健診

586044158

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

胎児の成長が著しく、赤ちゃんらしい姿を確認することができると、うれしくなりますね。ママとしての意識も強く感じる場面が多くなってきます。 妊娠27週目の検診で確認できることや、気になるポイントと対処法を知っておきましょう。

性別がはっきりします

妊娠7か月目を迎えると、それまでの検診ではっきりと確認ができなかった性別が判明する胎児が多いです。エコーで胎児の状態を確認していると、動き回る赤ちゃんの性器が確認できるようになります。 病院によって、あらかじめ性別を伝えるかどうかという方針がある産院もあります。プレママが出産前に性別をしりたいかどうかを、あらかじめかかりつけ医師と確認しておくとよいでしょう。出産してからのお楽しみにする予定だったのに、検診の合間に医師から告げられてしまった…ということもあるかもしれません。

逆子になったら

妊娠27週当たりの胎児は、自分で動き回ることができるほどに身体機能が成長してきますので、ひょんなきっかけで逆子になってしまう、というのはよくあることです。ただ、まだ羊水の中を漂うように自由に動くことができる大きさなので、そのうち逆子も直っていたというのも、またよく聞かれる話です。この時期の逆子状態は、あまり深刻にならずに経過を見て過ごしても問題ないでしょう。

むくみと貧血は要注意

出てしまったと悩むプレママが多くなるのは、妊娠中期から後期にかけてです。 十分に栄養バランスを考えて食事をとっていても、胎児の成長とママの体の維持のために必要な栄養素はどんどん消耗していきます。特に体力維持と身体作りに必要なタンパク質成分の消耗が多くなると、体はむくみやすくなります。鉄分不足が合わさるとさらに浮腫が出やすくなります。 もとより高血圧気味な妊婦さんは、浮腫や蛋白尿が表れると妊娠中毒症を起こしやすいので、注意が必要です(妊娠高血圧症候群)。高血圧のために血流が阻害されて、十分な栄養を届けることができないだけではなく、胎児と妊婦の双方に合併症を起こすリスクもあります。

妊娠27週のママが気を付けたいこと

637540894

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

妊婦らしい体つきに変化していく妊娠27週(妊娠中期)のママは、安心して出産を迎えるためにどんなことに気をつけたらいいのでしょうか。中期から後期にかけてスタートしておきたい注意ポイントを心得ておきましょう。

無事に出産を迎える準備を(妊娠腺ケア)

妊娠27週ころになると、赤ちゃんがどんどんと人らしい姿に成長して、胎児の身体成長スピードも早くなってきます。赤ちゃんを包み込む子宮の大きさも、成長に伴って大きくなります。当然おなかも目覚ましく膨らんで、腰回りがどっしりとしてくるでしょう。 妊娠前の体から最も変化するのが、ウエストの急激な広がりです。おなかの中側からじわじわと押されるように広がるため、皮膚が断裂して妊娠腺が目立ってきます。おなかだけではなく、乳房も大きくなりはじめ、腰をしっかりと支えるために太もものサイズアップも起こります。 出産直前まで、体全体がふっくらとしていきますので、おなか周りと胸、太もも(特に内腿)などの脂肪がつきやすい部分は、念入りに妊娠腺ケアを行いましょう。

服装やお出かけ先での注意点

服装で気を付けたいのは、一番に「おなか周りを圧迫しない服装」です。ウエストを締め付けるような服装ではなく、ワンピースのようなゆったりとした服装で全身をすっぽりと覆うスタイルが理想的です。しかし、太ももや腰部に冷えを感じない対策も必要です。下半身が冷えると体の中から冷えを感じやくすなるため、血管が収縮して十分な血流量が保てなくなります。血流量が減少すれば、胎児への栄養補給がスムーズに行われなくなるばかりではなく、体の老廃物を運ぶ役割が絶たれ、足の浮腫やだるさの原因にもつながります。冷えを感じると体がこわばってしまい、不要に力を入れてしまいがちです。いきんでおなかに負荷がかかるのはよくありません。 出かけた先でも、無理は禁物です。少し動きすぎたりすると、おなかのハリを感じるでしょう。これは胎児が発する「無理しないで」のサインだと思って、足を高めにし体を横向きにして休めるのがベストです。出かけた先で体を横たえることができなければ、下半身特に足の付け根を開放するように椅子に座りましょう。足の付け根には大きな血管が集まっていますので、下肢部の血流を促して全身の緊張をほぐすようにするとよいでしょう。

食事で充分な栄養補給を摂取したい栄養素は

妊娠から出産まで、通して栄養バランスには気遣いたいところですが、特に妊娠中に取り入れたい栄養素として有名なのが「葉酸」です。緑黄色野菜に多く含まれる成分で、胎児の神経を作り脳の発達を促す働きがあります。 免疫力を高めて強い骨や皮膚を生成するために必要な成分が「亜鉛」です。病気をしたくない妊娠時期の免疫力アップのために、積極的にとりいれたい成分です。また、血液成分の「鉄分」不足にも注意しましょう。鉄分は、胎児にとって非常に大切な成分で、プレママの体から鉄分を胎児に送り続けているうちに、妊婦が鉄欠乏になってしまいがちです。鉄分が不足すると血中酸素量が減ってしまうので、息切れや動悸、全身倦怠感が表れます。

まとめ

200383106

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

プレママ期の中でも、妊娠27週頃は、母体と胎児ともに大きな体の変化が起こり始める時期です。日々変化していく体のケアをしながら、すくすくと赤ちゃんが順調にそだつために、生活習慣をはじめ、食事や過ごし方に注意し、妊婦ライフをぜひ楽しんでください。


関連記事


情報提供元:マイナビウーマン子育て

更新日:2017年2月24日


0

michillライターさんの励みになります

お友だち追加で最新のコスメ、ビューティー、ファッション情報などを専門家が毎日お届けします!

友だち追加 キャンペーン情報もお知らせ!
この記事に投票する

回答せずに結果を見る

よく読まれています

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録