読み込み中
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

【医師監修 】妊娠21週目に気をつけたい赤ちゃんとママの体重の変化

このコラムにありがとう

目次

妊娠21週目頃は、妊娠初期の不安定な時期を終え、やっと赤ちゃんがおなかの中で大きくなる様子を体感できる時期に入ります。これまで、流産の危険を感じながら過ごしてきた毎日から、子宮の中が落ち着き始めて、過ごしやすくなるでしょう。でもまだま油断は禁物。胎児とプレママの体の変化と注意すべきポイントを知っておきましょう。

この記事の監修ドクター

こすぎレディースクリニック椎名邦彦先生 当院の基本姿勢は『癒して治す』です。最新の産婦人科・美容医療に、東洋医学などの代替医療やアンチエイジング医療を取り入れながら、 女性がいつまでも健やかで美しくあるための医療を提供します。 http://kosugi-ladies.jp/

21週目の赤ちゃん成長具合は?

483880463

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

ほんの小さな卵子から、いよいよ赤ちゃんらしい姿に成長を開始します。おなかの中ではぐくまれる命をママは体で感じ始めるでしょう。

赤ちゃんが動いた!胎動を感じる時期

これまでは、妊娠しているとわかっていても、プレママの体系そのものに大きな変化はあまり感じられなかったでしょう。ひどいつわりや嗜好の変化、ちょっと気分が落ち込みがちだったという目に見えない変化はあったでしょうが、妊娠21週目あたりから、子宮の中では赤ちゃんがすくすくと成長を始めます。 胎児の存在をいちばんに感じるのは、胎動に気づいたときでしょう。おなかの中でガスが動く感覚に例えられることもありますが、下腹部あたりが小さくポコンと動く感覚があればそれが胎動です。おなかの上から触ると、ここらへんにいるのかな?と分かるくらいにおなかもせり出し始めます。

胎児の様子21週目

21

生まれてくる赤ちゃんの大きさとは比べ物にならないほど小さいですが、着実に胎児は成長して、身体機能を備え始めます。まず体の骨の作りがしっかりとしてきて、細部にわたり筋肉がつき始めます。検診の時にエコーで確認すると、一か月前の検診よりずっと赤ちゃんらしい体つきになっているはずです。ただ、脂肪が十分についていないため、体の線は細く見えるでしょう。また、くっついたままだった瞼が離れて、まゆ毛が生えてくるため、顔立ちがくっきりと整ってきます。

プレママの妊娠21週体の変化

129098885

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

胎児が成長すれば、もちろんママの体にも変化が表れます。体の骨格ができ始めた赤ちゃんの変化に合わせて、ママの体がどのように変わっていくのでしょう。

つわりはおさまる?

妊娠初期につわりがひどかったというプレママは、中期になると激しい吐き気からは解放されてきます。ただ、子宮がどんどん大きくなり始めることで、おなかの中の消化器官を圧迫しはじめる時期でもあります。初期のつわりとは違って、胸やけや胃もたれのような気分の悪さを感じる女性も少なくありません。ただ、つわりには個人差があり、何か食べていないと気分が悪くなるという「食べづわり」もあります。つわりの不快感から解き放たれると、いろんな食べ物がおいしく感じて、ついつい食べ過ぎてしまいがちです。特に、味の濃いものや塩分が高いメニューには注意しましょう。

お腹はどんどん大きくなります(子宮が大きくなる)

妊娠初期につわりがひどかったというプレママは、中期になると激しい吐き気からは解放されてきます。ただ、子宮がどんどん大きくなり始めることで、おなかの中の消化器官を圧迫しはじめる時期でもあります。初期のつわりとは違って、胸やけや胃もたれのような気分の悪さを感じる女性も少なくありません。ただ、つわりには個人差があり、何か食べていないと気分が悪くなるという「食べづわり」もあります。つわりの不快感から解き放たれると、いろんな食べ物がおいしく感じて、ついつい食べ過ぎてしまいがちです。特に、味の濃いものや塩分が高いメニューには注意しましょう。

お腹はどんどん大きくなります(子宮が大きくなる)

赤ちゃんを守る子宮がどんどん膨らみ、羊水の量も増え始めます。妊娠21週頃の胎児は、大人の頭と同じくらいの大きさになり、ママのおへそのあたりが前にせり出してきたと感じる時期です。これから以後更におなかは大きくなります。しかし、おなかのふくらみに慣れていないプレママの体は、バランスの取りづらさから腰や肩・背中で均衡を保とうとします。体の軸が取りづらくなるために腰痛や背中の痛みを訴える女性も少なくありません。

体重増加の目安と浮腫・貧血に注意を

胎児が著しく成長を始めるこの時期は、ママの体重も増えやすくなります。これまではさほど大きな体重変化がなかったプレママも、つわりが収まって食欲が増してくる頃でしょう。ただ、おいしく感じてきた食べ物を、食べたいだけ食べるのはよくありません。妊娠6か月の中期あたりから、ママの体には全体的に皮下脂肪がつきやすくなります。急激な体重増加は、高血圧や尿糖・尿たんぱく陽性につながり、心臓にも負担がかかるので特に注意しましょう。

目安としては、一週間で0.5キログラム程度といわれています。出産までにおよそ10キログラム前後の体重増加が理想的だとされていますが、反対に太ることがよくないと思い込んでいるママも多いようです。このころから皮下脂肪がつきやすくなるのは、健やかな赤ちゃんを守るための必然です。ママが体重増加に対して神経質になりすぎると、赤ちゃんにとって必要な栄養素を十分に摂取できなくなってしまいますので気を付けてください。 そして、女性ホルモンの影響で浮腫みが出やすくなります。主に手足に浮腫が表れやすく、結婚指輪が指に食い込んで抜けなくなったり、ふくらはぎや太ももの血管が浮き出るように透けて見えて、動かすたびにこわばったように感じるでしょう。

浮腫がひどい場合、ママの体の老廃物がうまく循環せずに血流も阻害されます。また血中ヘモグロビンが低下すると貧血や鉄欠乏で、十分に栄養のある血流を保つことができなくなってしまいます。鉄分は胎児の成長のために必要で、赤ちゃんに優先して送られるため、ママが鉄分不足になりやすく、ひどい貧血の場合は医師に相談し鉄剤などを処方してもらうとよいでしょう。

早産のリスクに気を付けて!

610957242

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

妊娠21週あたりになれば、妊娠初期の流産危険性と比べると、母子ともに落ち着き始めますが、ここで無理は決して良くありません。赤ちゃんが成長しているおなかがキューっと縮むような感覚があったら、早急に体を休めて安静にする必要があります。

切迫早産・早産の兆候

妊娠22週目から36週目の出産を早産といいます。早産になる原因はいろいろありますが、まずは無理をしない・ゆったりと安静に過ごすというのが最も身近な対処法です。妊娠37週目以後まで、おなかの中でしっかり胎児を守り育て、元気な赤ちゃんを出産するために、早産リスクは避けるべきでしょう。

妊娠後期になれば、おなかが張る感覚が表れ始めるのは通例です。しかし、妊娠中期に頻繁におなかが張る・痛みを感じるというのは好ましい状況ではありません。おなかの皮膚表面からジワリとかたくなりはじめ、緊張したように全体が収縮して固くなる状態を「張り」といいますが、一日に何度もおなかが張る場合、切迫早産の可能性がありますので、定期健診を待たずに早急に産婦人科を受診することをお勧めします。

また尿漏れのようにショーツを汚してしまうということが一定期間続くと、それは羊水が漏出(破水)している可能性があります。羊水が少なくなると胎児の生命が危険にさらされ、感染症や早産のリスクが高まります。少しでも気になるときは、すぐに病院に行って診察を受けましょう。

安静が一番お腹の張り具合は

の運動をした直後など、交感神経が働いているとおなかがキューっと張りやすくなります。張りが出た状態は、赤ちゃんにとっても窮屈で、妊婦の血管が収縮するため赤ちゃんも息苦しい状態になります。

また、仕事を続けているプレママは、その仕事のストレスや座りっぱなし・立ちっぱなしという労働環境によってはおなかの張りがきつくなることがあります。何度も張りを繰り返す場合、やはり切迫早産や早産の危険性もありますので、その時は無理をしないで一度産婦人科で見てもらいましょう。NSTという機械で、張りの頻度や胎児の心拍を確認し、状態如何によっては絶対安静を勧められることもあります。自宅安静で軽い症状なら、軽微な家事程度は行えますが、入院して絶対安静が必要となれば、ベッドから降りて歩行する回数も限られるほどにシビアな状態もあり得ます。ウテメリンという張り止めを点滴または投薬して、経過を見ながら安静状態を続けることになります。

妊娠21週頃の健康的なプレママライフ

482144315

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

つわりから解放され、健やかにプレママライフを送るためには、健康&体重管理が最も重要です。栄養をきちんと摂取しながら、胎児の成長に役立つ食事を考えながら、ゆったりと明るい生活を送れる環境を整えましょう。

胎児とママ両方の体を支える食事

妊婦の取り入れた栄養素は、そのまま胎盤を通して胎児に運ばれます。効果的な栄養素はもちろんですが、体にとってよくないといわれる人口着色料や保存料も赤ちゃんが摂取してしまうことになります。食事に使用するものすべてを天然のものに変えるのは難しいでしょう。そこで、味付けをする調味料やお米を自然物に変えることから始めてみてはいかがでしょう。

健康志向が高まっていることもあり、量販店でも天然素材の調味料を手軽にそろえられるようになりました。自然の食べ物は味が凝縮されているので、少量で十分に満足できる味付けをすることができます。 毎食食べるご飯を、雑穀米や胚芽米に切り替えるとミネラルやビタミン成分を簡単に摂取することができます。ライ麦や全粒粉で作ったパンも良いでしょう。かみごたえもよくなるので、食べ過ぎ防止にもつながります。

たくさん摂りたいカルシウム&鉄分

赤ちゃんは体内機能を正常に発達させるために、鉄分を必要とします。妊婦が貧血になりやすいのは、おなかの赤ちゃんに十分な鉄分を届けるため、ママの体で鉄分が不足してしまうことで起こります。鉄欠乏が続くと、胎児の成長にも影響しますので、鉄分の多い緑黄色野菜をとりましょう。 胎児は妊娠21週目あたりに骨格をしっかりと作り、軟骨を育てます。丈夫な骨づくりに欠かせないのがカルシウムです。天然いりこをおやつ代わりに食べるというのもいいですね。ただ乾物は塩分が高い商品もありますので、気を付けながら摂取しましょう。

イライラが止まらないのはなぜ?

前述したように、赤ちゃんが丈夫な骨を作るために妊婦の体からカルシウムを供給します。胎児に必要な栄養素を妊婦の体から優先して届けるため、ママの体にとって必要な量を留めておけなくなってしまいます。 ホルモンバランスの変化によって、ママのメンタルは不安定になりがちですが、カルシウムが不足するとイライラが増してしまいます。ゆったりと落ち着いた気持ちで過ごすことが何より大切な時期です。イライラ解消のためにもカルシウム摂取には気を配りましょう。

ちょっと気持ちが尖った時に、ヨーグルトを取り入れてみるのもいいですね。カルシウムが豊富で、腸内環境も整えてくれるため、便秘解消にも効果が期待できます。

まとめ

132264323

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

妊娠21週目頃は、ママも胎児も体に変化が表れ始めるころです。十分に栄養を取りながら、赤ちゃんとママの健康を第一に、ストレスと無理を回避しながらゆったりとプレママライフを楽しみましょう。


関連記事


情報提供元:マイナビウーマン子育て

更新日:2017年8月18日

この記事に投票する

回答せずに結果を見る

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録