読み込み中
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

【医師監修 】立会い出産の心得

このコラムにありがとう

目次

我が子の誕生に立ち会うのは、感動的な瞬間ですよね。夫婦で一緒に味わいたいと考える人もいる一方で、不安を抱く人も多いのではないでしょうか。立会い出産の基本から、メリット・デメリットなどをご紹介し、立会い出産に向けての心得をお伝えします。

この記事の監修ドクター

こすぎレディースクリニック椎名邦彦先生 当院の基本姿勢は『癒して治す』です。最新の産婦人科・美容医療に、東洋医学などの代替医療やアンチエイジング医療を取り入れながら、 女性がいつまでも健やかで美しくあるための医療を提供します。 http://kosugi-ladies.jp/

立会い出産の現状

181215744

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

一般的に立会い出産とは、妻の陣痛に寄り添い、分娩室に夫も入室し、妻とともに赤ちゃんの誕生を迎える出産スタイルを指します。帝王切開の場合の立会いは難しく、基本的に経腟分娩の場合に行われます。

2人に1人以上の夫が立会い出産を経験

厚生労働省が支援する研究の1つに「母親が望む安全で満足な妊娠出産に関する全国調査」があります。2013年3月に発行された同資料によると、出産に立ち会った夫は全体の53%、親が12%、その他5%となり、一方で誰も立ち会わなかったという回答は41%という結果になっています。さらに、帝王切開ではない経腟分娩に限ると出産に立ち会った夫は59%という結果でした。つまり、経腟分娩では、全体の約6割が夫の立会いのもと出産しているということがわかりました。

立会い出産しなかった理由、第1位は?

立会い出産が増えている傾向にあるとはいえ、あえて立会い出産を望まなかった人たちも少なくありません。前述の調査によると、経腟分娩で立会いがなかった理由として「産婦が希望せず」という理由が最も高く、50%という結果に。つまり、妻自身が出産の立会いの希望を望まなかったということがわかります。

妻が夫の立会いを望まない理由としては、「恥ずかしい」、「壮絶な姿を見られたくない」など。夫の意向はもちろん、妻側の気持ちによっても、立会い出産をするか・しないか、判断が変わってくる傾向のようです。

立会い出産のメリット

立会い出産をしようかどうしようか、悩んでいる人もいるかもしれません。軽はずみに決断して後から後悔することだけは避けたいものですよね。そのためには事前に立会い出産のメリットとデメリットをしっかり理解することが大切です。まずはメリットからご紹介します。

ママが安心

初めての出産であればなおのこと、いつ終わるかもわからない苦しい陣痛を1人で耐えるのはママにとって辛いものです。そんなときに常に寄り添い、励ましてくれるパパの存在は何より心強いものです。ママにとってパパだから言えること、パパだから頼れることは多分にあります。ママの気持ちが安定した状態でお産を迎えるのは、最大のメリットかもしれません。

夫婦の絆が深まる

夫婦で一緒に出産を乗り越えたことにより、夫婦の絆が深まるというメリットもあります。陣痛、分娩の場に居合わせなければわからない、出産の大変さや壮絶さというのは確かにあります。出産の大変さを共有することで、夫婦として気持ち新たに信頼関係を築くことができます。

パパが子育てに積極的に

立会い出産は、新しい命が誕生する瞬間に出会える、貴重な経験です。命がけで出産するママの姿を見ることもそのうちの1つ。妊娠中からママとなっていく妻に対して、夫はなかなかパパとしての実感が芽生えないと言われていますが、立会い出産をすることで、早い段階で子供への愛情が深まり、パパとしての自覚を持ちやすくなるとも言われています。そして妻に感謝し、子育てにも協力的になりやすいようです。

立会い出産のデメリット

480992641

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

立会い出産にはさまざまなメリットがありますが、なかには「立会い出産をしなければよかった」と思う夫婦がいるのも事実です。パパが出産に立ち会った場合に起こる、デメリットについても理解しておきましょう。

想像以上に壮絶

実際の出産は、パパが想像しているよりずっと壮絶なことがほとんどでしょう。「あんな形相は初めて見た」、「血を見てショックを受けた」など、予想外の壮絶さに絶句したり、自信を失ってしまう夫も少なからずいるようです。立会い出産に対して、正しい情報と知識を持ったうえで、判断した方がよいでしょう。

離婚やセックスレスにつながる危険も?

陣痛の辛さに、夫に対してひどい暴言を吐いた結果、夫婦関係が悪化してしまったり、予想外に壮絶な出産を見たことで、夫が妻を女性として見られなくなってしまったというケースもあります。結果、セックスレスに陥り、離婚にまで至るということも実際にあるようです。起こりうるリスクをふくめたうえで、事前によく話し合っておくことが大切なのかもしれません。

お産の邪魔

出産を記念に残そうと、イベント感覚でひたすら写真やビデオを撮ったりしている夫は考えものです。撮影に夢中で、医師や助産師の邪魔になり、お産を危険にさらす可能性もあります。立会い出産の基本は、あくまで妻のサポート。撮影会や見学者気分の立会いはしないほうが無難です。

恥ずかしい姿を見られることも

分娩時には、出血はもちろん、尿や便が出ることは当たり前にあります。立会い出産ではそういった通常では見せることのない姿を見られるという可能性もあります。夫とはいえ、そんな姿を見られることが恥ずかしいという人は、立会いできる場所を制限するなどの工夫が必要になるかもしれません。

立会い出産でのパパの役割

136810373

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

せっかく立会い出産を決意しても、いざというときにパパが慌てふためいていては、ママが安心して出産に臨めません。立会い出産でパパができることは具体的にはどのようなことなのでしょうか。

ママの気持ちをリラックス

いよいよ出産となれば、ママがナーバスになっているのは当たり前のこと。初めての出産で、つられるようにパパまで緊張してしまっては、余計にママはリラックスすることはできません。陣痛は数時間、長い人だと丸1日、2日とかかる場合もあります。会話をしたり、手を握ってスキンシップをとったり、ママの気持ちを安心させてあげることは、パパだからこそできるとても重要な役割です。

体のマッサージ

お産の進行度合いに応じて、陣痛の痛みも増してきます。そんな時こそパパの出番。背中をさすってあげたり、マッサージをしてあげたり、時にはテニスボールなどをお尻に押し当ていきみ逃しをするサポートをしてあげたり。また、ママが一番心地よい姿勢をとりやすいように支えてあげるのも良いかもしれません。少しでも楽になるようにサポートしましょう。

汗ふき&水分補給

いよいよお産も進んでくると、ママには短時間のうちに陣痛の痛みが襲ってくるようになります。水分補給もままならない状態になる場合もあります。そんなときには、汗を拭いてあげる、のどが乾いているようなら飲み物を飲ませてあげる、などのきめ細やかな気配りを。何をしてあげれば良いか分からなければ「何をしてほしい?」などの声かけをしながら、サポートします。

呼吸法をリード

分娩室に入れば赤ちゃんの誕生はもう目前です。あまりの痛みや緊張感などでママがパニックになったら落ち着いて呼吸法をリードできるぐらい、パパにはしっかりと構えていてほしいものです。ただし、呼吸法はあくまで1つの方法にすぎません。陣痛や出産は個人差が大きいので、必ずしも練習してきた通りにいかないこともあるものです。形にとらわれることなく、生まれてこようとする赤ちゃんに合わせて、ママがいきみやすいようにフォローしましょう。

出産後はママへの労いを

分娩が無事終わるとつい赤ちゃんばかりに目が奪われがちですが、ここまで力を尽くしたママへの気持ちを素直に言葉にすることも大切です。労いと感謝の気持ちを伝えたら、ママをゆっくり休ませてあげましょう。お産が夜だったり、ママが食事をしっかりとれていない場合は、食事や飲み物を買ってきてあげる等するのがおすすめです。

立会い出産のため準備と心構え

493302412

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

立会い出産をすると決めたら、そのために備えておくべきことと心構えについて頭に入れておくようにしましょう。

まずは妊娠・出産に関する知識を学習

なんの知識もなしに立会い出産に臨んでしまえば、妻のサポートもできないどころかお産の邪魔にさえなってしまいます。立会い出産をするためにはまず妊娠・出産について正しい知識を学ぶ必要があります。ネットや本で情報収集することはもちろん、妻と一緒に産院や地域で行われている教室に参加するのも良いでしょう。

産院を決める時点で、立会い可否を確認

立会い出産をしたいと望んでも、産院によっては立会い出産を受け入れていない場合もあります。また、立会い出産ができる産院のなかでも、写真やビデオ撮影を不可にしていたり、へその緒を夫が切るサービスを導入していたりと、その対応や取り組み内容も様々に異なります。また両親教室に参加した人のみ可能にするなど、事前にある程度の知識を得た人のみ立会いを許可する方針の産院もあるようです。

病院選びの段階では、出産はまだ先で、立会い出産について考えていないかもしれませんが、立会い出産を望むのであれば、あらかじめ産院の方針を知った上で決めることが重要です。

妊娠中もサポートを

「立会い出産」は出産当日だけではありません。妻が妊娠したその時から始まっているといっても過言ではないです。妊娠した妻の体の変化を、一番側でサポートすることは夫の務めです。そして、妻と一緒に親としての役割や心構えを学び、家族として迎え入れる準備をすることが大切です。そのためにも、妊婦健診や父親学級などにも積極的に参加するようにしましょう。

落ちついて向き合う

陣痛、分娩時にパパが側に寄り添うことは、ママにとっての何よりの安心感になるはず。内心ドキドキするでしょうが、あたふたしてはいけません。まずは落ちついて、ママのために最大のサポートができるよう心がけましょう。

まとめ

立会い出産には、どちらか一方の気持ちだけで決めてしまうと、後々の夫婦関係に亀裂を生じさせてしまう事態にもなりかねません。あらかじめそのメリット・デメリットを知ったうえで夫婦の気持ちが一致していることが大事なことです。また立会い出産を決めたら、妊娠・出産に対する具体的なイメージと正しい知識を共有できるよう、夫婦一緒に教室などに参加するのもいいでしょう。事前準備を含め、赤ちゃんの誕生に向けて、より一層夫婦・家族としての絆を深められるとベストですね。


関連記事


情報提供元:マイナビウーマン子育て

更新日:2017年2月21日

この記事に投票する

回答せずに結果を見る

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録