ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

長崎・新上五島町の“超極濃・超特大のプレミアム岩牡蠣”を自宅で堪能しよう!

目次


新上五島町観光物産協会は、長崎・五島列島の「【超特大】超極濃プレミアム岩牡蠣」6個入/5,000円(送料込、一部地域を除く)の販売を、上五島の特産品販売サイト「シマリエ」にて開始した。

1個が300g以上ある驚きの大きさ

“岩牡蠣のシーズンは夏場”という常識を覆す、超濃厚で驚くほど大きな岩牡蠣の季節が到来。

長崎・五島列島の北部に位置する新上五島町から届くのは、1個が300g以上と一口では頬張れないほどの驚きの大きさで、全生産量の5%しか獲れない超貴重な離島育ちの岩牡蠣だ。


この岩牡蠣は、これまで主に飲食店向けに取引きしてきたが、個人からの問い合わせが増えたことを機に一般販売を開始したという。

「耳吊り」方式で丁寧に育てた牡蠣

上五島は海が美しすぎるがゆえに牡蠣のエサとなるプランクトンが少ないため、牡蠣が海中のプランクトンを捕食しやすくなるように、一つひとつ手作業で貝の蝶番に穴をあけている。


それを等間隔でロープに吊るす「耳吊り」方式で育てる様子は、まるで大切な子どもを手塩にかけて育てるよう。生産者がその技術と愛情をかけた分だけ岩牡蠣は驚くほど大きく、美味しく成長する。

また、水揚げ後は高圧洗浄機で殻の汚れを除去し、オゾン発生装置や紫外線照射海水などを使用した浄化滅菌槽に48時間つけてから出荷しているので、美味しいだけでなく安心な品だ。

みっちり詰まった身は超極濃


海水が常に流れている潮通しがよい環境で育った牡蠣は、しっかりした貝柱がシャキシャキした爽快な食感を生み、身は海のチーズや海のクリームと言われるほど超極濃。そのままで、またはレモンを少し絞って味わおう。


プリプリの身を口いっぱいに頬張れば、どこまでも続く上五島の美しい景色が見えてきそうだ。

6月9日は「ゼネラル・オイスターの岩牡蠣の日」

6月9日(ロック=岩)は、旬の時期とその語呂合わせから「ゼネラル・オイスターの岩牡蠣の日」と制定されている。これを機に、島のソムリエ「シマリエ」が届けるプレミアム岩牡蠣を自宅で堪能してみては。

なお予定数量がなくなり次第販売終了となることがあるので、興味のある人はお早めに!


/

この記事の著者

STRAIGHT PRESS

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る




michillの人気ランキング

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録