ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

ママ大助かりの【幼児食の献立レシピ】1〜3歳の子供も喜ぶ人気メニュー

目次

幼児食の献立に人気のメニュー特集!

1歳、2歳、3歳のころの幼児食は、栄養バランスがいいだけでなく、まずはしっかり食べられるメニューであることが大事です。

でも子供によっては好き嫌いがあったり、日によって食べムラがあったり、幼児食に対する悩みはつきませんよね。そんな時はまずは食べてもらうことを優先すると楽になります。

それでは、1歳、2歳、3歳の子供が食べやすい人気の幼児食の献立レシピをご紹介していきます。

幼児食の献立に人気のメニュー☆主菜

幼児食の献立に人気の定番おかずの肉じゃが

肉じゃが

instagram(@pinos_kitchen)

肉と野菜をバランスよく食べられる肉じゃがは、幼児食の献立におすすめのメニューです。

薄味にしたい1歳~2歳のころは、まずは薄味で煮込んでから子供の分を取り分けて、その後調味料を足して味付けができます。

煮物は具材も柔らかいので、3歳ごろになれば大人と一緒のものが食べられます。

ひき肉や鶏肉で作ると食べやすい幼児食にできて、大人も美味しく食べられますよ。

やさしい味の簡単レシピ!人気のふろふき大根

ふろふき大根

instagram(@yamamoto0507)

柔らかい大根にひき肉のあんかけをかけたおかずで、ひき肉あんかけの味付けを変えて幼児食と大人用で簡単に作り分けられるレシピです。

大根がメインですが、肉のボリュームがあるので献立の主菜になるメニュー。

大根はだし汁とみりんに浸してレンジ加熱で柔らかくして、ひき肉あんかけも材料をレンジで加熱して混ぜるだけなので簡単に作れます。

洋食の幼児食の献立に!マカロニグラタン

洋食の幼児食の献立に!マカロニグラタン

instagram(@se_ra1031)

洋食の献立でも人気のマカロニグラタンは、薄めの味付けのものは1歳から食べられる幼児食メニューです。

手作りのホワイトソースはバター、小麦粉、牛乳で作れるので、幼児食でも安心して食べさせられます。

野菜を煮物や炒め物にすると食べない子供でも、グラタンにするとパクパク食べることもありますよ!

幼児食の献立に人気のメニュー☆プレート

定番人気レシピ!幼児食のハンバーグプレート

ハンバーグプレート

instagram(@rietty1211)

ワンプレートご飯は主食やおかずまで一皿に盛れて、大人ならカフェ風のおしゃれなご飯に、そして幼児食はお子様ランチのように豪華に見えるのでおすすめです。

中でもハンバーグは子供から大人まで夕飯のおかずに人気で、ワンプレートご飯にしやすいメニュー。

洗い物も少なくすむので片付けも簡単になりますよ。

幼児食でも簡単レシピのおにぎりプレート

おにぎりプレート

instagram(@nonon723)

おにぎりは子供でも食べやすく、おかずと一緒に一皿に盛り付ければ栄養もしっかり摂れる献立の朝食や昼食になります。

おかずは1歳や2歳ならしっかり焼いた卵焼きやサラダ、3歳なら目玉焼きやウインナーなど大人と同じものでもOKです。

おにぎりの具は鮭など子供でも食べやすいものと、大人にはたらこなど変えて作ってもいいですね。

幼児食の定番メニューを詰めたお子様プレート

お子様プレート

instagram(@okapii.703)

ファミレスなどでも人気のお子様ランチをおうちで作ってあげれば、子供のテンションが一気に上がってモリモリ食べてくれるでしょう。

いつもはお茶碗に盛っているご飯や子供が好きなおかずを一皿に盛り付けるだけで、同じ献立でも特別感が出ます。

幼児食ですが、大人も同じメニューで食べられる嬉しいご飯になるのではないでしょうか。

幼児食の献立に人気のメニュー☆ご飯もの

夕飯の献立の人気メニュー!カレーライス

カレーライス

instagram(@gucci_fuufu)

子供から大人まで人気のカレーライスは、作り方もいろいろありますが家庭の味として馴染み深く、夕飯の献立でも定番のメニューでしょう。

肉や野菜を煮込むところまでは一緒に作り、1歳、2歳、3歳と年齢に合わせてカレールーを変えましょう。

じゃがいもや人参以外にも、苦手な野菜を入れてもカレーなら食べられるという子供も多いですよ。

簡単なレシピで幼児食にもぴったりの三色丼

三食丼

instagram(@pinos_kitchen)

三食丼は肉そぼろ、卵そぼろ、緑色の野菜をご飯と一緒に食べられるので、あとは簡単な副菜や汁物を用意すればしっかりバランスの取れた献立になります。

そぼろは作り置きしておけば、炊いたご飯に乗せるだけなので忙しい日の夕飯やサッと食べたい時の昼食にもおすすめのレシピです。

余裕があれば、キャラクターや花などに形作って盛りつけてあげると喜びますよ。

幼児食の献立にもおすすめの炊き込みご飯

幼児食の献立にもおすすめの炊き込みご飯

instagram(@se_ra1031)

献立の主食に白ご飯を毎日食べている人も多いと思いますが、たまには炊き込みご飯にしてみませんか?

味がついたご飯は気分も変わり具材も一緒に食べられるので、いつもよりたくさんご飯を食べてくれることもあり幼児食にもおすすめ。

春なら豆ご飯、秋なら鮭やきのこなど季節を感じられる献立にできますよ。

幼児食の献立に人気のメニュー☆麺類

簡単に作れる幼児食レシピ!きつねうどん

きつねうどん

instagram(@ai.ouchigohan)

うどんは離乳食から食べられるので、引き続き幼児食でもよく使う麺類ではないでしょうか。

常備しやすい乾麺やすぐに作れる冷凍もあるので、簡単にご飯を作りたい時にも便利ですよね。

こちらのレシピはレンジで簡単に作れる、味付け油揚げを乗せたきつねうどん。1歳の子供用なら調味料の量を減らして薄味で作ってくださいね。

献立のメインになるすき焼き風煮込みうどん

すき焼き風煮込みうどん

instagram(@ai.ouchigohan)

うどんを夕飯の献立のメインにするなら、ボリュームもたっぷりで大人も一緒に食べられるすき焼き風煮込みうどんがおすすめ。

牛肉や白菜などすき焼きの定番の具材でなくても、豚肉やきのこなど冷蔵庫にあるもので作れば簡単です。

幼児食にするなら、生卵は早いので、卵は鍋に入れずに大人は取り皿に入れるにしましょう。

人気メニューを献立に!ミートソースパスタ

ミートソースパスタ

instagram(@pinos_kitchen)

ミートソースパスタは子供も喜ぶ献立のメインになるおすすめメニューです。

ミートソースは手作りでも意外と簡単なレシピで作れるので、味を薄くしておけば幼児食にしても食べやすく、作り置きもできます。

パスタは茹でてからキッチンはさみなどで切っても、または短く折ってから茹でると子供でも食べやすくなります。

幼児食の献立に人気のメニュー☆汁物

あっさり幼児食献立で食べやすい簡単鱈なべ

あっさり幼児食献立で食べやすい簡単鱈なべ

instagram(@yukirichi119)

鱈は魚の中でもクセが少なく身が柔らかくて細かい骨もないので、離乳食でも食べ慣れた魚ではないでしょうか。

その鱈を使った献立のメインメニューにおすすめなのが鱈なべ。

煮魚のように難しい火加減や味付けは必要なく、サッと火を通してシンプルな味付けで食べられるので幼児食にもおすすめ。

長ネギ、白菜、豆腐、ほうれん草など、好きな野菜や具材で作れるレシピです。

幼児食の献立の汁物に人気の肉だんごスープ

肉だんごスープ

instagram(@ai.ouchigohan)

白だしのやさしいスープでポカポカあたたまる肉だんごスープは、献立の汁物におすすめのレシピ。

肉だんごが入っているのでおかずになるようなスープです。

合いびき肉ともやしと豆腐で作る肉だんごですが、幼児食用なら鶏ひき肉や豚ひき肉でもOK。

温玉やあみえびは子供用を取り分けてから入れるようにしましょう。

幼児食におすすめレシピ!洋風献立で人気のポトフ

ポトフ

instagram(@ai.ouchigohan)

ポトフはシンプルなコンソメスープで野菜をしっかり食べられるので、幼児食にもおすすめの汁物。

厚手の鍋や無水鍋でコトコト煮込むと野菜は甘く柔らかくなります。

野菜をゴロゴロと大きいままにするなら、圧力鍋で時間をかけず簡単に作ることもできます。

幼児食にするならウインナーではなく、鶏の手羽元などにしてもいいですね。

幼児食の献立に人気のメニューのまとめ

幼児食は一食ですべての栄養を考えなくても、一日、一週間のトータルでしっかり栄養が摂れていれば大丈夫です。

たまには子供が好きなものばかりの献立や、簡単レシピばかりの献立でもOK。料理や食事の時間は毎日続くことなので、頑張りすぎないようにしましょう。

幼児食の献立に人気のメニューをご紹介したので、レシピを参考にして楽しい食事タイムにしてくださいね!


関連記事


/

この記事の著者

folk

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る




michillの人気ランキング

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録