ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

いま話題のスイーツ“マリトッツォ”がローソンストア100にて登場!

目次


話題沸騰中のスイーツ“マリトッツォ”が、ローソンストア100に登場!「マリトッツォ(チョコ入りホイップ)」が、6月9日(水)より、1個100円(税込108円)で発売される。

ローマが発祥の“マリトッツォ”

“マリトッツォ”とは、バターや牛乳を使用したブリオッシュ生地のパンに、クリームをぎっしりと挟んだイタリア・ローマの伝統的スイーツ。現地ではカプチーノなどの飲み物と一緒に朝食としても親しまれている。日本でもベーカリー店などで販売され始め、女性を中心に人気が広がりつつある2021年注目のスイーツだ。

クリームはあっさり


今回発売の「マリトッツォ(チョコ入りホイップ)」は、ローソンストア100がオリジナルで商品開発したスイーツ。ほんのりバター風味のブリオッシュパンに、削りチョコ入りの軽やかなホイップクリームをサンドしている。

軽やかなホイップクリームに、削りチョコが絶妙なバランスで入っているのが特長だ。

クリームへのこだわり

開発当初は、常温でも販売可能なクリームを使い、菓子パンとしての販売を考えていたが、パンにバランスのよいクリームを追及した結果、要冷のデザートに使用するホイップクリームを採用することになったという。

見た目のボリュームに反してクリームはあっさりとした味わいで、最後の一口まで食べ飽きることなく食べられる。

好みのアレンジで楽しめる

同商品は、まずはそのまま食べて、こだわりの詰まった「マリトッツォ(チョコ入りホイップ)」の味わいを存分に楽しむ。2回目、3回目以降はバナナやオレンジなどのフルーツをトッピングしたり、ナッツやチョコチップを加えて食感を足したりと好みのアレンジで楽しむのもおすすめだ。

製造工程の簡略化

なぜ100円(税込108円)でできるのか?その秘密は「製造工程の簡略化」にある。

専門店などで作っている“マリトッツォ”は、クリームを詰めた後にヘラで表面を滑らかに整えている場合が多いが、同店のマリトッツォは“クリームを絞り入れて完成”という方法を採用。

更に、あらかじめクリームにチョコレートを混ぜ込んでおくことで、トッピングという工程を減らしている。クリーム全体にチョコレートが混ざっているため、どこを食べても美味しい、という嬉しい副産物も生まれたという。

ローソンストア100の「マリトッツォ(チョコ入りホイップ)」で、話題のスイーツを試してみては。


/

この記事の著者

STRAIGHT PRESS

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る




michillの人気ランキング

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録