ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

益若つばさ「避妊リング入れました」と公表、あえてオープンにした理由明かす

目次

モデルの益若つばささんが6月8日、自身のYouTubeチャンネルに『避妊リング入れました【IUSミレーナ】』というタイトルの動画を配信。Instagramでも動画を紹介し、「避妊リング(IUSミレーナをいれました。)男女共に見てほしいお話。」と訴えています。

益若つばささん「避妊リング入れました」と報告

1208951173

Getty logo

この4月、一人息子が中学生になって寮生活に入り、「ママと子の子育て第一章が終了」とと明かしていた益若つばささん。6月8日に自身のYouTubeチャンネル「益若つばさTsubasaMasuwaka」に新しい動画をアップし、「婦人科で避妊リングを入れてきたよ」とを明かしました。

益若さんは数年前に、友人から「避妊リングを入れて快適になった」と聞いて、いつか自分も入れてみたいと思っていたそうです。益若さんは動画の中で、避妊リングの作用として「1)避妊ができる(1年間で避妊確率99.8%)。2)生理痛を軽くする月経量の減少」と説明。過去に生理痛がひどくピルを服用していた時期もあったものの、飲み忘れてしまったり、体質に合わなかったのか太りやすくなってしまったりしたと話しました。

そこで今回、一カ月ほど前に婦人科で健診を受け、子宮がんなどほかの病気がないかチェックしたうえで、避妊リングの「IUSミレーナ」を挿入。直後は少し「お腹がもにょもにょする」感覚があったものの、2日ほどで違和感はなくなったそうです。

また益若さんは、避妊に関しても、「女性が能動的に避妊リングやピルでコントロールすることはポジティブなことだと思う」という考えを明かしています。

非常にプライベートな事柄ではありますが、この動画でわざわざ公表したのは、「性の話も教育の話。でも日本ではネガティブなものというイメージがあるから話しづらい。だから今回私はあえて、ミレーナ入れたという話をオープンにしてみました」という理由からでした。

同時に、「男性も理解しておいてほしい」と益若さん。

「女性の生理痛って本当につらくて男性に言えなかったりも。こういった話をポジティブにできる関係ってすごくいいと思うので、パートナーと話し合ってみてください。あとお子さんがいたら将来的にこんな選択肢があるんだよというのを話し合うきっかけになれば」(益若つばささんYouTube動画より)

この動画には、「デリケートなお話だけど、つばささんが発信してくれることで色んな選択が出来る女性や正しい知識を持つ男性が増えればいいな」「私もミレーナ入ってます。5人目出産後に入れました」など様々なコメントがつき、活発な情報交換が行われています。

【動画】避妊リング入れた理由を語る

すでにイケメン!横顔がママそっくりな息子くん

産後・その後の避妊方法は?

産後すぐの妊娠は母体にとっても負担になります。しばらくは妊娠を避けたい場合、避妊が必要になりますが、出産直後や授乳中には向かない避妊方法もあるので、注意が必要です。

子宮内に装着する避妊リングについては、産後2ヶ月以降であれば授乳中でも使えるようになる(ただし、授乳中に最も適した避妊法ではない)ので、医師に相談してみましょう。

その後、生理が復活してから、月経量が非常に多かったり、その期間は起き上がることも不可能なほど体調が優れなかったりと、症状の重い女性は決して少なくありません。病気が隠れているケースもあるので、つらい症状に悩んでいる場合は我慢せずに婦人科を受診しましょう。そのうえで、益若さんがとったように、様々な選択肢があることを知っておきたいですね。


関連記事


/

この記事の著者

マイナビウーマン子育て

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る




michillの人気ランキング

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録