ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

Mame Kurogouchi新コレクション「Basics」が三越伊勢丹オンラインストアにて先行発売

目次


Mame Kurogouchiの新コレクション「Mame Kurogouchi Basics(マメ クロゴウチ ベーシックス)」が、6月9日(水)10時より、三越伊勢丹オンラインストアと伊勢丹新宿店にて先行発売される。

“タイムレス”を追求した新コレクション


今回発売の「Basics」は、“タイムレス”を深く追求し、最高の素材を用いて、極限まで削ぎ落としたシンプルなデザインと新たなコンセプトで表現した新コレクション。

シーズンは設けず、最適なタイミングでアイテムを追加しながらラインナップを拡充し、定番アイテムとして通年、永続的に販売していく予定だ。

第1弾は全8アイテムが登場

同コレクション第1弾「Collection 01」は全8アイテム、黒1色、シルク素材のワードロープ。


「ベーシック シルク ディープ ネック ドレス」90,200円(税込)、「ベーシック シルク マルチボタン ドレス」121,000円(税込)、


「ベーシック シルク ハイネック ニットトップ」52,800円(税込)、「ベーシック シルク ニットカーディガン」66,000円(税込)、


「ベーシック シルク Tシャツ」47,300円(税込)、「ベーシック マルチボタン ブラウス」70,400円(税込)、


「ベーシック シルク トラウザーズ」60,500円(税込)、「ベーシック スリーブレス ニットトップ」38,500円(税込)がラインアップしている。

素材の選定からパターンメインキングまで、完成までに3年以上の歳月を費やし、いつの時代も美しく、真にタイムレス、かつライフスタイルの新たな基幹(ベーシック)となるべくデザインされているのが特徴だ。

全て黒色のシルクで製作


全てのアイテムは、メインコレクションでも多用しているシルク素材を“より身近に取り入れて欲しい”という想いから、黒色のシルクで製作。


また、最も相性の良い縫糸と針を指定した上で、幾度にも及ぶサンプル製作、パターンの微細な修正、検品を繰り返すことで、圧倒的な着心地とアクション性を兼ね備えた一着に仕上げている。

布帛のアイテムは石川県小松市で織られ、京都府亀岡市で表面に特殊な加工を施しているため、自宅でのケアも簡単だ。

ケア方法を記載したレターも付属

さらに、全てのアイテムに和紙を使用したオリジナルのガーメントバッグが付属し、多くのアイテムは紙製のハンガーと共に届けられる。また、購入時には自宅でのケアの方法などを記載したレターも付属する。

商品の詳細は、三越伊勢丹オンラインストア内の特集サイトにて確認しよう。


/

この記事の著者

STRAIGHT PRESS

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る




michillの人気ランキング

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録