ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

上下ユニクロなのに…美しい53歳が実践する高見えの秘密3選【40代からのオシャレな人】

目次

時の流れは平等。そう、人は誰しも同じスピードで年齢を重ねます。なのに…。

 

この世の中には、「年齢を重ねるほどに美しさに磨きがかかる人」と「年齢なりに見える人」「老けてしまう人」がいて、その差に驚くことはありませんか?同窓会などで久々に会って「あの頃と変わらずチャーミングな現役美人」な同級生に驚く一方で、「昔は美人だったのに…」「あの頃の面影は一体どこに…」「僕の青春時代を返して(男性目線)」など、「元美人」におさまってしまっていることで驚かせる人もいますよね。

 

老けて見える人と、老けない人の差は、一体どこからくるのでしょう?

 

東京在住のNaruさんは、音楽、映画、読書、相撲など多くの趣味を持つ、アクティブ派の53歳。50代には見えない若々しいコーディネートが人気のインスタグラマーでもあります。

 

早速、そのオシャレ術を見せていただきましょう。

 

高見えの秘密1:清潔感のある黒やネイビーがコーデの主軸

 

この投稿をInstagramで見る

 

Naru(@koumizyue)がシェアした投稿


Naruさんのコーディネートの軸になるのはネイビーと黒。この軸がブレないことで、小物使いのバリエーションが生きる仕組みです。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

Naru(@koumizyue)がシェアした投稿


・色をさす(どんな差し色も受け入れる適応力があるため)

・帽子やアクセサリーで盛る(複数持ってもトゥマッチにならない)

・足元で抜く(キレイめ/ゴツめ、2パターン楽しめる融通性)

 

この投稿をInstagramで見る

 

Naru(@koumizyue)がシェアした投稿

また、ユニクロ、 JやZARAといったプチプラアイテムも軸色のブラックやネイビーを中心に選ぶことで、プチプラ同士の組み合わせでも、落ち着いた印象、大人の高見えを叶えています。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Naru(@koumizyue)がシェアした投稿


Naruさんに見習いたいオシャレ術はほかにもあります。

高見えの秘密2:肩がけ、斜め巻き、差し色を駆使するカーディガンマスター

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

Naru(@koumizyue)がシェアした投稿

・そでを通さずに肩がけする(気になる二の腕カムフラ)

・肩にはおって、そでを身頃に垂らす(縦ラインができ、シュッとして見える)

・斜めにキュッとしばる(シルエットがしまって見える)

・アクセントカラーにする(目線が散らばる)

 

この投稿をInstagramで見る

 

Naru(@koumizyue)がシェアした投稿

ざっと目を通しただけでもこれだけのカーデテクニックを見つけることができました。単に着るのではなく、効果的に使う。50代に限らず、あらゆる年代に参考になる着こなしテクニックを見せてくれることもNaruさんのSNSが支持される理由です。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

Naru(@koumizyue)がシェアした投稿


さらに、こんなスタイルテクニックも見つけました。

高見えの秘密3:バッグの大小2個持ちでウエストすっきり

 

この投稿をInstagramで見る

 

Naru(@koumizyue)がシェアした投稿


流行りのミニサイズバッグをタイト(短め)に斜めがけしつつ、角張ったビッグトートも持つ、W持ちコーデが目立ちます。「荷物入りきらない」問題もあるとは思いますが、オトナサローネ編集部が着目してほしいのは別の視点です。

・バッグ斜めがけの若すぎ見えを回避(かつ斜めラインでヤセ見え)

・大きめトートバックの「角」でスッキリシェイプして見える(錯覚効果)

 

この投稿をInstagramで見る

 

Naru(@koumizyue)がシェアした投稿

大人になるにつれ、どうしても身が厚くなりがちですよね。Naruさんはうらやましいくらいのスッキリ体型ですが、さらなるスタイルアップをこうして叶えているのかもしれませんね。

 

 

 

 


関連記事


/

この記事の著者

OTONA SALONE|オトナサローネ

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る




michillの人気ランキング

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録