ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

お部屋にオリーブを迎えませんか?インテリアとしてもおしゃれな飾り方のアイデア

目次

インテリアにオリーブを取り入れよう

オリーブの実がなるオリーブの木は本来外で栽培するのが基本ですが、日がよく当たって風通しのよい場所であれば室内でも育てられます。実際に室内で育てている方もいらっしゃいますし、オリーブは風水的にもよい植物なのでおすすめです。

今回はキッチンや玄関、ベランダ、リビングなどオリーブを取り入れたおしゃれなインテリアを紹介いたします。

オリーブを飾った室内インテリア:キッチン

オリーブの枝をキッチンに飾る

オリーブの枝をキッチンに飾る

instagram(@mihomuchacha)

枝を少しだけカットして、小さめのフラワーベースに挿すというアイデアを披露されています。

オリーブはくすんだグリーンの色味がとても可愛くおしゃれなので、ナチュラルなテイストのキッチンにも馴染んでいますね。

本物の植物はフェイクやドライにはない生き生きとした姿を見せてくれますし、長時間立つことが多いキッチンに置いてあげれば元気をもらえますよ。

オリーブをキッチン横に飾る

大きなオリーブをキッチン横に飾る

instagram(@takimoto_manami)

オリーブの観葉植物は、このようにキッチンカウンターの横に飾ってあげるのも素敵なアイデアですね。

日当たりがよい場所が好まれるので、光がたくさん入る明るいキッチンに置いてあげればすくすくと育ってくれるのでおすすめです。

コロンとしたフォルムがとても可愛らしく、キッチンのインテリアともよく合っています。室内に置くといつでも姿を見られるところがよいですね。

キッチンの窓際にオリーブをおしゃれに飾る

キッチンの窓際にオリーブをおしゃれに飾る

instagram(@MyPlaceStore)

立派な大きめのオリーブは、キッチンの窓際に置いてあげるのもおしゃれですね。

高さを出すために台の上に置かれていますが、そうすることでインテリア的にもバランスがよくなります。

枝ぶりによっても雰囲気が変わりますし、キッチンに置いておけばオリーブの実を収穫するときにもすぐ取れますね。

キッチンのインテリアを格上げしてくれるオリーブはおすすめです。

オリーブを飾った室内インテリア:リビング

オリーブをソファ横におしゃれに飾る

オリーブをソファ横におしゃれに飾る

instagram(@my_simple_style)

一人用のコンパクトなソファの横に木を飾ると、インテリアを格上げしてくれますね。

邪気などの悪い気を払ってくれると風水的には言われている木なので、部屋の中に飾るのもおすすめです。

大きなオリーブは置くだけで存在感がありますし、パッと目を引くのでインテリアにもぴったりですね。

スリムなオリーブなので、大きくても場所を取らずインテリアに溶け込んでくれます。空間をきれいにまとめたい場合に植物が役立つので、うまく取り入れましょう。

ディスプレイ棚にオリーブをセンスよく飾る

ディスプレイ棚にオリーブをセンスよく飾る

instagram(@grace20120616)

小さいサイズのオリーブなら、このようにディスプレイ棚を使っておしゃれに飾るアイデアも素敵ですよ。

リビングやダイニングは過ごす時間も長い場所なので、このように見える場所に飾ればいつでも見られますね。

特に小さいサイズのものは、できるだけ目線を上げて飾るとインテリアのバランスも良くなります。海外っぽい雰囲気のインテリアとオリーブがよく合っています。

グリーンをたくさん飾る

グリーンをたくさん飾る

instagram(@hukurou2128)

オリーブ単体で飾っても可愛いですが、ガジュマルなどのいろいろなグリーンと並べて飾るのもおしゃれですね。

小さいサイズの観葉植物を並べて棚の上に飾ることで、ボリュームが出てインテリアのアクセントにもなってくれます。

またお世話をするときにも、バラバラに置いておくよりもまとめて置いてある方がお世話もしやすくなりますよ。

いろいろな植物を自宅に取り入れると、それだけで活気のあるインテリアに変わります。

おしゃれなリビングにオリーブを飾る

おしゃれなリビングにオリーブを飾る

instagram(@my_simple_style)

ナチュラルで温かみのあるリビングにはオリーブがぴったり合いますね。

お部屋にグリーンを飾れば一機におしゃれなインテリアになりますが、グリーンはどんなインテリアにもマッチしてくれるから不思議です。

どんなインテリアにも馴染んでくれるので、インテリアの好みが変わっても大丈夫。オリーブの木を見ているだけで、心が癒されること間違いありません。

オリーブを飾った室内インテリア:ベランダ

オリーブをベランダでおしゃれに飾る

オリーブをベランダでおしゃれに飾る

instagram(@kikilala.003)

本来オリーブは室内よりも室外で栽培する方が向いているので、バルコニーやベランダにオリーブを飾ると雰囲気がよくなるのでおすすめです。

最近はお家で過ごす時間が増えていることもあり、ベランダを充実させたいとお考えの方も増えているのではないでしょうか。

ベランダに出なくても室内からオリーブや他の植物も鑑賞できるので、窓を開けたときのインテリアも楽しめます。

ウッドデッキにオリーブを飾る

ウッドデッキにオリーブを飾る

instagram(@nico__4316)

ウッドデッキの角にオリーブが飾られていますが、とても日当たりがよさそうな場所なので育てるのにぴったりですね。

リビングからすぐ外にウッドデッキがあるので、室内からでウッドデッキに置いたオリーブを見られるところが素敵。

小ぶりなサイズなので移動させやすく、主張しすぎずインテリアにも溶け込んでくれます。鉢植えのデザインもナチュラルでおしゃれですね。

バルコニーにオリーブを飾る

バルコニーにオリーブを飾る

instagram(@sisko_tomoka)

ベランダやバルコニーに置いてあげれば、すくすくと成長してくれるのでおすすめです。

風もよく通りますし、日当たりもよさそうなので育てやすい環境になっています。カーテンを開けるとオリーブが見えるので、室内ではなく外で育ててあげるのも◎。

ベランダガーデニングをされている方も増えているので、お家にいろいろなグリーンやお花を飾ると気分も高揚します。

たくさんの植物をベランダに飾る

たくさんの植物をベランダに飾る

instagram(@ones_place)

ベランダライフを楽しめるように、いろいろな植物を飾るというアイデアも最高です。

1つだけでも十分おしゃれなのですが、このようにたくさん飾ることでより自然を感じられるようになりますね。

お家にいるのにカフェにいるような、そんな気分を味わえるのでベランダを改造するのもおすすめです。

立派なオリーブはよりナチュラルに見せられるので、インテリアを格上げしてくれますよ。

オリーブを飾った室内インテリア:玄関

玄関先にオリーブを飾る

玄関先にオリーブを飾る

instagram(@pink.m.k)

基本的にオリーブは室内より室外の方が育てやすいといわれているので、玄関先に飾るのも向いています。

毎日家族が出入りする場所ですし、目につく玄関に飾るアイデアはとても素敵ですね。

地面にそのまま植えてもおしゃれですし、大きいオリーブを鉢植えにするのもよいです。

シンボルツリーとして大切に育てればどんどん成長していきますし、外構もおしゃれに見せてくれますよ。

カフェのようにおしゃれに飾る

カフェのようにおしゃれに飾る

instagram(@nico__4316)

同じくオリーブを玄関先に飾られていますが、小さめのオリーブなので省スペースで置けるところが素敵ですね。

どんと大きなものを置くのも素敵ですが、小さいオリーブを育てていき経年変化を楽しむのもおすすめです。

小ぶりなオリーブがカフェのようなセンスのよい玄関に見せてくれます。

オリーブにもいろいろな種類がありますし、枝や葉っぱのつき方も1つ1つ異なるので実際に見て決めましょう。

玄関にシンプルに飾る

玄関にシンプルに飾る

instagram(@kana.may.5.1)

インテリアとしてだけではなく、風水的にも玄関に飾ってあげると◎。

悪い気を払ってくれるといわれているので、玄関に飾っておけば悪い気が家の中に入ってこなくなりますね。

またモノトーンインテリアにはグリーンが映えるので、インテリアのアクセントにもなります。

植木鉢を置くもよし枝をフラワーベースに挿して飾るもよし、インテリアに仲間入りさせましょう。

オリーブでインテリアをおしゃれに格上げ

今回はオリーブを取り入れたインテリアを紹介させていただきました。オリーブは見た目もおしゃれでインテリアにも合わせやすいのですが、実がなるので料理にも使えて一石二鳥なんです。室内はもちろん、室外に取り入れるのもおすすめ。

室内からオリーブを鑑賞できる場所に置いてあげれば、いつでもオリーブを鑑賞でき癒されます。枝をカットしてドライフラワーにしたり、フラワーベースに挿したりといろいろ楽しめるので、ぜひオリーブを取り入れてみてくださいね。


関連記事


/

この記事の著者

folk

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る




michillの人気ランキング

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録