読み込み中
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

【医師監修】熱中症対策グッズも活用! 危険な熱中症から子供を守る方法

このコラムにありがとう

目次

友だち追加 新着記事をお知らせします!

熱中症は小さい子に起こりやすいです。大人よりも体温調節が難しく、地面に近くにいる子どもの危険を守ってあげましょう!熱中症の対策ポイントも紹介しているので是非ご覧ください。

この記事の監修ドクター

松田明子 先生 女医+(じょいぷらす)所属。腎臓専門医。東京女子医大泌尿器科所属。

熱中症は乳幼児に起こりやすい

479925241

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

熱中症ってどういう状態?

身体の中では通常、「産熱」と「放熱」の2つのバランスがとれています。産熱は身体が熱を作る働きであり、放熱は身体の外に熱を逃がす働きのことです。このバランスが崩れた時に、熱中症が起こります。熱中症は、湿気が多い場所や気温が高い場所などに長居することで起こることがあります。汗を大量にかいているのに、涼しい場所に行かなかったり、水分補給をしなかったりすると起こりやすくなります。

通常、私達の身体は「暑い」と感じると体温調節機能が働き、汗をかきます。汗をかくことによって体内の熱を身体の外へと逃しているのです。しかし汗が出ているにもかかわらず、水分補給が出来ない場合は脱水症状を起こしてしまいます。さらに悪化した場合、意識障害を起こす、けいれんを起こすなどの症状が現れます。

熱中症の症状は、脱水症状だけではありません。重症の場合、体温調節機能が働かなくなり、汗が出なくなってしまいます。体温が異常に上昇してしまったことで、細胞が変性・破壊されてしまい、多機能不全となり死に至る場合があります。

熱中症が乳幼児に起こりやすい理由

乳幼児は大人に比べて熱中症になりやすいとされています。それは、汗腺が少なく汗が出にくいこと、体温調節機能が低いため体温が上昇しやすいことが原因とされています。自宅でも熱中症になる場合はあるので十分注意しましょう。

また、地面に近いほど気温は上昇するため、座り込んで遊んでいると危険です。子どもと大人では立った時、頭の位置の気温が大きく異なります。例えば、子どもが道端でアリを見つけて、座って眺めている場合、立ちながら待つママの高さと比べると3℃ほども気温が高い可能性があります。興味を惹かれるものを見つけると暑さも忘れてしまうので、子どもの熱中症対策をしておきましょう。

また、乳幼児も自分で暑さを訴えることができません。そのため、乳幼児がぐったりしてしまってから気づくということもベビーカーを利用する人には多いです。真夏になるとアスファルトの照り返しによりベビーカーの気温は60℃近くになることもあります。大人と比べて地表にかなり近い高さに子どもをいさせてしまうベビーカーは、非常に危険なのです。

熱中症の種類と症状

535464148

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

日射病

日射病は、外気温が高いことなどにより体温が上昇すると、熱の放散を高めるために末梢血管が拡張し、そこに血液がプールされるために一時的に脳や臓器の血流量が減少することで起こります。

気分が悪くなったり、めまいや失神を起こしたりすることもあります。体調の変化に気がついたら、まずは涼しいところに移動させ、衣服をゆるめます。そして水分を補給して、足を高く頭を低くして体の中心部に血液が流れやすくしましょう。

また血液が身体全体に行きわたるため、一時的に血液が不足し、血圧が下がることがあります。その時、脳に十分な血液が送られず酸欠状態になり、めまいや立ちくらみを起こしたり、意識を失ったりすることを「熱失神」と言います。

熱けいれん

汗は血液から作られます。汗が蒸発することで、効率よく身体の内部の熱を外に逃がし、体温を下げることができます。汗の中には電解質が含まれており、汗をかくと水分だけでなく電解質も失われてします。汗で最も失いやすい電解質は、血液中に最も多いナトリウム、塩分です。そのため汗をかいた時に塩分が入ってない水だけを飲むと、身体の中の塩分が足りなくなってしまいます。塩分は筋肉の収縮を調節する役割があるため、塩分が足りないと手足がつるなど、筋肉のけいれんを引き起こすことがあります。

応急処置としては、風通しのよい場所に静かに寝かせましょう。この際、衣服をゆるめ、頭部を低くし、両足をやや高めにします。吐き気がないときには、うすい食塩水(0.1~0.2%)やスポーツドリンクを飲ませます。けいれんを起こしている場合は、筋肉に温かいタオルで湿布をし、けいれんを静めます。生理食塩水を飲ませると容易に回復します。

熱疲労

著しく体温が上昇する時には、汗をかくことで体内の熱を体の外に逃がします。汗をかいて体内の水分を失った時に、十分な水分を摂らないと、脱水状態になります。脱水状態が続くと、全身倦怠感、悪心、嘔吐、頭痛などの症状が見られます。これを「熱疲労」と言います。

応急処置としては、まずは涼しいところに移動させ、頭部を低くして寝かせましょう。コップ半分くらいの食塩水やスポーツドリンクを15分ごとに飲ませ、水分・塩分補給をします。同時に冷水タオルやアイスパックを用いて体温を下げるようにしてください。普通はこのような処置によって速やかに回復しますが、経口摂取をすることができないなど意識障害を伴う場合は、熱射病に移行しやすいので、点滴による補液が必要となります。その場合は医療機関を受診しましょう。

熱射病

熱中症の中でもっとも重篤なもので、異常な体温上昇によって中枢神経障害を起こします。夏期炎暑時に起こりやすく、死亡率も約25%となっています。熱射病は、高温・多湿下で発汗しにくい条件がある場合、体温が放射されずにうっ積し、脳や肺、心臓などが傷害を受けます。そして、ついには体温調節中枢も障害されてしまい、種々の症状が現れ、死に至る場合もあります。さらに進むと、体温を調節する働きが追い付かなくなり、体温が上がり脳に影響が及ぶことで、倒れたり、意識の障害をきたしたりすることがあります。これが「熱射病」で、身体にとって非常に危険な状態です。

子供が熱中症に陥っているときのサイン

熱中症のサインは、 ・頭痛 ・口が強く渇く ・めまいや立ちくらみがする ・身体がだるい ・生あくびが頻発する ・汗が出過ぎたり、出なくなったりする ・吐き気や嘔吐がある ・手足がけいれんする ・真っ直ぐに歩けない ・意識がなくなる、混濁する などがあります。子どもの変化にいち早く気づいてあげましょう。

子供の熱中症対策ポイント

488405887

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

水分をこまめにとらせる

のどが乾いていなくても、こまめに水分をとりましょう。スポーツドリンクなどの塩分や糖分を含む飲料は水分の吸収がスムーズにでき、汗で失われた塩分の補給にもつながります。また汗をたくさんかくと、水分だけでなく塩分も失われます。水分補給をする際は、水やお茶ではなく塩分が入ったものを飲むようにするといいでしょう。ただ、スポーツドリンクには糖分も多く入っていますので、水1000mlに塩3gと砂糖40gをいれて作る、経口補水液を飲むのがおすすめです。

帽子などで日差しから守る

帽子をかぶったり、日傘をさしたりすることで直射日光を避けましょう。また、なるべく日陰を歩いたり、活動したりするようにしましょう。

暑い場所に長時間置き去りにしない

高温の環境に長時間いると、体内の機能が乱れてしまうことがあります。すると体内に熱がこもってしまったり、急激に汗をかくことで体内の水分や塩分が奪われてしまったりします。これが全身に影響を及ぼし、けいれん・めまい・湿疹・頭痛・吐き気など多くの症状が出ることも。暑い場所に長時間置き去りにしないようにしましょう。

汗や顔色などを気にかける

子どもは暑さや体の不調を、まだ自分の言葉で十分に訴えることができません。服装などによる暑さの調節がうまく出来ないので、汗や体温、顔色や泣き方など、赤ちゃん・子どもの様子を、周りの大人が気にかけてあげましょう。

熱中症対策に役立つグッズ

450010351

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

ベビーカー用日よけグッズ

お出かけの際、車やベビーカーにも日よけ対策をしていきましょう。ベビーカーは上のカバーによって日よけが出来ますが、あまり大きくないのでどうしても日が当たってしまう部分が出来てしまいがちです。そんな時は、より大きくUVカット効果の高いサンシェードをベビーカーに取り付けることができ、便利です。ベビーカー専用の日傘のような役割で、「子供が涼しそう」との声も多いのでぜひ使ってみてください。

冷却スプレー

肌に直接スプレーすることができる「涼しい」ものから、濡らしたタオルが凍るほどの冷却効果がある「とにかく冷たい」ものまで、さまざまな種類のものがある冷却スプレー。スプレーから泡状のフォームが出てきて、それを肌に当てることで冷却するというタイプのものも出ています。

必要な時に簡単にシュッとスプレーすればいいだけなので、携帯しておいて効果的に使えて便利ですね。注意することは、 ・お子さんに自分で使わせず、親がかけてあげる ・服や肌にスプレーするタイプは、同じところに続けてスプレーしない ・目や口に入らないように十分に注意する ・用法にはない使い方はしない などです。基本的なことですが、必ず守って正しく使うようにしましょう。

温湿度計

同じ家の中でも部屋によって温度や湿度は違います。したがって普段生活するスペース、寝室、お子さんがよく過ごすスペースくらいには温湿度計を置き、熱中症の予防をしましょう。もちろん体感でもとある程度わかりますが、温湿度計で計測している数値もエアコンをつけるかどうかの一つの基準にもなるため便利です。

経口補水液

子どもは何かに夢中になってしまうと水分を摂るのも忘れてしまうこともあると思います。少しずつでいいので、体液のバランスに近いスポーツドリンクを薄めたものなどを飲ませてあげると効果的です。

さらに効率がいいのが「経口補水液」です。本来あまり美味しいものではないそうですが、水分が足りていない状態に飲むと「すごくおいしい」と感じることが多いそうです。水分が足りていない!と思った際の応急処置用として常備しておくと、急な下痢や熱の時も使えるので便利です。ゼリータイプもあるので、ご活用ください。

まとめ

496948523

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

子どもがまだ幼い時期には、自分から「暑い」とうまく伝えられないことも多々あります。そのため、周りにいる大人が子どもの変化に気づいてあげることが大切です。あたたかくなる時期、外へ出かけるに時は熱中症の予防をしっかりしましょう!


関連記事


情報提供元:マイナビウーマン子育て

友だち追加 新着記事をお知らせします!

更新日:2017年2月22日

この記事に投票する

回答せずに結果を見る

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録