富士急ハイランドに“空飛ぶ牢屋”登場!お仕おき檻覧車「監ごくん 牢ごくん」7/21OPEN

更新日:2021年7月7日 / 公開日:2021年7月7日


富士急ハイランドの大観覧車に、“牢屋型ゴンドラ”2基が新設。7月21日(水)から『お仕おき檻覧車「監ごくん 牢ごくん」』としてオープンする。

これにより、天井から床に至るまですべてが透明の「スケルちゃん スクムちゃん」4基と併せて、特別仕様ゴンドラが計6基となる。

大観覧車に“牢屋”が登場!


「監ごくん 牢ごくん」は、園内の中央に位置する高さ50mの大観覧車「シャイニング・フラワー」の全32基のゴンドラのうち2基を、全ての壁面が檻状のステンレス網で囲まれた“牢屋”に取り替えるもの。

「監ごくん 牢ごくん」に乗った収監者たちは、吹きさらしの檻の中で、隙間から遥か下の地面が見える“スリル”を味わいつつ、周囲の嘲笑に耐えながら、約11分間のお仕置きの時間を過ごすことができる。

檻の中で心を入れ替える?!

また、眼前に広がる雄大な富士山に向かって自分の罪を懺悔し、出所するまでに少しでも心を入れ替えられるよう、2人掛け横並びの座席になっている。

過去の悪行を反省し更生する場所として使うもよし。友達と罰ゲームとして使うもよし。お仕置きされたい人にはぴったり!

なお未就学児は中学生以上の付添い者の同伴が必要。利用料金は800円で、フリーパスも利用可能。

富士急ハイランド公式HPに「感染症予防対策」が掲載されているので、来場前に確認を。



この記事の著者

ログイン・無料会員登録