読み込み中
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

【医師監修】葉酸サプリと相性がいいもの・悪いもの

このコラムにありがとう

目次

友だち追加 新着記事をお知らせします!

葉酸サプリにはいわゆる「飲み合わせ」があります。相性がいいものがある反面、相性が良くないものもあるため、妊娠前後の女性、そして男性もチェックしておく必要があります。

この記事の監修ドクター

麻布十番まなみウィメンズクリニック院長今井愛先生 女医+(じょいぷらす)所属。産婦人科専門医、医学博士。 http://www.azabuwomens-cl.com/

こんな人は飲んでおきたい!葉酸サプリ

637901900

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

妊娠を希望している女性ならば、すでに葉酸の重要性はご存知かもしれません。近年では不妊の話題において、男性側の重要性も各方面から言われています。葉酸は妊娠前後の女性のみならず、パートナーである「男性」にとっても不可欠な栄養素と考えられています。妊娠を計画中、もしくは妊活中のカップルならば、男女問わず不足しないように補うべきでしょう。

妊娠前〜出産後の女性

妊娠前の女性から出産後の女性まで、赤ちゃんとお母さんの健康をサポートする葉酸は「赤ちゃんのビタミン」とも呼ばれています。また妊娠前の女性が葉酸を摂取することは、赤ちゃんの「神経管閉鎖障害」という先天的な障害の予防になります。

妊娠中の女性が葉酸を摂取することは、胎児の発育(細胞分裂)を促すとともに、その造血作用によってお母さんの貧血を予防します。出産後は、母乳を通じて赤ちゃんに葉酸を届けるために十分な摂取が必要なほか、母体の回復のためにも働きます。

葉酸の合成は腸内細菌で行われますので、栄養バランスの良い食事が取れていれば本来不足するものではありません。しかし、妊娠前後は摂取すべき葉酸の量が大きく増えますし、体内で効率よく利用されることが望ましいため「葉酸のサプリメント」が役立ちます。

元気な精子を作りたい男性

元気な精子は受精の可能性を高めてくれます。同時に、精子の質が良いこと(染色体異常等では無いことなど)は、生まれてくる赤ちゃんの先天性障害などを防ぐ意味でも重要です。元気で質の良い精子を生み出すためには、細胞分裂がしっかりと行われる必要がありますので、葉酸の摂取が役立ちます。葉酸が不足しがちな男性は、サプリメントを利用して補うのが良いでしょう。

葉酸サプリと相性がいいもの

129312554

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

栄養素の中には葉酸の働きを助けたり、その吸収をサポートするものがあります。葉酸をきちんと摂取することが大切ですが、その周辺で働く栄養素が不足していると、葉酸の効果が十分に発揮されない可能性もあるためご注意ください。食事の内容を見直したり、サプリメントを併用することで吸収率を高めましょう。

ビタミンB群

ビタミンB群は、8つのビタミンの総称です。そして、これら8つのビタミンには「互いに協力しながら働く」と言う性質があります。葉酸は、ビタミンB群の1つであるため、一緒に摂取したほうがより良い働きが期待できるのです。特に、ビタミンB12と協力しながら優れた造血作用を発揮します。

亜鉛

亜鉛は、ホルモンの合成や分泌に関わるミネラルで、生殖機能の維持にも欠かせないことが知られています。そして、オランダで行われた試験(*)によれば「葉酸と亜鉛の摂取で、男性の正常な精子の数が増加する」ということが判明しました。

試験は、葉酸と亜鉛が男性の精子に及ぼす影響を明らかにしていますが、妊娠可能な男性のみならず、不妊要因のある男性でも「正常な精子の数が増加する」という結果になっています。さらなる研究が待たれるため、ご紹介した内容はあくまでも参考としてお考えいただきたいのですが、いずれにせよ葉酸と亜鉛の相性が良さそうである事が推察されます。

特に妊活中ならば、女性だけでなくパートナーの男性も、葉酸とともに亜鉛を不足なく摂取することが重要と言えるでしょう。

(*「Effects of folic acid and zinc sulfate on male factor subfertility」 https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/11872201

約200名の男性を対象に、およそ半年間にわたっておこなわれた試験。1日に亜鉛66mg・葉酸5mgの摂取で、不妊症/妊娠可能な男性ともに、正常な精子数の増加が確認できました。)

ビタミンC

ビタミンCは、葉酸が体内での効果を高めてくれます。具体的には、ビタミンCが葉酸を活性型に変えてくれるため、より効果を発揮してくれるようになります。

なおビタミンCは抗酸化物質としても優れており、美肌効果も。妊娠前後にストレスを感じてしまう方はビタミンCが体内で欠乏しやすくなっています。また妊娠中は、胎児を保護するため母体の免疫力が低下しますが、ビタミンCの摂取が不十分だと、風邪などもひきやすくなると考えられています。これはビタミンCが細菌やウィルスに対する抵抗力を持っているためです。妊娠中に病気となると胎児の発育に悪影響を与える恐れもあるので、摂取することが大切です。

葉酸の「造血作用」とは、赤血球の生成をサポートする働きです。一方鉄は、赤血球の主要な構成要素であるヘモグロビンの材料となります。したがって、葉酸とともに鉄を摂取することは、貧血予防にもつながります。なお植物性食品に含まれる鉄(非ヘム鉄)は、ビタミンCとともに摂取すると、より吸収されやすくなります。

葉酸サプリと相性が悪いもの

610256998

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

特定の飲食物や嗜好品、医薬品の中には、葉酸との相性が悪いものが存在します。葉酸サプリメントを十分に摂取しても、吸収を妨げたりする可能性もあります。また葉酸が薬の働きを弱めてしまう可能性もあり、持病の悪化にもつながる危険性がありますので、必ずお医者さんへ確認してください。

特定の薬

以下の薬を飲まれている方で、妊娠をご計画中の方(あるいは妊娠した可能性がある方)は、葉酸の摂取方法について医師へご相談ください。

・抗てんかん薬 てんかんの治療には、フェニトイン・バルプロ酸塩・カルバマゼピンどういった薬が用いられることがありますが、これが血中の葉酸値を下げてしまうケースがあります。

・スルファサラジン 潰瘍性大腸炎の時などに使われるケースが多い薬ですが、腸からの葉酸吸収を妨げる可能性があります。

・ピル 生理による痛みの緩和や周期安定の目的でも利用される経口避妊薬です。葉酸の腸管吸収を妨げる働きがあります。

・アスピリン 市販薬の中にも配合されていることが多い解熱鎮痛剤です。葉酸の活性化を阻害することで、効果を軽減させます。

・スルファサラジン リウマチや大腸炎の治療など幅広く使われる抗炎症薬です。腸管での葉酸の吸収を多少妨げますが、食事の見直しやサプリメントを併用することで葉酸不足を防ぐことができます。

・クロラムフェニコール 感染症に際して利用されることが多い抗生物質です。特に長期的に服用している方などでは、葉酸の造血作用が弱まり貧血症状が出るケースもあります。

・バルビツール 不眠症の方に処方されるケースがある睡眠薬です。葉酸が効果を発揮するために必要な酵素を抑制します。

・コレスチポル/コレスチラミン 血中コレステロールの低下に効果を持つ胆汁酸吸収剤です。葉酸のみならず、さまざまなビタミンの吸収を妨げることが知られています。

・ピリメタミン 葉酸の効果を発揮するための酵素の活動を妨げる抗マラリア薬です。マラリア感染するリスクのある土地へ頻繁に海外旅行されているような方は、注意が必要です。

・トリメトプリム 葉酸の働きを妨げ、その効果を低減させる合成抗菌薬です。

・メトトレキサート 自己免疫疾患やがんの治療で利用される薬です。メトトレキサートは、葉酸の摂取によって抗ガン作用が阻害される可能性があります。

アルコール

お酒をよく飲む方は葉酸が不足しがちの傾向があります。またよくお酒を飲み、口内炎ができやすい方は、葉酸不足が疑われます。食事やおつまみにできるだけ葉酸を多く含む食材を選び、それでも不足するようであればサプリメントの併用がベストです。

なお、妊婦さんに対するアルコール摂取については食品安全委員会からも注意が出されています。(*)それによると、妊娠中のアルコール摂取が、発育遅延や神経障害といった先天的異常につながる可能性が指摘されています。いわゆる「FAS」(胎児性アルコール症候群)と呼ばれるものですが、胎児の障害とアルコールの関係性はまだまだ不透明です。つまり、妊娠中のアルコール摂取はまだ明確な安全基準などがわかっていないと言うことですので、出来る限り控えることが望ましいと考えられます。

(*「お母さんになるあなたへ」食品安全委員会 https://www.fsc.go.jp/sonota/maternity/maternity.pdf)

タバコ

タバコはビタミンCを大量に破壊することで知られています。特にヘビースモーカーの方は、ビタミンC不足となり、葉酸の活性型変換があまり行われていない可能性も考えられます。妊娠中の場合には、出来る限りタバコを控えるようにして、葉酸とともにビタミンCを摂取することを心がけてください。

熱い飲み物

葉酸は熱に弱い性質を持っています。そのため、食べ物で摂取する際も、食材を冷蔵庫などの冷暗所で保存し、熱を加えない調理法で食べること推奨するケースもあるほどです。葉酸サプリメントを飲む際も、熱いお湯やお茶で飲むのは避けた方が良いでしょう。

まとめ

496763986

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

葉酸サプリメントを取り入れるならば、より効果的に摂取したいですね。今回ご紹介したように、より吸収をUPしてくれる栄養素がある一方で、働きを弱めてしまうものも存在します。また葉酸サプリメントを選ぶ際にも、「低温処理」で製造されたサプリメントを選ぶといいでしょう。配合される葉酸へのダメージが少ない製造方法として期待できるため、製品選びの1つの基準として頭に入れておきましょう。


関連記事


情報提供元:マイナビウーマン子育て

友だち追加 新着記事をお知らせします!

更新日:2017年2月23日

この記事に投票する

回答せずに結果を見る

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録