ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

興福寺五重塔と春日山原始林を臨む地にホテル「MIROKU 奈良」が9月オープン!

目次


ローカルの新しい魅力をシェアすることをコンセプトに「リビタ」が展開するライフスタイルホテル「THE SHARE HOTELS」が、9店舗目となる「MIROKU 奈良 by THE SHARE HOTELS」を、今年9月にオープン。オープンに先駆け、7月15日(木)より宿泊予約受付を開始している。

築31年のビルをリノベーション


奈良公園南端に位置する荒池の畔、ユネスコ世界遺産の興福寺五重塔と春日山原始林を臨む地に誕生する「MIROKU 奈良」は、築31年の地下1階・地上4階建てのビルをリノベーション。施設の名称は、奈良の美しい山麓や鹿を臨む場所「美(ミ)+鹿(ロク)、麓(ロク)」と、未来の世に人々を救済するとされる弥勒(ミロク)菩薩(ボサツ)に由来している。

客室は全7タイプ44室


客室はクイーンベッドルームから、ファミリーやグループ利用にも対応できる最大4名定員の部屋まで、全7タイプ44室を用意。


地上階は、芦沢啓治建築設計事務所がデザインした普遍的で洗練された和のインテリアに仕上げ、客室の窓からは興福寺五重塔や春日山原始林、若草山、荒池が臨める。


地下階は、Fumihiko Sano Studioが吉野杉の丸太を大胆に用い、ドライエリアには吉野の山肌を景色として再現した客室“The Roots of Nara”を設えている。

自動販売機やコインランドリーも併設


また、1階には、奈良市内のカフェ「くるみの木」がメニューを監修した「CAFE & BAR MIROKU TERRACE」や、


奈良の自然や近隣に生息する鹿を眺めることができる開放的なテラス、


地下1階には、Fumihiko Sano Studioがデザインした宿泊者専用の地下ラウンジがあり、自動販売機やコインランドリーも併設されるなど、共用スペースも充実。館内には、神仏や輪廻転生、多様性や自然環境との共生などを表現するコンテンポラリーアートも展示されている。

■MIROKU 奈良 by THE SHARE HOTELS
住所:奈良県奈良市高畑町1116-6 (近鉄奈良駅 徒歩10分)


/

この記事の著者

STRAIGHT PRESS

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る




michillの人気ランキング

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録