ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

井村屋が三重の清らかな水と良質な米を使用した清酒「福和蔵」のブランドサイトを開設

目次


井村屋グループ初となる清酒「福和蔵(ふくわぐら)」の専用ブランドサイトが、7月20日(火)にオープンした。

井村屋が手掛けた初の日本酒銘柄

「福和蔵」は、同社が手掛けた初の日本酒銘柄として、今年2月に発表。創業以来福寿円満なお酒を造り続けてきた福井酒造の“福”と、井村屋の創業者である井村和蔵の“和蔵”から「福和蔵」とネーミングされた。


また、海外の人にも「福和蔵」を知って味わってもらいたいという想いから、古き良き日本の文化“家紋”をモチーフに言語の壁を越えたシンボルマークを採用している。

三重の豊かな風土で育まれた素材を使用

三重県の豊かな風土が育む清らかな水と良質な米を使用し、“テロワール”に根差して造られた「福和蔵」。その魅力を多くの人に知ってもらうため、今回、専用ブランドサイトが開設された。

テロワールとは、ワイン用語として「土地(土、土壌、大地)の要素」「気候の要素」「人的要素」を総合したぶどう作り・ワイン造りの環境のことを指し、ワインの味を決める重要な要素とされている。

商品紹介のほかオンラインショップも

ブランドサイトでは、酒蔵コンセプトや商品紹介のほか、オンラインショップも開設。造りたてのお酒を購入できるので、この機会にチェックしてみて。


/

この記事の著者

STRAIGHT PRESS

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る




michillの人気ランキング

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録