ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

老舗酒造×料亭旅館の蒸し饅頭!城崎温泉に「老舗饅 なか江」がオープン

目次


一口サイズの味の宝石箱「老舗饅」を販売する「老舗饅 なか江」が、7月23日(金・祝)14:00より、兵庫県・城崎温泉にグランドオープンする。

老舗の伝統と格式を詰め込んだ饅頭


城崎温泉の風情豊かな柳通りに面した「老舗饅 なか江」。


同店で販売する「老舗饅」は、京の老舗認定・創業百五十有余年の「炭平旅館」と、御神酒の里・丹後の創業二百七十有余年の「永雄酒造」の伝統と格式が活かされた蒸し饅頭だ。

酒造技術で作る発酵あんこと酒粕を生かした風味、老舗料亭旅館の料理技術で豊かな味わいを詰め込んだ自信作となっている。

一口で奥深い豊かな味わいを楽しめる

同商品はすべてが一口サイズで、食べやすく軽やかながら、その一口に奥深い豊かな味わいをぎっしりと詰め込んでいるのが特徴。口に入れた瞬間から余韻まで、愛おしく豊かな味覚が広がる。

3つの味で「老舗饅」の魅力を堪能


「老舗饅」は1人前3個入り/540円(税込)で、蒸篭で蒸したてアツアツを店頭にて販売。


シュワッとあふれ出す五宝野菜の出汁、切れ味を含めた味の移ろいがまさに味の宝石箱を思わせる「五宝豚まん」と、ホロホロの肉厚な熟成肉から溢れ出す芳醇で力強い美味汁が楽しめる、メイン料理のような味わいの「特上豚まん」、そしてホクホクの紅はるかバターに発酵あんこが絶妙にマッチする、〆に相応しい「芋バター発酵あんまん」の3つがセットになっている。

3つの「老舗饅」で使う食材は10種以上。一口ずつ、三口の豊かな味わいを堪能できるのが嬉しい。

売り切れ次第終了

同商品は売り切れ次第終了。なお、「老舗饅 なか江」は土日祝のみの営業となる。

老舗の伝統と格式を一口サイズの蒸し饅に詰め込んだ「老舗饅」を、いち早く味わってみては。

■老舗饅 なか江
住所:兵庫県豊岡市城崎町湯島797 炭平別邸季ト時1階


/

この記事の著者

STRAIGHT PRESS

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る




michillの人気ランキング

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録