ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

大人のお洒落ネイル♡ブルー×ピンクでどんなデザインを楽しむ?

目次

ネイルアートに使われることの多い、ブルーとピンク。この2色を組み合わせると、色々なお洒落デザインを作ることができます。色の濃淡を調節したり、ピンクとブルーの配置を工夫したり…。様々なアレンジが考えられますよね。この記事では、大人女子の皆様におすすめのピンク×ブルーを使ったネイルデザインをご紹介します。

ピンク×ブルーのキャンドルネイル

 (577216)

Dolce.Nail (埼玉)

via itnail.jp

暑くなってくるこれからのシーズン、ネイルは涼しげなものにしたいところですよね。
そこでまずオススメするのが、ピンクとブルーを使ったキャンドルネイルです。
インテリアに用いられるキャンドルのようにいくつものグラデーションが折り重なったデザインは、幻想的で独特の美しさがあります。

ピンクからブルーに変化するようなグラデーションにしたり、ピンクとブルーが交互になるようにしたり…。グリーンやイエローを3色目に組み合わせても素敵です。
ベースをクリアにすれば、これからの季節にふさわしい涼しげなデザインに仕上がりますよ!

 (577218)

Dolce.Nail (埼玉)

via itnail.jp

セルフでも簡単!ピンク×ブルーの塗りかけネイル

 (577220)

Dolce.Nail (埼玉)

via itnail.jp

次にご紹介するのは、ピンクとブルーを使った塗りかけネイルです。
爪先にピンクとブルーそれぞれの色をバランスよくランダムに塗っていくという簡単デザインですが、とてもお洒落に仕上がります。

ブルーを基調とした塗りかけネイルにピンクを差し色として使ったり、その反対の色づかいにしたり…。仕上げにラメや金箔、ホログラムをプラスするのもいいですね。
塗りかけネイルというと爪先にカラーリングしたデザインをイメージしがちですが、爪の中心部や根元部分に色を乗せるのもおすすめです。

塗りかけネイルは技術よりもセンスが求められるデザイン。塗りムラやラインの歪みを気にする必要がないため、セルフネイル初心者でも失敗することはまずありません。
セルフネイルをする方は、次のデザインをピンク×ブルーの塗りかけネイルにしてみてはいかがでしょうか。

 (577222)

Dolce.Nail (埼玉)

via itnail.jp

濃いブルーを差し色に使うのもおすすめ

 (577224)

coconail (愛知・半田)

via itnail.jp

ピンクとブルーは、ピンクを淡い色に、ブルーを濃い色にするのもおすすめです。

例えば、全体的に淡いピンクでカラーリングして、どこか1本だけを濃いブルーでカラーリングするというのはいかがでしょうか。
トーンの異なる色を組み合わせることで、お洒落度高めなネイルになります。

爪先0.5~1ミリくらいを濃いブルーでカラーリングしてスキニーフレンチデザインにしたり、ベースカラーをピンクで塗った上に濃いブルーで細い縦ラインをひいたり…。
色々なデザインが考えられますよね。

相性の良いピンク×ブルーのネイル。
あなたも是非トライしてみてくださいね。


Itnail編集部


関連記事


/

この記事の著者

Itnail

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る




michillの人気ランキング

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録