廃材をアート素材として提供!ボッシュが子どもたちの創作活動、教育機会を支援

更新日:2021年8月3日 / 公開日:2021年8月3日


ボッシュは、8月2日(月)にオープンした「渋谷区神南ネウボラ子育て支援センター(通称:coしぶや)」内のアトリエに、日本のボッシュ・グループの製造現場で発生する廃材を提供。廃材を使った子どもたちの創作活動および教育機会を支援する。

新しい地域子育て支援の場「coしぶや」

「coしぶや」は、こどもたちが創作活動を深めるアトリエや、子育てひろば、コミュニティカフェなどを構え、新しい地域子育て支援の場としての役割が期待されている。


ボッシュは「coしぶや」内2階のアトリエにおいて、子どもたちが遊び・学びながら廃材を使った創作活動に取り組むというコンセプトに賛同し、製造現場から生じるアルミ角材や緩衝材などの廃材を、アート素材として提供。なお、子どもたちの安全性を最優先し、危害を与える恐れのない素材のみの提供とし、必要に応じて加工後に提供する場合もある。

サステイナブルな社会実現への取り組み

ボッシュの代表取締役社長クラウス・メーダー氏は、「サステイナブルな社会の実現において、クライメートニュートラルはグローバルで取り組まなければならない喫緊の課題であり、余剰資材の削減やリサイクルも重要な取り組みの一部です。子どもたちが創造性を育みながら、捨てられてしまう不要なものが価値あるものに変わる可能性があることを学ぶことのできるアトリエを支援できることを、大変嬉しく思います。」と述べている。

地域のニーズに即した社会貢献活動を実施

ボッシュは、2017年に渋谷区と相互協力のもと地域社会の課題解決に取り組む包括連携協定「シブヤ・ソーシャル・アクションパートナー協定(S-SAP協定)」を締結。以来、ボッシュの電動工具を活用した落書きを消す活動や渋谷に縁のあるゲストを迎えてのイベントの実施を含め、地域のニーズに即した社会貢献活動を継続して実施している。

今回のアトリエへの支援も、渋谷区に拠点を置く企業としてその理念に共感し、実現したものだ。

ボッシュ・グループでは、経済的、 環境的、 社会的に責任ある行動を通じて人々の生活の質向上に貢献し、現在と将来の世代が繁栄できる環境を確保したいと考えているという。また、企業の社会的責任として、次世代を担う子どもたちや若者の教育にも注力している。

■coしぶや
住所:東京都渋谷区宇田川町5-6 2階・3階



この記事の著者

ログイン・無料会員登録