道ばたの雑草の美味しい食べ方がわかる!『食べられる草ハンドブック』が発売

更新日:2021年8月4日 / 公開日:2021年8月4日


自由国民社から、森 昭彦(もり・あきひこ)氏・著『食べられる草ハンドブック』が、8月2日(月)より発売中だ。

食べられる野草160種以上を紹介

道ばたに生えている雑草は、正しく採集・調理をすれば美味しく食べられるものも多いという。


今回発売の『食べられる草ハンドブック』1,540円(税込)は、食べられる野草160種以上を紹介する書籍。

雑草を見分けるために知っておきたい特徴や適した調理法等、カラー写真でわかりやすく解説し、特に美味しい雑草には“イチオシ”マークもついている。

ハンディサイズで持ち運びも便利

また、同書は手のひらにおさまるハンディサイズで、アウトドアや散歩、夏の自由研究の際に持ち運びしやすいのも嬉しいポイントだ。

著者は、サイエンス・ジャーナリスト、自然写真家の森 昭彦氏。生態系の調査研究活動のほか国内外の植物民俗学研究・執筆に従事し、主な著書に『身近な雑草たちの奇跡』『うまい雑草、ヤバイ野草』などがある。

普段は見逃してしまう“雑草”に目を向けるきっかけになりそうな『食べられる草ハンドブック』を、この機会に読んでみては。



この記事の著者

ログイン・無料会員登録