アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

アートといきものたちが融合!10月29日、新感覚水族館「átoa」が神戸に誕生

/

目次


10月29日(金)、兵庫県神戸市の神戸・新港突堤西地区に都市型アクアリウム「átoa(アトア)」が誕生する。

デジタルアートや舞台芸術を駆使した水族館

「átoa」は、Aquariumu(水族館) to(と) Art(アート)が掛け合わさった造語で、デジタルアートや舞台芸術を駆使したアート空間の中に約100種類3,000点ものいきものたちが共存する新感覚の水族館。


同施設は神戸ポートミュージアム内にある。神戸の地は、100万年前以上に大地の隆起と水の浸食により形成されたと言われており、その成り立ちを体現したアート作品のような外観となっている。

館内は8つのゾーン分かれており、各ゾーンのテーマに沿った展示と空間演出がなされている。2階の「CAVE-はじまりの洞窟」は、鏡面加工された壁面と床面に魚群型の照明が乱反射し、万華鏡の洞窟を歩いているよう。


海中世界を体現した「MARIN NOTE-生命のゆらぎ」。空間全体を覆うウェーブ照明と潮の香が漂う香りの演出、海のいきものの展示により、海中を浮遊しているような感覚を楽しめる。


霧が立ち込める樹海の森、おとぎ話のような世界が広がる「EREMENTS-精霊の森」。は虫類のほか水族館では珍しいウッドチャックなどの可愛いいきものと出会える。

“劇場型アクアリウム”を存分に楽しめるゾーン


3階には“劇場型アクアリウム”を存分に楽しめる2つのゾーンがある。「MIYABI」は日本の風光明媚な和の世界を表現。切り絵作家・酒井敦美氏による光の切り絵のショーも楽しめる。


もうひとつの「PLANETS」は宇宙空間や深海の世界を体現。中央には直径3メートル・日本最大級の球体水槽「AQUA TERRA」があり、光、レーザー、ミストの演出により空間全体が無数の星と光のベールに包まれる。

屋外展示やカフェ、ミュージアムショップも

屋外展示となる4階には、可愛い海獣類たちと出会える「SKYSHORE 空辺の庭」や併設されている「アトアカフェ」が。展望デッキ「ROOF TOP」からは神戸ベイエリアの絶景が楽しめる。なお、1階にはミュージアムショップがある。

同館では、密を避けゆったり展示を楽しめるよう、日時指定入場制を採用している。チケットの販売は入場日の1月前からとなっている。詳細は「átoa」公式ホームページで確認を。

気になる人は、新感覚水族館「átoa」をチェックしてみて。

■átoa
住所:兵庫県神戸市中央区新港町7番2号



この記事の著者

STRAIGHT PRESS

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る

人気ランキング

新着

カテゴリ

公式アカウント

ログイン・無料会員登録