足の臭いを軽減させる機能性靴下ブランド「ウィンドスカーフ」がQoo10 JPにオープン


「ウィンドスカーフ」は、足の臭いを軽減させる機能性靴下で有名な韓国ブランド。消臭機能性原糸を使用した原糸レシピを開発し、足の臭いの軽減に優れた製品を生産·販売するブランドで、今年1月に日本に商標登録を終え、8月にQoo10 JPにオープンした。

足の臭いを軽減させる機能性靴下

機能性靴下は一般的にスポーツ靴下として製作され、普段着と一緒に履きにくかったが、「ウィンドスカーフ」の足の臭いを軽減させる靴下は、普通の靴下と変わらない無難なデザインで、足の汗と臭いを管理することができる。

「ウィンドスカーフ」の足の臭い軽減機能は、公認機関の消臭機能テストで証明されている。消臭機能テストとは、生活悪臭に対する軽減機能を確認する過程で、製品にアンモニア及び酢酸ガスを3L注入した後、2時間後に測定する方法で行われており、ウィンドスカーフの製品は2時間後に悪臭が99.9%減少したことが確認できた。

消費者の選択の幅を広げた多様な製品展開

従来の一般的な成人用靴下は女性用、男性用2サイズを販売していたが、「ウィンドスカーフ」の靴下はS(23~24.5cm)、M(25~27.5cm)、L(28~30cm)3サイズで、消費者の選択の幅を広げて良い反応を得ている。

靴下の種類は、クルーソックス、アンクルソックス、クッションアンクルソックス、クッションクルーソックスなどがあり、多様な製品を販売中だ。

アンクルソックスの場合、着用時の脱げに敏感だが、「ウィンドスカーフ」のアンクルソックスはかかと部分にウィンドスカーフロゴ模様のシリコンと編みノウハウで脱げを最小化にしている。

またシリコンも公認機関のテストを通じて有機スズ化合物のような有害物質の未検出が証明され、安全に使用可能だ。

「ウィンドスカーフ」はラッシュガードなど水上レジャースポーツウェアのOEMを行うブランドだったが、機能性ウェアに使われる原糸からアイデアを得て足の臭いを減らす機能性靴下を開発するようになった。原糸に銀(silver)成分を追加することで消臭作用を可能にし、これを靴下に適用することで足の臭い軽減靴下として多くの人々に愛されている。

Qoo10 JPにて販売中なので、気になる人はチェックしてみて。



更新日:2021年9月3日 / 公開日:2021年9月3日

この記事の著者

ログイン・無料会員登録