アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

二人目出産!学資保険に加入する前に確認しておきたいことは?

目次

二人目の場合、学資保険に加入する人はどれくらいいるのでしょうか。メリットだけを考えれば加入するに越したことはありません。しかし、金銭的な負担が増えるため、必ずも加入しておいた方がいいとは言えないのです。二人目の学資保険のメリットやデメリットをしっかり把握してから、検討しましょう。

二人目に学資保険、必要?

493190065

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

初めての子どもが生まれた場合、学資保険を気にする人は多いのですが、二人目の時には学資保険に加入していない家庭も少なくありません。しかし、それも無理はないのです。学資保険の毎月の保険料は、一般的に1万円~1万5千円ほどです。二人目も学資保険に加入するとなると、負担は更に倍増します。今回は二人目の学資保険の必要性について紹介します。

一人目の子供の場合、学資保険に加入している人は多いでしょう。しかし、メリットは多くあっても月払保険料の負担は倍増するという最大のデメリットがあります。そのため、加入したくても不安定な家計の中で支払い続けられるか不安で加入出来ない人が多いのです。

二人目の子供、学資保険は必要なの?

月払保険料が倍になっても、家計に余裕がある家庭であれば加入しておいて損はありません。むしろ、加入しておくことで将来的な安心を得られるので積極的に加入しましょう。しかし、二人目も加入しておくことで金銭的な負担と精神的な負担がやってきます。例えば、転職などで収入が減ったとしても、一人分の学資保険料であればなんとか出来る可能性は高いのですが、二人分となると支払えなくなる確率の方が高くなります。そのため、一人分はともかく、二人目の学資保険を無理に加入する必要ないのではないでしょうか。

学資保険に入る時、やっておきたいこと

546020327

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

二人目が生まれた時、学資保険に加入する前にやっておきたいことがあります。それは、保険の見直しです。子どもの将来のためには、学資保険に加入するのは良いことです。しかし、給料が変わらない、もしくは下がってしまった状態で加入してしまうと負担だけが大きくなるので気をつけましょう。逆に給料がアップしていて、今後も下がる見込みがない場合は加入してもいいかもしれませんね。

学資保険は加入した後に、解約をしてしまうと全額戻って来ないこともあります。逆に余裕が出来てきたけど、子どもの年齢によっては加入が出来なくなっている場合もあるので注意が必要です。そのため、二人目の学資保険を検討している場合、一人目の学資保険費用だけではなく、住宅ローン、車のローンなど毎月の支払総額を出してから、余裕があるかどうかで決めることをおすすめします。

二人目におすすめの学資保険

481738255

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

二人目の学資保険を検討している人向けに、人気の会社をまとめてみました。一人目と同じ会社でも問題はありませんが、別の会社の学資保険に加入して違いを見てみるのもいいかもしれません。

各社学資保険を紹介

86293323

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

■アフラック

アフラックの「夢みるこどもの学資保険」は、大学進学をメインに考えた商品です。商品の中には、比較的教育費が少ない10歳までに払込が満了して、高い戻り率で返戻金を受け取ることが出来ます。条件が合えば、出生140日前から加入出来るので、早く加入出来れば支払額の負担も軽減出来ます。

●アフラック「アフラックの夢みるこどもの学資保険」 http://www.aflac.co.jp/education/gakushi/

■ソニー生命保険

ソニー生命保険の「学資保険」は貯蓄機能に特化した商品です。医療保障や死亡保障を削ることによって、高い返戻率を誇り、多くの加入者がいることでも有名です。シンプルな保障内容で分かりやすく、大企業ならではの財務の安定性が人気の秘訣とも言えます。ちなみに返戻率は109.1%~113.7%という驚異的な数字を誇ります。余計な保障は必要なく、貯蓄に特化したタイプがいいのであれば、おすすめです。

●ソニー生命保険「学資金準備スクエア」 http://www.sonylife.co.jp/gakushi/

■フコク生命

フコク生命の「みらいのつばさ」は、学資菌の受取時期により、2種類の保障プランを選べる「兄弟割引」があります。二人目の学資保険ということで、兄弟割引があることによって、二人目も加入しやすい会社です。戻り率も比較的高い方なのでおすすめです。

●フコク生命「みらいのつばさ」 http://www.fukoku-life.co.jp/plan/lineup/insurance/child/tsubasa/index.html

■かんぽ生命

かんぽ生命の学資保険「はじめのかんぽ」は返戻率が95.2%~95.7%と、やや他の学資保険と比べると低めですが、3つのコースが用意されていて、自分たちに合うコースを選べるのが特徴です。支払い回数も月払だけではなく、3カ月払い、半年払、年払、全期全納払があり、無理なく支払いが出来ます。特約で医療保険をつけることも出来るので、ちょっとした保険を……という人にはおすすめ出来ます。

●かんぽ生命「学資保険 はじめのかんぽ」 http://www.jp-life.japanpost.jp/products/lineup/gaksi/prd_lu_gks_index.html

〈参考〉

・収入保障保険 各会社によって多少の差が出てくる保険です。加入している人は少ないと思われますが、余裕があれば万が一に備えて加入しておくとよいでしょう。学資保険と同じ会社に商品があれば、一緒に加入しておくと分かりやすいかもしれませんね。

まとめ

保険は各会社によってメリットが異なってくるため、どの保険に加入すればいいか分からずに悩む人も多いようです。二人目の学資保険で選ぶのであれば、兄弟割引がある商品の方が、少しでも負担を軽減出来るのではないでしょうか。色々な会社の学資保険を見比べて、二人目で加入するのに適したものを選んでください。


関連記事


/

この記事の著者

マイナビウーマン子育て

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る

michillの人気ランキング

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録