【伝説の名店】沖縄そば専門店なかむら屋のフーチバーソバは神域レベルで良き! よもぎそば神話

更新日:2022年9月23日 / 公開日:2022年9月23日

見ためは完全に屋台! 2021年7月末まで安里駅前で営業を続けていた伝説の沖縄そば専門店が、地域住民に惜しまれつつ閉店しました。その後、旭橋駅から徒歩5分ほどの場所に復活。多くの沖縄そばマニアが歓喜しています。その店の名は「なかむら屋」(現住所: 沖縄県那覇市辻2-28-3)。

・このお店だけ時代が違う雰囲気

記事の写真は安里駅前にあった頃のものです。お店は小屋なのか、プレハブなのか、バラックなのか、それとも屋台なのか。このお店だけ時代が違う雰囲気を醸しています。

・黙々と沖縄そばをすする

ここから生み出される沖縄そばは「唯一無二」と評判で、老若男女、地域住民に愛され続けています。学校帰りの子どもたちからオッサン、おねーさんまで、皆がカウンターに座って黙々と沖縄そばをすすります。ズビズバーッ!!

・この店で食べるならフーチバーソバ!!

スッキリとしていてゴクゴク飲めるクリアテイストの汁は、沖縄そばの麺にバッチリ。程よく硬さが残されている麺が心地良い食感。……ですが、ここで食べる沖縄そばは、いつもフーチバーソバと決めています! よもぎそばのことです。

・あまりにもよもぎが多すぎる

新鮮なよもぎがガッツリと盛られているのですが、あまりにもよもぎが多すぎるので、麺が見えません。大量のよもぎの上にのせられた紅生姜が色的にビビッドすぎて目がチカチカします(笑)。

・よもぎエキスが汁の旨味と融合

このよもぎがね、素晴らしい苦味を汁に流し込むんですよ。よもぎを食べればジワジワ溢れる苦味。そして汁に流れ込んだよもぎエキスが汁の旨味とあわさって、不思議な「ニガウマイ」を生み出すのです。これ、クセになりますよ。旨味と苦味の最強融合。

・よもぎと沖縄そばのシンクロ率高すぎ

実は麺にもよもぎが練り込んであるので、どこから食べても、どれを食べても、旨味と苦味の最強融合を楽しめます。沖縄では定番のフーチバーソバですが、よもぎと沖縄そばのシンクロ率でいえば「なかむら屋」を越える店はそうそうないんじゃあないかな。

もっと詳しく読む: 【伝説の名店】沖縄そば専門店なかむら屋のフーチバーソバは神域レベルで良き! よもぎは伝説から神話へ(Photrip フォトリップ) https://photrip-guide.com/2021/09/04/okinawa-soba-nakamuraya/



この記事の著者

ログイン・無料会員登録