「CHISO-馳走-」が、新鮮な野菜・果物を瞬間冷凍した“スムージーベース”を販売

更新日:2021年9月7日 / 公開日:2021年9月7日


D2Cブランド「CHISO-馳走-」から、九州の有機栽培や無農薬/減農薬で育てた野菜・果物を、新鮮な状態で瞬間冷凍したスムージーベースが登場。9月5日(日)より、ECサイト限定で販売中だ。

“食”を通し未来を紡ぐ

フードテックスタートアップの「すりあし」によるD2Cブランド「CHISO-馳走-」では、“食”を通し未来を紡ぐ新しいライフスタイルを提案。

コンセプトは、“AWAKEN OUR FUTURES -未来を呼び覚ます”だ。

農家を訪問してダイレクトトレード

「CHISO-馳走- SMOOTHIE」では、九州の農家が有機栽培や無農薬/減農薬で育てた野菜・果物を新鮮な状態で瞬間冷凍。


無添加、無加糖、無着色は当たり前に、簡単に自宅でスムージーが作れるようにオリジナルの配合で一つ一つパッケージしている。


野菜や果物は、「CHISO-馳走-」自ら農家を訪問してダイレクトトレード。畑を見ながら話を聞き、その場で味を確認しており、一般の流通に載らない手に入りにくいものばかりを使用している。

干し柿で甘みとコクをプラス

商品は、シグネチャーモデル「THE ONE」と、シーズナルモデルの「NINJIN」をセットにした、「スムージー4個セット【定期便】」¥4,180(税込)と、「スムージー8個セット【定期便】」¥7,920(税込)。


「THE ONE」は、厳選した6種類の野菜と果物をたっぷりと使ったグリーンスムージーで、ケール、りんご、干し柿、いちご、レモン、イタリアンパセリを使用している。

味はフルーティーで爽やかに仕上げ、干し柿で甘みとコクを出した。

ほどよい酸味と自然な甘さのバランスが絶妙


「NINJIN」は、厳選した5種類の野菜と果物をたっぷりと使ったキャロットスムージー。


採れたて葉つき人参とプラム、超希少国産バナナ、こだわり完熟ミニトマトをすべて皮ごと贅沢に使用した。

ほどよい酸味と自然な甘さのバランスが絶妙で、人参が苦手な人にも飲みやすくさっぱりした味わいが特徴だ。


「CHISO-馳走- SMOOTHIE」を飲んで健康になるだけでなく、農家のリアルを知って、“食”を通し未来を紡ぐ一歩を踏みだしてみては。



この記事の著者

ログイン・無料会員登録