【まさかそんな…!!】義母の友だちに粗茶を出したら…十分あり得る怖い話『姑とヨメのツッコミ上等!』

更新日:2021年9月10日 / 公開日:2021年9月10日

同じ敷地内に住むお姑さん。その距離、徒歩5秒。呼び名は「ボス」! 軽やかで自然体な嫁姑関係を描くコミックエッセイが、「ステキ!」「ボス、好き~」とInstagramでも人気の多喜ゆいさん。今回は歳を重ねたボスの、人付き合いの変化についてのお話です。

<<連載『姑とヨメのツッコミ上等!』を最初から読む>>

ゆいさんがボスのババ友にお茶を出そうとしたら……

今回は、なるほど感がスゴイ!!

私たち子育て世代では、ママ友や兄弟など同い年くらいの子どもがいるご家庭に手土産を選ぶとき、お子さんのアレルギーで食べられないものや、嫌いなものを避けるのが鉄則ですが、その考えがシルバー世代にもあっただなんて! 勉強になるわ~~(一瞬でも、ボスがケチだと思って、ごめんなさい)。

ババ友ができたら、気をつけよっと!

次回の更新は9/17(金)の予定です。お楽しみに♪

(漫画:多喜ゆい/文:マイナビ子育て編集部)

<<連載『姑とヨメのツッコミ上等!』を最初から読む>>

多喜ゆいさんのプロフィール

神戸育ち。結婚して、奈良の田舎にある夫の実家の土地で暮らすことに。 中高生の娘姉妹2人と夫に加え、敷地内で姑とも同居しているイラストレーター。 HP 「多喜ゆいillustrations」 Instagram @takiyui


関連記事



この記事の著者

ログイン・無料会員登録