ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

聴覚障害がある人とマスクをしたままコミュニケーションを!「透明マスク」発売

目次


横浜市戸塚区にある「こまちカフェ」を運営するこまちぷらすが、聴覚障害がある人とマスクをしたままコミュニケーションをとれる「透明マスク」の販売を開始した。

マスクをしたままコミュニケーションを図る

聴覚障害がある人は相手の口の動きを読んでコミュニケーションを図るため、コミュニケーションがとりにくなってしまうのがマスクのデメリット。

こまちぷらすには、聴覚障害があるスタッフが在籍しており、朝礼や業務連絡をする際にマスクを装着したままコミュニケーションを図れるようにしたいという願いと、加えて、同じ空間での雑談も共に楽しめたらというスタッフの想いがあった。


また、「こまちカフェ」には聴覚障害がある人も来店することがあるため、マスクを装着したままでも円滑にコミュニケーションが図れるように「透明マスク」を開発することとなった。

開発したのはハンドメイド作家さんたち

開発したのは、「こまちカフェ」で手づくりの雑貨を製作しているハンドメイド作家さんたち。

2021年7月にスタッフから製作を呼びかけたところ、わずか2週間後には試作品が届けられたという。

透明マスク購入希望者が続出

その後、実際にスタッフが着用して、透明部分の曇り具合や装着時の不快感の有無等の使い心地を確認。改良を繰り返し、使いやすさはもちろん、装着することが楽しくなりそうな柄の縁取りの透明マスクが少しずつ揃ってくると、透明マスクの購入を希望する人が続出した。

オンラインショップより購入可能

そこで、透明マスクを必要としている人が多いことを改めて感じ、今回本格的に販売をスタートすることに。「透明マスク」は、こまちカフェ及び「こまちカフェ」オンラインショップより購入可能だ。

数量が限られているので、欲しい人は早めにGETしよう!


/

この記事の著者

STRAIGHT PRESS

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る




michillの人気ランキング

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録