アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

山陽染工が革新的なウォバッシュシャツを開発しクラウドファンディングに挑戦

/

目次


抜染(ばっせん)技術を得意とする地方染工場の山陽染工は、自身が運営するブランド「BASSEN WORKS」から「なみだ柄ウォバッシュシャツ」を発売し、10月8日(金)12時~31日(日)の期間にCAMPFIREにてクラウドファンディングを開始する。

段落ち抜染加工で涙の柄のシャツを開発

山陽染工は、得意の「段落ち抜染加工」で涙の柄を描いたウォバッシュシャツを開発。

大正14年の創業当初より「抜染加工」を得意としてきた同社。近年はグラデーションを付けて抜染を行う「段落ち抜染」を独自開発して、大量生産を可能にした。また、この技術を用いたブランド「BASSEN WORKS」を立ち上げ、オリジナリティあふれる商品展開を行っている。


今回その技術を使ってアメカジの抜染定番柄、小さな水玉でストライプを描く「ウォバッシュ」柄にチャレンジ。


単なるウォバッシュではなく、綺麗なグラデーションを付けてこぼれ落ちる涙をイメージした、


2種類の「なみだウォバッシュ」を表現することに成功した。


この生地で今回は2種類の型でシャツを用意。型は、着心地重視の「オーバーサイズシャツ」と、


伝統的なシルエットの「ウエスタンシャツ」だ。


どちらもユニセックスで着用できる。

サスティナブル&地域活性化に貢献


この度の洗い加工では、化学薬品ではなく室戸海洋深層水を使ったオーガニックな洗い加工を採用。サステナブルなものづくりにもチャレンジしている。また、製織、染色、縫製、洗い加工などのものづくりは、すべてデニムの産地である地元福山市内の事業者にて行い、コロナ禍で繊維業の多くが売上減に苦しむ中、少しでも地元繊維業を盛り上げたいとの想いも込めているという。


S・M・L・XLの4サイズで、サイズ選びが不安な人は、同社が運営する地元ものづくりセレクトショップ「FUKUYAMA MONO SHOP」にて試着することも可能。

クラウドファンディングでは、定価24,000円のところ先着で20%offの19,200円、10%offの21,600円に。2点セット25%offの36,000円のコースもあるので、興味のある人はお早めに。

アメカジ×日本の伝統技術「和バッシュ」ともいえる柄シャツを楽しんでみては。

■FUKUYAMA MONO SHOP
住所:広島県福山市元町1-1天満屋福山店5F



この記事の著者

STRAIGHT PRESS

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る

人気ランキング

新着

カテゴリ

公式アカウント

ログイン・無料会員登録