『JANTJE_ONTEMBAAR』と福助による最新レッグウエアが発売中


福助は、タレントの香取慎吾氏とスタイリストの祐真朋樹氏がディレクターをつとめるPERMANENT POP-UP SHOP『ヤンチェ_オンテンバール(JANTJE_ONTEMBAAR)』の靴下やタイツの開発、製造を共同で行ったと発表した。

履き心地にもこだわったラインナップ

『ヤンチェ_オンテンバール』のロゴをあしらった靴下やタイツなど、デザインだけでなく履き心地にもこだわったラインナップとなっており、10月31日(日)より『ヤンチェ_オンテンバール』限定で販売を開始している。

ユニークなコラボアイコンも

ブランドキャラクターの「J_Oくん」と福助のコラボアイコンが入ったパッケージは、ユニークで魅力あふれるデザインとなっている。


柔らかな風合いの無撚糸を使用した流行に左右されない「ワンポイントリブソックス」2,420円(税込)は、リブの太さや丈の長さにまでこだわった一品。

サイドに入った同ブランドのロゴ刺繍がアクセント。足底部はパイル編みでクッション性を高めた。

同アイテムはメンズサイズ(26~28cm)、レディースサイズ(23~25cm)ともに、ホワイト・ブラックの色展開。


「ワンポイントタイツ」2,750円(税込)は、同ブランドのロゴを左足首に刺繍した50デニールタイツ。カジュアルにもエレガントにも履きこなせる。


サイズは、M~Lで色はブラックのみ。日本のラッキーゴッドとしても知られる福助の顔が「J_Oくん」になっているパッケージ入り。

名前は“やんちゃ坊主”と“おてんば娘”の語源から

『ヤンチェ_オンテンバール』は、2018年8月、二人のディレクター、香取慎吾氏・祐真朋樹氏によりスタート。

JANTJE(ヤンチェ)は“やんちゃ坊主”、ONTEMBAAR(オンテンバール)は“おてんば娘”の語源となったオランダ語。いつまでも遊び心を忘れないという思いから生まれた。

今まで見たことのない PPP SHOP(PERMANENT POP-UP SHOP:いつもワクワク弾けているショップ)というコンセプトから誕生した同店。セレクトショップでもない、ブランドでもない、“常に何かが進化している場所”にしたいという。

『ヤンチェ_オンテンバール』限定で発売される福助とのレッグウエアをチェックしてみて。

■ヤンチェ_オンテンバール
住所:東京都千代田区丸の内3-4-1新国際ビル1階


更新日:2021年11月1日 / 公開日:2021年11月1日

この記事の著者

ログイン・無料会員登録