アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

梅雨目前! 洗濯物の干し方と洗濯に使うおすすめ品

目次

 

整理収納アドバイサーの須藤昌子です。

6月も、もう目前。
沖縄ではすでに梅雨入りしたというニュースも聞こえてきました。

梅雨の時期に悩ましいのは、洗濯物の事。


なかなか乾かないですし、部屋干しすると、お部屋が湿気っぽくなる。早く乾かないと、生乾きのにおいが気になる。

そんな時には、干し方を工夫するだけで、少しでも早く洗濯物を乾かす方法を知っていると便利です。

 

早く洗濯物を乾かすための干し方


① 両サイドに長いものを干す


洗濯用ピンチ付きのハンガーの両脇に長めのものを干して、中側へ向かうに従って短いものを干すことで、空気の流れができて乾きやすくなります。

 

② 両サイドに厚手ものを干す


厚手の物は、ピンチハンガーの外側に干すことで、風が当たり乾きやすくなります。

こんな工夫をするだけで、乾きやすさが違ってきます!

 

③ ハンガーを使い分ける


このハンガーは、肩の部分が伸縮するので、衣類の脇の部分の布の重なりがなくなり、洗濯ものの乾きがよくなります。

↓肩の部分を伸ばした時は、こんな風になります。


 


↑こちらは、肩部分を伸ばせないハンガーを使って干した場合。

 


↑こちらは、肩部分の伸縮性があるハンガーを使った場合。

これだけで、乾き方が変わってきますので、おすすめのアイテムです。

 

④ パンツ類は、丸く広げて干す


ピンチ付きハンガーを使って、重ねる部分を広げることで、風が通って、乾きやすくなります。

 

⑤ フード付きは持ち上げて干す


フード付きの衣類は、フード部分と背中の部分が重なって、乾きにくいもの。

ですから、物干しなどに引っ掛けて、重なりをなくすことで、乾きやすくなります。ピンチハンガーなどを使う場合は、フードが下になるように干してあげることで、同じ効果を得ることがでいます。


少しの手間と工夫で、洗濯ものが早く乾くと、気持ちよいですね。

お部屋の中に濡れた洗濯物があることでも、お部屋が湿気を帯びて、カビの原因になることもありますので、できるだけ早く乾かす工夫をすることをお勧めします。

 

 


関連記事


/

この記事の著者

BIGLOBE Beauty

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る

michillの人気ランキング

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録