オーバーサイズが今っぽい!大人可愛い♡GU「2WAYボアアウター」であったかコーデ

更新日:2021年11月28日 / 公開日:2021年11月28日

寒い時季に着たい最強のアウターをGUで発見!「オーバーサイズ2WAYボアブルゾン」は今っぽいオーバーサイズシルエットで、着るだけでサマ見えします。さらに秋冬らしい素材を表と裏でそれぞれ着られるから着まわし自在!今回は女性らしいスカートコーデを程よくラフにするコーデをご提案します。早速詳細をチェック♪

オーバーサイズが今っぽ♡あったか可愛くて着まわし自在なGU「2WAYボアアウター」をチェック

寒い時季にうれしい最強アウターをGUで発見!「オーバーサイズ2WAYボアブルゾン」は今っぽいオーバーサイズシルエットで、着るだけでコーデの鮮度を上げてくれます。

さらに表と裏で素材が違うリバーシブル仕様。秋冬らしいボアとキルティング素材が1枚で楽しめます。着まわし自在で高コスパなのはありがたい♡

今回はボア素材の方を、女性らしいスカートコーデにON。モノトーンで洗練された印象を程よくラフにしてくれます。ここからはコーデに使用した各アイテムをチェック!

オーバーサイズ2WAYボアブルゾン

商品名:オーバーサイズ2WAYボアブルゾン
価格:¥3,990(税込)
カラー:09 BLACK/30 NATURAL(写真)/56 OLIVE

表はボア、裏はキルティング素材のリバーシブル仕様デザイン。秋冬らしさを盛り込んだ1枚はその日の気分やコーデに合わせて着こなしが選べます。

ゆったりとしたオーバーサイズデザインで今っぽさも演出。中に厚手のトップスを合わせても窮屈さがありません。

ボトムスにはタイトなものを合わせると◎対比で上半身が華奢に見え着痩せして見えます。

スウェットライクハイネックセーター

商品名:スウェットライクハイネックセーター(長袖)
価格:¥1,990(税込)
カラー:01 OFF WHITE/09 BLACK(写真)/10 PINK(淡いピンク)/12 PINK(くすみピンク)/31 BEIGE/55 GREEN/57 OLIVE/63 BLUE

ニットでありながらスウェットのようにラクに着られるセーター。やわらかい着心地はそのままに、毛玉ができにくいのはありがたい♡

程よい高さのハイネックデザインは首を長く見せ、体のラインを拾わないコンパクトなシルエットは着膨れする心配がありません。女性らしいパフスリーブはカジュアルにもキレイめにも着られます。

シックな色合いから春先にぴったりな淡い色合いまで、豊富なカラー展開も魅力。イロチ買いしたくなる1枚です。

チェックナローミディスカート

商品名:チェックナローミディスカート
価格:¥1,990(税込)
カラー:09 BLACK(写真)/31 BEIGE

グランチェック柄のスカートははくだけで冬らしさを先取♪起毛素材を採用しているから寒い日でも安心してはけます。

ラップ風のデザインも注目ポイント。裾スリットが足さばきをよくして程よい抜け感を演出します。

後ろウエストがゴム仕様だから脱ぎはきがラク♡トップスINもしやすいですよ。

ウルトラストレッチヒールブーツ

商品名:ウルトラストレッチヒールブーツ
価格:¥2,990(税込)
カラー:01 OFF WHITE(写真)/09 BLACK/32 BEIGE/88 88(黒のスエード調)

優れたストレッチ性素材が足首にキレイにフィット♡はくだけで美しいシルエットを生み出し、足元を上品に演出します。

トレンド感のあるスクエアトゥデザインがマニッシュさをプラス。フェミニンなスカートコーデにスパイスを効かせます。

美姿勢をサポートするアーチ構造や、快適なはき心地もうれしいポイント。さらに抗菌防臭機能も付いていてありがたい♡ホワイトカラーには雨の日も安心な撥水機能も付いています。

今回は着まわし自在のGU「2WAYボアアウター」を中心にしたコーデをご紹介しました。ふわっとしたボア素材は可愛らしく、洗練されたコーデを程よくマイルドに仕上げてくれます。

1枚で秋冬らしい素材を二つとも楽しめるから、買い足す必要がなくクローゼットのスマート化にも貢献♡高コスパなアウターを見逃さないよう、ぜひチェックしてみてくださいね!

※記事内の情報は2021年11月22日時点です。

記事協力:GU

イラスト:たむ

「#ボアアウター」の記事をもっと見る

【あなたにおすすめの記事】
■今着たいのは「黒×ベージュ」♡なりたい印象別!キレイめパンツコーデ4style
■GU「神デニム」が万能すぎ!美脚見えがハンパない…!体型カバーもできる♡こなれ感コーデ
■「黒」なら何でもいいわけじゃない?!パーソナルカラー別♡垢抜けブラックコーデ4style



この記事に関連するキーワード

この記事の著者

ログイン・無料会員登録