ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

本当におトク?日本初!自分で選べる賃貸保険をお金のプロが診断

賃貸暮らしなら、ほとんどの方が加入している賃貸保険。 ただ、中味をあまり見ずに何となく加入して、入り過ぎで損をしていたというケースがたびたび問題視されてきました。 そんな中、登場したのが「賃貸保険ダイレクト(パーソナル少額短期保険)」。部屋の面積に応じて保険料が決まる仕組みを日本で初めて取り入れたこの保険のお得度を、お金のプロであるファイナンシャルプランナー小川貴行さんに診断してもらいました。

このコラムに「ありがとう」を贈ってください。
michillライターさんの励みになります

目次

友だち追加 新着記事をお知らせします!

そもそも賃貸保険って何なの?

賃貸保険とは、一般的には、火災や水漏れなどによる自身の家財の損害への補償、大家さんへの賠償責任補償、第三者への賠償責任補償がセットになった保険です。

もしも、賃貸保険に加入していない人にお部屋を貸したら、貸す側は心配ですよね。もしものときに、発生した損害を補償してもらえるかどうかわかりません。 だから、もしもの場合に備えて、不動産屋さんや大家さんは、賃貸借契約と賃貸保険をセットで勧めてくるのです。

「知らなかった」は損が大きくなる可能性も

でも、賃貸借契約するときは、物件の内容や家賃といった契約条件には注意を払っても、賃貸保険(家財保険)にはあまり目が向きません。不動産屋さんに勧められるがまま何となく加入してしまう、スルーされやすい保険です。それだけに、もし損をしていたとしてもそれに気づかず、何年もムダな保険料を払い続けた、ということが起こり得るのです。

賃貸保険ダイレクトは簡単に損を防止できる仕組み

一方、賃貸保険ダイレクト(パーソナル少額短期保険)は、部屋面積の広さに応じて保険料が決まる仕組みで、どの部屋面積でも1事故あたり1,000万円が上限に、実損害額が支払われるようになっています。また、引越しをしても部屋面積のランクが変わらない限り保険料は変わりません。

つまり、次の3つのメリットが考えられます。

①家財の価値を計算する面倒な作業が必要ない
②入り過ぎで損をするリスクを防ぐことができる
③家財が増えるほどお得度が増す可能性がある(ただし1000万円が上限)

このように、従来の賃貸保険(家財保険)のデメリット「分かりにくい・入り過ぎになりがち・見直ししにくい」を簡単に解決できる仕組みになっています。

また、賃貸保険ダイレクトのFacebookページで「いいね」を押せば、賃貸保険ダイレクトに関する情報をいつでも受け取ることができます。

賃貸保険ダイレクト(Facebookページ)はコチラ!!

インターネット申込限定でリーズナブルな保険料

手続き方法はインターネット経由に限定しており、そのぶん保険料はリーズナブルです。不動産屋さんで加入する一般的な賃貸保険(家財保険)と比べ、インターネット販売は、募集にかかる費用や人件費、物件費などを抑えることができるからです。

部屋の広ささえ分かればすぐに保険料が分かります。まずは、いま払っている保険料とどちらが安いか、比較してみましょう。

賃貸保険ダイレクト(パーソナル少額短期保険)はコチラ!!

いまの保険を更新したばかりでも見直し可能

「比較してみたら見直しメリットがありそう。でもこのあいだ更新したばかりだし…」

賃貸保険は契約期間の途中で解約した場合、支払った保険料のうち残りの期間分が返還される場合がほとんどなので、更新したばかりでも安心して見直しができます。

不動産屋さん指定の賃貸保険じゃないといけない?

また、契約した不動産屋さんが指定する賃貸保険に加入しなければならないということもありません。自分自身で賃貸保険(家財保険)を選んだ場合、賃貸保険(家財保険)を付けた証明を不動産屋さんから求められても、契約内容が記載されているものを提出すれば、了解してもらえます。

申込手続きはごく簡単

保険の申込は保険期間開始日の120日前からできます。手続きに必要なものは、メルアド、クレジットカード(コンビニ払いの場合は不要)だけです。あとは部屋面積に応じてプランを6種類から選択し、必要事項を入力するのみです。

「賃貸保険ダイレクト」でいくら節約できるか、まずはいま加入している賃貸保険の内容と比較してみてください。

賃貸保険ダイレクト(パーソナル少額短期保険)はコチラ!!

情報提供元:パーソナル少額短期保険株式会社

ライター名:小川貴行

証券会社勤務後、生命保険代理店を経て、現在はFPとして家計の見直し相談センター名古屋で主に資産運用診断・保障診断・家計診断に従事。その他日本FP協会愛知支部活動にも携わる。FP有資格者向け研修講師、一般向け資産運用セミナー講師、日本FP協会CFP®認定者、日本証券アナリスト協会 検定会員。


執筆者:michill 公式

更新日:2018年6月21日


131

michillライターさんの励みになります

お友だち追加で最新のコスメ、ビューティー、ファッション情報などを専門家が毎日お届けします!

友だち追加 キャンペーン情報もお知らせ!
この記事に投票する

回答せずに結果を見る

この記事に関連するキーワード

よく読まれています

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録