管理栄養士だからこそ知っている!「白菜」の一番美味しい食べ方&アレンジレシピ

更新日:2021年12月7日 / 公開日:2021年12月7日

管理栄養士・お野菜レシピ考案家のいまむらゆいです。鍋で定番の白菜は「オイル蒸し」がおすすめ。大ぶりに切ってオイル蒸しステーキにすれば、見た目も華やかなごちそうになります。香ばしい香りとジューシーな白菜が楽しめるレシピをご紹介します。

このレシピを試すのにかかる時間

  • 約20分

白菜を食べるなら「オイル蒸し」!

冬の白菜料理といえば、鍋など煮込む料理が定番ですが、白菜はオイル蒸しにすることでコクが引き出され、一味違うおいしさが楽しめます。

今回ご紹介するレシピは、白菜のオイル蒸しステーキ。水分たっぷりの白菜は、少しの油と酒を加えて蒸すだけで、白菜自体の水分でおいしく蒸し上がります。

葉先の部分はとろけるような食感に、芯に近い部分は火が入りつつもシャキッとした歯ごたえも楽しめます。

蒸すことで白菜から出た水分は、余さずにソースにすることで、凝縮したうま味のあるソースに仕上がるのでおすすめです。さっそくレシピをご紹介します!

【レシピ】白菜のオイル蒸しステーキ

材料(2人分)

白菜…1/4個
にんにく…1かけ
オリーブオイル…大さじ2
白ワイン…大さじ2
塩…小さじ1/4
しょうゆ…小さじ1

作り方

① 白菜1/4個を芯をつけたまま縦に半分に切る。にんにくは輪切りにする。

② フライパンに白菜を入れ、その上からにんにく、オリーブオイル、白ワイン、塩を順に回しかける。

③ フタをし、中火にかけてジューッと音がしたらフタをして10分蒸し焼きにする。表裏を返し、フタをしてさらに10分加熱する。

④ 白菜を皿に取り出し、残った汁にしょうゆを加えて少しとろみがつくまで煮詰め、白菜の上にかけて完成。

ポイント

・フタは穴がないものを使用するのがおすすめです。ない場合は菜箸で穴を閉じるか、水を足して蒸すことで焦付きを防止できます。
・白菜の芯はつけたまま焼くことで、バラバラにならず形を保って仕上げることができます。芯からも出汁が出るのでおすすめです。

一工夫でもっと白菜を楽しむ

ステーキを焼いてから少し時間が経ってしまったら、チーズ焼きがおすすめ。

白菜ステーキをざく切りにして耐熱皿に入れ、お好みの量のチーズとブラックペッパーを振りかけます。

トースターでチーズにこんがりと焼き目がつくまで焼いたら完成!チーズのコクがプラスされて、お酒にも合うおかずになりますよ。

旬の時期には価格も手頃になって、おいしさも増す白菜。

だからこそ、冬を通して白菜を楽しみ尽くしたいですよね。いつもと調理方法や切り方を少し変えてみるだけで、たっぷりと飽きずに食べることができますよ。

今回ご紹介したレシピも参考に、旬のおいしい白菜の旨みとコクを楽しんでみてくださいね。

「#簡単レシピ」の記事をもっと見る



この記事の著者

ログイン・無料会員登録