アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます
サムネイル

ファッションマニアは春に何着る?スタイリスト安西こずえがトレンド解説!

このコラムに「ありがとう」を贈ってください。
michillライターさんの励みになります

友だち追加 新着記事をお知らせします!

服好きな人たちが、こぞって注目するのはハイブランドのコレクション。ですが正直、一番気になるのは日常的に着られるリアルクローズのシーンにおいて何が流行るのかということ。
そこで「オトナミューズ」4月号では「春トレンドまる分かり! Keyword 50」と題して、この春、リアルに流行るものを大予想。自称ミーハースタイリストの安西こずえさんが、ファッションマニアのアンテナに引っかかったトレンドキーワードを50個教えてくれました。 

では早速、キーワードの4個目までをチェックしましょう。

1
ALL WHITE
MUSE04_078-079_144

全身白はカジュアルに、がお約束です!

ハードルの高い、全身ホワイトコーデ。
一歩間違えると街で浮きまくるこの着こなしは、素材感でカジュアルを心がければ大丈夫。
もっと着ましょう、明るい白。運気アップにもいいらしいですよ!

コンパクトニットプルオーバー¥18,500(エレンディーク)、
レーススカート¥38,000(プルミエ アロンディスモン/プルミエ アロンディスモン ニュウマン新宿)、
パールピアス¥100,000(エナソルーナ/エナソルーナ神宮前本店)、
フラットシューズ¥15,000※3月上旬発売予定(オデット エ オディール/オデット エ オディール 新宿店)
 

2
PASTEL COLOR
MUSE04_078-079_144+

パステルカラーは足元で

春めきを感じられるパステルカラーは寒いうちから足元で取り入れられるのが美点。
特に女っぽいシンプルなパンプスで、着こなしを鮮やかに刷新して。いつもの自分に女らしさと明るさが加わる!

(写真 右)
淡いレモン色。ポインテッドトゥですっきり。
[ヒール1.5㎝]¥4,990(AG バイ アクアガール)

(写真 中央)
アイスブルーも新鮮。
[ヒール7.5㎝]¥43,000(バルダン/デミルクス ビームス 新宿)

(写真 左)
細ヒールでスタイリッシュ。
[ヒール6 ㎝]¥16,000(ナンバートゥエンティワン/伊勢丹新宿店)


3
CUBA COLOR
MUSE04_078-079_144++

キューバなカラー、キテます!

複数のブランドがテーマに掲げる「カリブ海テイスト」とりわけ「キューバ」。朱色や緑、渋いイエローなど、自然のパワーを感じる色ばかり。
小物もいいけれど、ミューズたるものここは思いきり服で着るミーハーさを!
 

(写真 右上)
サイドに小さく肌見せポイントが。
¥79,000(サヤカ デイヴィス/エイチ ビューティ&ユース) 

(写真 左上)
強い色はボトムから。
グリーンラップスカート¥76,000(プロタゴニスト/ジャーナル スタンダード レサージュ 銀座店)

(写真 左下)
濃赤も人気!
¥10,000(ビューティ&ユース/ビューティ&ユース ユナイテッドアローズ 渋谷公園通り店)

4
BROWN LAYERD
MUSE04_078-079_144+++

全身ブラウンが気になる

明るいカラートレンドの一方、リアルスタイルでは茶を全身で取り入れるスタイルも気になる、とこずさん。
服のみならず靴やアクセも総動員して、素材やトーンを重ねるとさらに洒落てる!

(写真 モデル着用分)
リブTシャツ¥8,500※4月上旬発売予定(ジャーナル スタンダード レサージュ/ジャーナル スタンダード レサージュ銀座店)、
パンツ¥20,000(ユナイテッド トウキョウ/ユナイテッドトウキョウ ウィメンズ新宿)、
イヤリング¥10,000(ザ ダラス/ビームス ウィメン 渋谷)、
巾着バッグ¥6,000※5月発売予定(ツル バイ マリコ オイカワ)、
メッシュサンダル¥59,000(ソロヴィエール/スティーブン アラン トーキョー)

(写真 右)
バックリボンドレス¥20,000(フレイ アイディー/FRAY I.D ルミネ 新宿ルミネ2)

特集内ではこのような調子で計50個、スタイリストの安西こずえさんが注目するトレンドキーワードをご紹介しています。
全部知りたい!という人は「オトナミューズ」4月号78ページからを要チェック☆

 

photograph : SATOSHI KURONUMA [aosora](model), MAYA KAJITA [e7](item)
styling : KOZUE ANZAI
hair : SHOW FUJIMOTO [S-14]
make-up : AIKO ONO [angle]
model : REINA ASAMI
illustration : SHOGO SEKINE
cooperation : AFLO

※誌面画像の無断転載はご遠慮ください

 

「オトナミューズ」最新号のお知らせ

 

 


関連記事


情報提供元:宝島オンライン



0

michillライターさんの励みになります

トップへ戻る

お友だち追加で最新のコスメ、ビューティー、ファッション情報などを専門家が毎日お届けします!

友だち追加 キャンペーン情報もお知らせ!

michillの人気ランキング

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録