「肌キレイだね」って言われちゃう♡ツヤ肌生み出すメイクレシピ

すっぴんの状態でも「生まれつきもともとお肌がキレイな人」と思わせる秘密の裏技があったとしたら…知りたくないですか?今回は、夏の日差しを反射しているような美肌をメイクで作るテクニックについてご紹介していきます!

“すっぴん美人”はメイクで作れるの?

メイクが濃くないのに、生まれつきお肌に立体感やツヤがあるような“すっぴん美人”って憧れますよね。

ナチュラルメイクなのに、お肌にツヤや輝きが欲しい!という女性たちのワガママなお願いも、簡単なテクニックで仕込むことができちゃうんです♡

周りのみんなからの「なんか肌がキレイだね!」の褒め言葉をゲットできちゃう?!ツヤを仕込む美肌テクニックをご紹介していきます。

ベースメイクは“水分”にこだわる

ツヤが欲しいなら“クッションファンデ”

ツヤ肌に欠かせないのは、水分量の多そうな潤ったお肌。乾燥を感じない潤い肌は、日差しを受けるとキラキラ反射するイメージがありますよね。

そんな潤ったお肌をつくるためには、ファンデーション選びがとっても大切です!

ツヤ感が欲しいときには“クッションファンデーション”を使ってみてください。韓国美人のような肌トラブル知らずのツヤ肌を簡単に再現できちゃいますよ!

ファンデーションの塗り方を見直そう

ファンデーションを伸ばすときに、満遍なく塗ろうとして力を込めてパフで伸ばしていませんか?実は、ツヤ肌づくりのポイントはファンデーションの塗り方にも大切なポイントがあるんです!

ツヤ肌をつくりたいときには、力を込めずにポンポンとスタンプを押すようなイメージでファンデーションを伸ばしていく塗り方がおすすめです!

特にクッションファンデーションのような水分量の多いベースメイクを使うときには、力を込めるとパフとお肌が水分を吸い込んでツヤ感が減少してしまうことも…。

やさしくポンポンと塗ることで、潤いをキープしたお肌に仕上げることができますよ!

ハイライトの選び方にこだわろう

粒子の細かさをチェック

パールやラメ入りのハイライトを使うと手軽に輝きを手に入れられるので、暖かい季節の華やかなファッションとも相性が抜群!パールやラメ入りのハイライトを使うときには、特に“粒子の細かさ”に注目してみましょう♡

プチプラのパールやラメ入りのハイライトは粒子が粗いことも珍しくないので、付けすぎてしまうとギラギラしてしてしまう恐れがあります。

少しお値段は上がりますが、粒子の細かいデパートコスメが安心です。ハイライトならファンデーションよりも塗る範囲も狭いので、意外と長持ちしてコスパも優秀なんてことも!

“ピンク”系のハイライトが肌馴染み◎

もともとのすっぴん肌に立体感があるように見せるためには、ハイライトの肌馴染みの良さが重要なポイントです!

日本人のお肌に馴染みやすいハイライトは、真っ白よりも少し暖色が混ざったような色味。中でも、ピンク系の色味が入っているものがおすすめです!

真っ白なハイライトよりも、まろやかで柔らかい光を放つピンク系のハイライトは女性らしさもアップさせてくれます。

肌馴染みの良さをしっかり意識することで、すっぴん肌がキレイなんだという印象を与えられるはずです♡

ツヤ肌を仕込んですっぴん美人を目指そう!

どんどん太陽の光が眩しくなってくる季節。屋外のレジャーやイベントを存分に楽しむためにも、ぜひ光を反射するツヤ肌のテクニックに挑戦してみてください♡

誰よりもキレイなお肌を仕込んで、楽しい夏の思い出をたくさんつくっていきましょう!

「#ファンデーション」の記事をもっと見る

【あなたにおすすめの記事】
■すっぴん美人のポイントは透明感!くすみ知らずの美肌を作るコツ
■すっぴん以上ファンデ未満♡美肌を作る溺愛コスメ4選
■肌がきれいとほめられる♡お気に入り透明感パウダー3選
■エイジングケアするなら28歳から!今からすぐできる3つのこと
■やってみて!ダイソーのラベンダーパウダーで作る透明感がやばい


更新日:2018年6月12日 / 公開日:2018年6月12日

この記事の著者

ログイン・無料会員登録