アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます
アイメイク アイシャドウ マスカラ ビューラー

今さら聞けない…!40代女子が覚えるべき「綺麗になれるアイメイクの順番」

/

美容ライターの遠藤幸子です。40代女子の中には、メイク歴も長く、いまさら人に聞けないけれど、本当のところはどうなのだろう、というメイクにまつわる疑問を持っている方もいるのでは?今回は、そんな疑問のひとつであるアイメイクの順番について解説します。

目次

アイメイクの基本的な順番とは?

アイメイクの順番に、全体にこうしなければならないという厳密なルールはありません。

しかし、最もオーソドックスで、印象的な美しい眼差しに仕上げる可能性が高まる順番はというと、アイシャドウ→アイライン→マスカラというのが筆者の持論です。

とはいえ、アイラインの印象を和らげたい場合には、アイラインとアイシャドウの順序を逆にするのもひとつの手です。

先にご紹介した、アイシャドウ→アイライン→マスカラという順番だと、マスカラの前にビューラーを使うことになり、アイラインが消えてしまうと思う方がいるかもしれません。

しかし、アイラインが消えてしまうのは、塗り立てでアイラインが密着していないタイミングでビューラーを使用している、あるいは、ビューラーを根元まで深く入れすぎているといったことが関係している可能性があります。

あまりに深くビューラーを入れることは、まつ毛の根元を傷める要因となるのでおすすめできません。この機会にビューラーの使い方や今ご使用のビューラーがご自分のまぶたのカーブに合っているかどうかを見直してみることをおすすめします。

アイシャドウの塗り方の順番は?

基本的には、ハイライトカラー(白に近いパレットなどで最も明るいカラー)を塗るならそれを1番最初にまぶたに塗ります。次にベースとなるカラーをその上に重ねます。これがメインカラーとなります。

この2色はアイホール全体に塗ることになりますが、下まぶたに塗って統一感を出すこともできます。ただし、下まぶたは上まぶたよりも明るく仕上げて抜け感を出す必要があります。

なぜなら40代は目元のくすみが気になりやすく、目の下を明るく仕上げることが若々しく見せる鍵を握ります。特にマスクが手放せない今は、マスクをすることによって露出する顔の上半分がいつもより暗く見えてしまうことがあります。

そのため上まぶたに使用したアイシャドウを下まぶたにも使うことに必ずしもこだわる必要はありません。手持ちの別のアイシャドウを時にうまく組み合わせ、下まぶたに明るさを出しましょう。

アイラインの描き方について

順番に近いものがあるので、アイラインの描き方にも触れます。

アイラインは、目頭側から目尻側に向かって描かなければならないと思い込んでいる方もいるのではないでしょうか。しかし、必ずしもそうではありません。大事なのは、できるだけ自然に美しいラインを描くことです。

そのため目尻側から描いても構いません。むしろその方が一気にキレイなアイラインが描きやすいと感じ、筆者はもう何年もそうしています。

既に自分の中で決まった順番があると、それを儀式のように続けてしまいがちです。しかし、思い切って別の順番を取り入れることで新しい発見があったり、メイクの仕上がりが良くなったりすることがあります。この機会にぜひご自分のアイメイクの順番を見直してみてはいかがでしょうか。

【あなたにおすすめの記事】
■そのアイシャドウの塗り方NGかも!知ってる人は絶対やらない「3つの残念アイメイク」
■垢抜けない原因は眉にアリ!眉のスペシャリストが教える「残念眉を垢抜け眉にするコツ」
■今っぽ感NO.1は抜け感のある大きな目♡こなれ顔になれるデカ目の作り方



この記事に関連するキーワード

この記事の著者

遠藤幸子

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る

人気ランキング

新着

michicos
michicos

カテゴリ

公式アカウント

michicos
michicos
ログイン・無料会員登録