失敗する方が難しい♡簡単なのに垢抜ける!「一石二鳥アイメイク」のやり方

更新日:2022年3月6日 / 公開日:2022年3月6日

垢抜けを意識してメイクすると逆に力が入りすぎて失敗するなど、メイクの失敗にお悩みの方も多いかと思います。今回は簡単にできるのに垢抜けも叶える、失敗知らずのメイクテクニックをご紹介していきます。

POINT①アイシャドウは1色仕上げ

まずはアイシャドウのコツから解説していきます。

今回は【デイジードール アイカラーパレット R-01】の右上のみを使用しました。

細かいパールがまぶたを美しく見せてくれる、ブラウン系のミドルカラーです。

今回はこちらを使用して1色でグラデーションを作ります。

大きめのブラシに軽くアイシャドウを取り、手の甲などで一度余計な粉を落としてからアイホール全体にふんわり入れます。

次に少し小さめのブラシにややしっかりめにアイシャドウを含ませ、目のキワからアイホールに向かってグラデーションになるようにぼかしながら入れていきます。

境目をしっかりとぼかすことで綺麗なグラデーションになります。

上まぶたが完成したら、再度ブラシにアイシャドウを取り、下まぶたにもサッと入れましょう。

1色でグラデーションを作ることで失敗しづらく、今っぽい抜け感のあるメイクになります。

POINT②アイラインは目尻のみ

続いてはアイラインの入れ方のコツです。

アイライナーは【CAROME. リキッドアイライナー SGA】を使用しました。

透け感のあるグレーのリキッドアイライナーで、なめらかな細い線を描くことができます。

アイラインは全体には引かず、目尻のみに細く入れます。

目の幅をさりげなく広げるようなイメージで、跳ね上げたりせずスッと描くのがポイントです。

アイラインを入れる範囲を狭めることで失敗しづらくなり、スッキリした目元を演出しつつもデカ目効果もある仕上がりになります。

また、アイライナーのカラーは線のガタつきが目立ちにくいブラウンやグレーなどの淡めのものを選ぶことで、仕上がりが良くなるだけでなく抜け感を出すこともできます。

POINT③根元ビューラー&繊細マスカラ

最後はまつげメイクのコツです。

マスカラは【エテュセ アイエディション(マスカラベース)】を使用しました。

ブラシがコーム型になっているマスカラベースで、コーミングしながら塗ることができるため簡単にセパレートまつげに仕上がります。

こちらはマスカラベースですが、マスカラとして単品使用することもできます。

挟むタイプのビューラーを使用する際は、根元中心にビューラーをかけて扇形に立ち上がるような上げ方をしましょう。

そうすることで、挟みすぎてまつげが折れるなどといった失敗を減らすことができるだけでなく、トレンド感のあるスッと伸びたナチュラルなまつげに仕上がります。

マスカラを塗る際にも根元中心に液を付け、毛先に向かってスッと抜いていくようなイメージで塗っていきましょう。

目頭などの細かい部分を塗るのが苦手な方は、目尻側にまつげを流すように塗る方法がおすすめです。

左右差や塗り残しが目立ちにくく、こなれた印象の目元になります。

完成したメイクがこちら

失敗しやすい工程を省きながらも、垢抜け感のあるメイクに仕上がりました。

いかがでしたか?メイクの失敗にお悩みの方、ぜひ明日からのメイクに取り入れてみてくださいね。



この記事の著者

ログイン・無料会員登録